LIVE SHUTTLE  vol. 212

Report

小松未可子が歌う「願い事ひとつだけ」!「ギリギリchop」!『コナン』の名曲も連発、「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」詳細レポ

小松未可子が歌う「願い事ひとつだけ」!「ギリギリchop」!『コナン』の名曲も連発、「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」詳細レポ

小松未可子のバースデーライブ「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」が、11月4日に東京・マイナビBLITZ赤坂にて行われた。彼女が愛してやまないアニメ『名探偵コナン』を全面的にオマージュした内容で、自身の曲に加えて『コナン』の名曲の数々を熱唱。さらにアンコールでは田淵智也(Q-MHz、UNISON SQUARE GARDEN)もサプライズ登場した。

取材・文 / 金子光晴


小松未可子は“みかこし”の愛称で知られる人気声優で、現在TVアニメ『宝石の国』(シンシャ役)などに出演。デビュー当時から歌唱力に定評があり、現在は音楽プロデュースチーム・Q-MHzの全面プロデュースによりアーティスト活動を行っている。

そんな彼女がずっと好きだったという作品が『名探偵コナン』。今回のライブはいきなり『コナン』をオマージュした映像劇から始まった。登場人物はマネキン人形で、そこに小松がひとりで吹き替えを行っている。

“願い事ひとつだけ”かなえることができるという魔法のブレスレットを盗まれてしまった女性“みかこし”が、メガネをかけた通りがかりの少年“名探偵コマツ”の探偵助手となって事件を解決しようと決意する――。そんなプロローグの後、ステージ上に小松未可子本人が登場。最初に歌ったのは『コナン』のオープニング曲だった「恋はスリル、ショック、サスペンス」(愛内里菜)のカバーだった。途中で「真実はだいたいひとつ!」というオープニングナレーションが入り、観客は大喜びだ。

そして2曲目からは本人の持ち歌になり、「HEARTRAIL」で一気にヒートアップ。続く「MAGIC RADIO」は観客のコールが入る曲で、歌いながらコールを煽り、「だから約束はいらない」の後でいったんステージから消え、再び映像が流される。

犯人から届いた手紙に「ギリギリノトコロヲ チョップシテ ヒメイヲアゲタラ ウタガエ」と書かれていたと名探偵コマツが教えると、みかこしは会場の観客をひとりずつチョップして暴力で事件を解決すると解釈。ステージへと飛び出していく。

そして本物の小松が登場して歌ったのが「ギリギリchop」(B’zのカバー)だった。これには観客も思わず驚きの声を上げていた。この曲の最大の見せ場であるシャウトは迫力十分でさすがといったところ。「My sky Red sky」では観客のサイリウムで会場が赤く染まり、「short hair EGOIST」ではラップが入ったり荒ぶるギターソロが入ったりとさらに熱が高まっていく。

次の映像では「犯人はおすしが書かれていたものを身につけていた」という情報が示された。そしてそれに続いて歌ったのが、「おすしのうた」という曲。つまり、映像パートは謎解きを行うストーリーが展開されつつも、次に歌う曲の前フリにもなっているという構成だったのだ。この構成に気付いた観客はヒントとなる「おすし」というワードが出た瞬間に大きな歓声をあげていた。

「私を捕まえることができるかな?」というナレーションから始まった11曲目の「TRUTH~A Great Detective of Love~」はTWO-MIXのカバーで、バンドで演奏するためにアレンジがなされていた。続く「Mysterious Eyes」はGARNET CROWのカバー。そして「ワタシハ ライシュウハツバイニナル シンキョクガ キキタイ」という犯人からの手紙に続いて、11月8日発売の新曲「Swing heart direction」を初披露。この曲はTVアニメ『ボールルームへようこそ』の第2クールEDテーマとしてオンエアされている。それに続いて同作品の第1クールEDテーマ「Maybe the next waltz」も歌われた。この曲はワルツ調になっており、彼女の表情も一変して優美な雰囲気を漂わせていた。

ここでステージ上にアタッシェケースが登場。この中に魔法のブレスレットが入っているのだが、開けるためには4桁の暗証番号が必要で、間違った番号を入力すると大爆発するという。そこに入力する数字は“みかこしのエンジェルナンバー”――。

この最後の謎が提示された後に歌ったのは、「エンジェルナンバー」という楽曲。昨年のバースデーライブで初披露したバースデーソングで、観客からの「ハッピーバースデー!」のコールが入って大いに盛り上がり、彼女の誕生日を祝福した。

――さて、ここまでヒントが出れば、答えは推理するまでもない。間奏で小松が「私のエンジェルナンバーを教えて!」と問いかけると、全ての観客が声を合わせて「1111!」と答えを叫んだ。エンジェルナンバーとは彼女の誕生日、11月11日のことだったのだ。

見事にアタッシェケースは開き、“願い事ひとつだけ”かなえてくれるブレスレットは彼女のもとに戻った。こうして無事に事件解決したのである。

「Catch me if you JAZZ」「Lonely Battle Mode」と続いた後、解決編の映像が流される。みかこしの推理によって、ブレスレットを盗んだ真犯人が名探偵コマツであることが判明。なぜブレスレットを盗もうとしたのかと問うみかこしに、コマツは「探偵でも、願い事のひとつぐらいあるさ」とのセリフを残す。

このセリフに続く歌はもちろん「願い事ひとつだけ」(小松未歩のカバー)。『名探偵コナン』の数あるEDの中でも印象的な曲である。そして、ずっと前から憧れのアーティストであると公言している倉木麻衣の「Secret of my heart」を念願かなってついにライブでカバー。今回、他のカバー曲はアニメのOP・EDと同じサイズだったのだが、この曲だけはフルで歌われた。

vol.211
vol.212
vol.213