Interview

【インタビュー】『食戟のソーマ 餐ノ皿』EDテーマに込められた新たな挑戦と発想。新体制nano.RIPEのキラーチューンはこうして生まれた

【インタビュー】『食戟のソーマ 餐ノ皿』EDテーマに込められた新たな挑戦と発想。新体制nano.RIPEのキラーチューンはこうして生まれた

今年よりきみコ(ヴォーカル&ギター)とササキジュン(ギター)の新体制で活動しているnano.RIPEが、ニューシングル「虚虚実実」をリリースした。ライブハウスを中心に精力的なライブ活動を行いつつ、数々のアニメタイアップ曲で幅広い層からの支持を得てきた彼ら。今回の新曲もTVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』のED主題歌として制作されたものだが、アニメの世界観に寄り添いながらもバンドとしての意志と新生面を刻み込んだキラーチューンとなっている。新たな一歩を踏み出したシングルについて、きみコに話を訊いた。

取材・文 / 北野 創


新体制での活動で得た確信と覚悟

今年から新体制になりましたが、そこからの約1年の活動を振り返っていかがでしたか?

きみコ メンバーがふたり抜けてもバンドを続けるという決断はけっこう大変なことではあったんですけど、あたしが歌って、ササキジュンが曲を作ってギターを弾けば、nano.RIPEというものが成立するという自信もあって。それが今年1年間活動していくなかで確信に変わったので、今はすごく良い形になってると思います。サウンド的には、リズム隊にサポートメンバーを迎えたことで変わったところがたくさんあるんですけど、逆に変わらないものを見つけられたし、そういう部分は大事にしながらも、頭を固くすることなく、変化を恐れずにやっていくのがいまの課題です。

ササキさんと今後のバンドについて意識の共有や相談はされたのですか?

きみコ もともとnano.RIPEというバンド自体が、遠い目標や未来のことよりも、目の前の活動を見ながらやってきたバンドなので、最終的にどうなりたいみたいな話はいまだにしないんですけど、とりあえず何があっても辞めないということは、ふたりのなかで共通認識としてあるので。それに日々より良いものをというところは一緒だし、ジュンはあたしより好奇心が強くて新しい音楽をどんどん聴いて採り入れようとするタイプなので、その辺の新しい挑戦はジュンに引っぱってもらってるところが多いです。

新しい挑戦と発想に満ちた「虚虚実実」

今回の新曲「虚虚実実」もまさに新しい挑戦をされた楽曲で、これまでのnano.RIPEにはないタイプのドライブ感溢れるアップチューンですね。

きみコ TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』のED主題歌だった「スノードロップ」がかなり攻め攻めの曲だったので、今回はそれをさらに上回ろうという話をして。それでササキジュンが書いてきたのがこの曲だったんです。せっかく新体制になったんだし、「nano.RIPEはこういうこともやっちゃうよ」っていう新しい部分を見せるのには良いタイミングかなと思って。

リズム面ではかなりファンキーなアレンジになってますが、そこは新しいリズム隊と作り上げていかれたのですか?

きみコ この曲はリズムの部分もジュンが細かいところまで作りこんできたんです。特にドラムに関しては曲を作った時点でフレーズが鳴ってたみたいなんですけど、ジュンも感覚で作ってるところがあるので、たまに物理的に不可能な部分があって「それは手がもう一本ないと無理!」ってなって(笑)。もちろんそこはジュンのイメージを崩さないように調整したんですけど、ドラマーなら発想しないようなフレーズになって、叩いてる側としてもすごく楽しいみたいです。

そういった部分が楽曲の新鮮さにも繋がってるんでしょうね。歌詞はどのようなイメージで書かれたのでしょうか?

きみコ 今回は原作の〈餐ノ皿〉で放送されるストーリーの部分を読み込んだうえで、薙切えりなの気持ちに沿って歌詞を書いたんです。彼女は父親の束縛から逃れようと戦うんですけど、あたし自身も今年バンドが新体制になったことで同じような環境に置かれたと思っていて。あたしがタイアップ曲の歌詞を書くときは、その作品の物語や登場人物のなかから自分も共感できるところを見つけて形にするんです。自分が歌い続けていくなかで、誰かの歌にしたくないし、やっぱり自分の気持ちとしても歌い続けたいので。

今回の曲で言えばご自身のどのような心情を歌詞に重ねたのですか。

きみコ バンドをやるうえでは、ずっと同じメンバーで続けていくことが理想ではあるんですけど、メンバーや環境がずっと一緒だと気付けないこともあるんです。去年メンバーが抜けるまでは、多くを言わずとも分かりあえるような関係になってたので、今考えると甘えが出てたり、思考回路が狭くなっていたかもしれないと思って。

4人体制で作られた前作のアルバム『スペースエコー』(2016年)でもサウンド的にいろいろ挑戦されてましたが、今作はそこからさらに新しい世界に飛び出したいというイメージがあった?

きみコ 『スペースエコー』がその第一歩だったのかなと思います。ただ、それが決してたどり着いた先ではなくて、変わろうとした第一歩で、その一歩を踏み出したらより広い世界が見えたっていうイメージですね。

今回は元No Regret Lifeの小田和奏さんをサウンド・プロデューサーに迎えられてますが、そのことによってバンドの新しい部分を引き出してもらえたのでは?

きみコ あたしとジュンは良くも悪くも感覚で音楽をやってきた人間なので、理論的なことはまだわからないことが多いんですよ。和奏さんにはコードの仕組みとか理論的なことをいろいろと教えていただいて、いままでぼくらが感覚でやっていて埋まらなかった隙間を埋めてもらったような感じはありましたね。サウンド的にもいろいろ気付くことがあって、来年で結成20年なのにいまさら勉強させてもらってる感じでした(笑)。

そういった部分も今回の楽曲の新鮮さに繋がってるんでしょうね。サウンド的にもノリが良いので、ライブでの反応も良さそうですが。

きみコ 9月にやったワンマンライブで初めて披露したんですけど、そのときは新曲で緊張してたので、あまり記憶がなくて……たぶん良かったと思います(笑)。この曲はたぶんnano.RIPE史上いちばん難しくてすごく練習したんですよ。でもこの1曲が入るだけで、セットリストもガラリと変わるぐらい強い曲になったと思います。