LIVE SHUTTLE  vol. 212

Report

小松未可子が歌う「願い事ひとつだけ」!「ギリギリchop」!『コナン』の名曲も連発、「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」詳細レポ

小松未可子が歌う「願い事ひとつだけ」!「ギリギリchop」!『コナン』の名曲も連発、「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」詳細レポ

最後の映像で名探偵コマツの正体が“怪盗ミッド”(ミカコ+キッドの合成であると思われる)であることが判明。スクリーンにエンドロールが流れる中、エンディングテーマとして歌われたのが最後の曲「純真エチュード」だった。この曲ではスタンドマイクを使用しており、印象的な振り付けがある。観客もみんなでいっしょに踊って、“ ハピこしライブ”は大団円を迎えたのだった。

アンコールを要求する観客の“みかこし”コールに応えて、バンドメンバーと共に再登場した彼女。前回のライブと同様にMCなしでここまで一気に突っ走ってきたのだが、ここで初めてフリーでしゃべることができるゾーンとなった。

「バンドの音の再現、すごくなかったですか!?」と興奮気味に語り、ライブ本編を振り返る。そして、最後にひとつだけ残った伏線、“願い事ひとつだけ”かなえるブレスレットの話となった。願い事が何なのかがまだ明かされていなかったのだ。彼女が魔法のブレスレットにかなえてほしい願い事、それは――。

「私はライブツアーがやりたい!」

この叫びに観客は大喜び。魔法のブレスレットに願ったのだから、当然願い事は現実になるのである。スクリーンには“小松未可子LIVE TOUR「小松の夜のパレード 2018春」”という文字が映し出された。来年2月の埼玉から始まり、4ヶ所で開催されるツアーが実現。ファンとしては逆にプレゼントをもらったようなうれしい発表となったのだった。

ところがライブはこれで終わりではなかった。

「あれ? ベースの音が聴こえるのに黒須さんはベースを弾いてない!」という小松の前フリ。確かに、Q-MHzのメンバーで今回バンマスを務めた黒須克彦はベースを弾いていない。……すると、舞台袖から田淵智也(Q-MHz、UNISON SQUARE GARDEN)がベースを演奏しながら登場! 最後の曲、「Imagine day, Imagine life!」は田淵智也も加わってステージ上を駆け回りながら熱唱。観客もこの日一番の熱狂でライブが締めくくられたのだった。


小松未可子バースデーライブ
「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”」
2017年11月4日(土)マイナビBLITZ赤坂

<セットリスト>
M-1 恋はスリル、ショック、サスペンス(カバー)
M-2 HEARTRAIL
M-3 MAGIC RADIO
M-4 だから返事はいらない
M-5 ギリギリchop(カバー)
M-6 My sky Red sky
M-7 short hair EGOIST
M-8 真夏の夜のパレード
M-9 おすしのうた
M-10 Tornado voice
M-11 TRUTH ~A Great Detective of Love~(カバー)
M-12 Mysterious Eyes(カバー)
M-13 Swing heart direction
M-14 Maybe the next waltz
M-15 エンジェルナンバー
M-16 Catch me if you JAZZ
M-17 Lonely Battle Mode
M-18 願い事ひとつだけ(カバー)
M-19 Secret of my heart(カバー)
M-20 純真エチュード

<アンコール>
EN-1 my dress code
EN-2 Imagine day, Imagine life!

小松未可子オフィシャルサイト
小松未可子レーベルサイト

小松未可子の楽曲はこちらから

< 1 2
vol.211
vol.212
vol.213