Interview

初挑戦に感じる喜び。久保田秀敏、多和田秀弥、東啓介が語る『スカーレット・ピンパーネル』

初挑戦に感じる喜び。久保田秀敏、多和田秀弥、東啓介が語る『スカーレット・ピンパーネル』

世界的ヒットメーカーのフランク・ワイルドホーン作曲で、ブロードウェイにて1997年に初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』。日本では宝塚歌劇団による公演でも人気の作品だが、2016年秋に石丸幹二主演、ガブリエル・バリー潤色・演出のもと、ブロードウェイ版をベースにした“世界初の新バージョン”が上演され大好評を得た。その約1年ぶりの再演となる本作が、11月13日(月)に開幕。主演の石丸幹二、ヒロインの安蘭けい、敵役の石井一孝はそのままに、数々の新キャストが参加するほか、初演で演出補佐を務めた石丸さち子が演出として加わり、新たな顔で上演される。

稽古も大詰めの稽古場にて、今作から参加する若手キャスト3人に直撃。主人公・パーシー(石丸)が無実の人々を断頭台から救うために結成した「ピンパーネル団」の一員として出演する、ベン役の久保田秀敏、エルトン役の多和田秀弥、ハル役の東啓介に、稽古場での出来事や、3人にとって初挑戦となるブロードウェイミュージカルの現場で感じていること、久しぶりの共演での印象などを語ってもらった。

取材・文 / 中川實穗 撮影 / 岩田えり

ガブリエル・バリーが伝えた「keep it real」

開幕まであと10日ほどというタイミングですが、稽古はいかがですか?

久保田秀敏 今日から……。

多和田秀弥 オケ合わせ(オーケストラが入っての稽古)です!!

久保田 ね。初めて生音と合わせるので、本当に楽しみで。と同時に、稽古期間があと1週間もないので、細かい詰めをやっているような段階ですね。

久保田秀敏

10月末には潤色・演出のガブリエル・バリーさんも来日されたそうですね。どんな方でしたか?

東啓介 素敵すぎました!

多和田 すごくいい方で。演出の指示も的確に言ってくださるので、芝居に変化がありました。みんなでつくりあげたものをシュッとスタイリッシュにしてくださった感じがあります。

久保田 “作り込んで”演じるんじゃなくて、“リアルに心情が動くこと”を大切にしてくれるんですよ。「やりすぎなくていい」って言われて。

多和田 それを言われて、みんな「ああ」って納得したよね。僕らは貴族の役なので、ちょっと誇張してやらなきゃいけないような気がしていたのですが、「そんなにやらなくていいよ」って。「keep it real」という言葉をくださって、その言葉はすごく印象的でした。

初演では日本に滞在して演出をつけられたガブリエルさんですが、ある程度できたタイミングで来日されるのはどんな感覚でしたか?

 やっぱり緊張しましたね。やばかったらどうしよう、みたいな。

多和田 でも最初に「皆さんがつくってきたものをすごくいいと思っているので、自信を持ってください」と言ってくださって。演出の(石丸)さち子さんも、去年ガブリエルさんが言っていたことも大切に取り入れながら演出してくださっていたので。

そして最後に「メッチャエエヤン」って言われたんですよね?

一同 あははは!

多和田 最後の通しのときに、真顔で「メッチャエエヤン」って言われて(笑)。びっくりしました。

多和田秀弥

一同 (口々に)メッチャエエヤン。

役柄は、ピンパーネル団みんなでつくっていく

ご自身の役柄はどんなキャラクターだと思われますか?

久保田 僕の演じるベンは、一歩引いたところで全体を見ているような、真面目で実直な人なのかなと思います。だから明るいタイプじゃないんですけど、でも常に堅いかというとそうでもないし。

 結構難しい役ですよね。

久保田 そうだね。掴みにくいところはあるよね。

多和田 でも秀くん生き生きしてる。

 うん、生き生きしてる。動きにキレがあるもんね(ベンのマネを披露)。

久保田多和田 ははは!

東さんはいかがですか?

 僕が演じるハルは、ピンパーネル団の末っ子みたいな感じです。だから、みんなから愛されていきたいな、と(笑)。

多和田 既に愛されてるよ!

愛される役柄は東さんの印象と近いですが、見た目がお兄さんっぽいのでそこが難しそうですね。

 そう! 身長もあるので(187cm)、その中で年下のキャラクターをみせるのは、今回の課題でした。だから最初の頃、さち子さんから「迷えるハルとベン」って言われてましたね。

久保田 言われたね(笑)。

そこからどうやって掴んでいったんですか?

 周りに頼りました。一人で表現するんじゃなくて、誰かとコミュニケーションを取る芝居の中で「年下キャラなんだな」っていうのをみせたりして。そういうところから見つけていきましたね。

多和田さんはいかがでしょう?

多和田 僕が演じるエルトンは、ずっと頭がお花畑みたいな人物像でつくってたんですよ。でもガブリエルさんに、「もうちょっと大人っぽい品がある感じでいい。でも君の持っているものはなくしたくない」と言われたのが一週間前で。そこからだいぶ変わりましたね。今のエルトンは自分の道を行っている人。天然だけど言いたいことを全部ズバズバ言うような。そういうちょっと浮いた感じは出していきたいなと思ってます。

でも一週間前ってつまり本番二週間前に変更ってことですよね?

 マジで衝撃受けてましたからね(笑)。ピンパーネル団みんなで「大丈夫! 一緒につくろう」って、ね?

多和田 ね。みんなが言ってくれて、がんばろうってなりました。今はもう迷いはないです!

初めてじゃない気がする明るい現場

2.5次元作品などでも活躍されている皆さんですが、この作品のようなブロードウェイミュージカル、グランドミュージカルに出たいという思いがあったそうですね。実際に現場に入ってどうでしたか?

 最初が歌稽古だったんですけど、そのときに渡された楽譜の本に……しびれましたね。

多和田 まあまあ分量あるやつが2冊あって(笑)。

 しかも歌稽古始まったらもう、みんなバンバン歌うから!

久保田 そして完璧に歌うしね。

多和田 これが普通なのか……って現実を知りました。

3人とも初めてですもんね。

久保田 でも支えてくれる人たちがいっぱいいるので、僕らも安心してついていけました。毎日毎日、得るものが多くて、すごくいい環境にいるなって本当に思います。

 僕はグランドミュージカルを目指して自分でボイトレに通ったりしてきたんですけど、実際に現場で(石丸)幹二さんやカズさん(石井一孝)の歌声を聴いて、何か吸収できるものはないかと思ってるんですけど……わかんない。

わかんない!?(笑)

 あはは!

多和田 でも一緒にいると歌いたくなるよね。みんなで真似して歌ったりしてると、なんかちょっと自信がついてくるんですよ。

 あ、わかる。

多和田 この現場にいるだけでちょっとずつ前進してる気になるというか。本当に楽しいし、いいことしかないです。

 ほんとそうです!

いいカンパニーなんですね。

多和田 なんか初めての現場じゃない感じがするんですよ、ほとんどの人が初めましてなはずなのに。みんな分け隔てなく関われて。だから明るい現場にもなるし、その明るさがこの作品の雰囲気になるのかなって。ただその空気は、幹二さんやとうこさん(安蘭けい)やカズさんがつくってくださってるのかなとも思いますね。