Interview

Hump Back 3ピースのシンプルなサウンドで響かせる、“僕”の真っ直ぐな心情とは?

Hump Back 3ピースのシンプルなサウンドで響かせる、“僕”の真っ直ぐな心情とは?

大阪発のガールズ・バンドとしてにわかに注目を集めている3人組だ。2009年の結成ながら、メンバー・チェンジなどもあり、バンドとしての活動は安定しなかったが、一昨年の暮れ現在の体制になると、所属レーベルも決まって、昨年暮れには1st ミニアルバムをリリース。今年前半には初めての全国ツアーを果たした。その成果も詰め込んだ渾身の新作を携え、さらなるステップアップに向かうメンバー3人に話を聞いた。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭

いまではもうこのHump Backという名前といっしょに墓に入ったろうと思ってるくらいですね

林さんは、バンドを始めたもののメンバー・チェンジなどもあって一人になってしまった時期もあったわけですが、その時期にソロで活動していくことは考えなかったですか。

 元々憧れていたのがバンドで、バンドをやりたくてバンドを組んだので、“メンバーが抜けたから、じゃあソロで”という、その考えがまず浮かばなかったんです。

林さんが音楽をやる形は、とにかくバンドが前提ということですか。

 そうですね。バンドがしたかったんです。

バンド活動が再開した後も名前は変わらずHump Backですが、その名前にはやはりこだわりがあるんですか。

 最初、友達同士でやってたバンドにHump Backという名前をつけたんですけど、高校生バンドやった自分にとっては、友達以外の全然知らん人がみつけてライブに遊びに来てくれるっていう、それがたとえ一人やったとしても、奇跡的なことに思えて。それで、いろんな人がHump Backというバンドを愛してくれたから…。私、ものとか捨てられへんタイプなんですよね(笑)。そういう性格のせいもあるんかもしれませんけど、その名前にはもうすごい愛着があるというのもひとつやし、その間に例えば関わってくれた大人から「名前を変えたほうがすっきりするんじゃない」とか、そんなことを言われたことがすごい悔しかったりして…。そういうこともあって、いまではもうこの名前といっしょに墓に入ったろうと思ってるくらいですね。

林萌々子(Vo./Gt.)

現在のメンバー二人とはどういうふうに出会ったんですか。

 ぴかに関しては昔から付き合いがあって、私の曲を好いてくれてて、ライブにも遊びに来てくれたりしてたんですけど、彼女が前にやってたバンドを抜けるのと私のバンドにメンバーがいないタイミングが合って、それで「Hump Backでベースが弾きたいです」と言ってくれたんです。私は、今もそうですけど、当時から好きという気持ちだけでやってるんで、だから私が好きだと思ってるものを好きだと言ってくれる人とやりたいという気持ちがいちばんにあったんで、それでぴかに入ってもらいました。美咲ちゃんは先輩から「バンドを探してるドラマーがいる」と聞いたんで、実際に会ってCDを渡して、スタジオにもいっしょに入って、それで好きと言ってくれたんで、今に至るという感じです。

ぴかさんは、林さんの音楽のどういうところが好きだったんですか。

ぴか まず声が好き。曲も好きやし、全部ひっくるめて好きなんですけど、最初に見たのは私が高校生のときで、萌々ちゃんも高校生ですごい憧れやったんですよ。林萌々子といっしょに音楽やりたい!って思いましたね。だから、その萌々ちゃんと今いっしょにやれてるのがすごくうれしいんです。

同じ高校生で、同じ女子から見ても、“かっこいいなあ”と思わせるものが林さんにはあったんですね。

ぴか そうですね。

美咲さんはどういうところが気に入ったんですか。

美咲 直接CD聴かせてもらう前にもう、先輩から「合いそうなバンドやから」って聴かせてもらってて、聴いたときに一発で“このバンド、めっちゃ入りたい!”と思いましたね。

どういうところが、美咲さんと合いそうだと思われたんでしょうね?

美咲 どうなんでしょうね? それはちょっとわからないですけど、でもひとりの先輩だけじゃなくて、何人かから「Hump Backは合いそう」って言われたんですよ。それで、聴く前から気にはなってたんですけど…。

ちなみに、Hump Backに入る前はどんな音楽をやってたんですか。

美咲 スカ・バンドをやってました。今とは全然違いますよね(笑)。

(笑)、じゃあ、音楽のタイプよりも、歌う人の声やその内容がポイントになるということですね?

美咲 声も内容も好きだし、人柄も好きですね。最初に会ってすぐ、いっしょにやりたいと思いました。

林さんは、どういう人柄ですか?

ぴか 明るい。

美咲 真っ直ぐですね。

ぴか そう、真っ直ぐやね。

林さん、真っ直ぐなんですか?

 照れますね(笑)。どういう顔していいのか、わからないですけど。

では、林さんから見て、ぴかさんと美咲さんはどういう人ですか。

 ずっと機嫌がいい人ですね。それって単純なことやけど、すごい難しいことやし、大人になるほど、そういうことってすごい必要になってくるじゃないですか。誰にも気を遣わせないって。そう、ぴかは人に気を遣わせない人ですね。そこはすごいなって思います。美咲ちゃんはしっかり者ですね。お姉ちゃんみたいなところがあって、全部ちゃんとわかってやってくれてるなあということを思います。

つまりは3人のバランスがちょうどいい感じになってるということだと思いますが、そういう2人がうまく揃ったなという感じですか。

 最初からうまくいってたところもありますけど、やっぱりこの3人になって時間が経つなかで、そういういい関係が築けてきたなという感覚はありますね。だから、“揃ったな”というよりは、“揃ってきた”という感じがします。

(新作に)自分が今できることのすべてをちゃんと詰め込むことができたなということは録り終わったときにすごい実感しました

その3人で最初のミニアルバム『夜になったら』を作って去年12月にリリースしたわけですが、『夜になったら』をリリースしたときの世の中の反応はいかがでしたか。

 予想以上でした。出してるものは、自分たちがいいと思ってるものを出してるわけやから、それに対していいと言ってくれる人は少なからずいてるんやろなとは思ってたんですけど、予想以上にいろんな人がいいと思ってくれてて、それを実感したんがツアーをやったときで、本当にすごく離れた土地に住んでる人まで「ずっとアルバムを聴いてます」と言ってくれたんはすごい励みになったし、こんなに遠くの人が、こんなに多くの人が聴いてくれてるんやということには本当に感動しました。

今回のアルバムを作り始めるときにはどんなことを考えていましたか。

 1枚目と違うのは、「もうこれ以上いいものは作れません!」という気持ちですね。それくらい、自分が今できることのすべてをちゃんと詰め込むことができたなということは録り終わったときにすごい実感しました。それと、1枚目のときにあった“これを世に出して、どんな反応なんやろ?”という不安が今回は一切無かったです。それは多分、この1年の間にツアーをまわって、そこで積み重ねてきたものが、外から見えるものではないけど、確かにあったんやろなということだったと思います。

それぞれ今回の制作を振り返って、印象に残っている曲や場面はありますか。

ぴか 「星丘公園」は、スタジオの合間にサビの部分だけで弾いたりしてたんです。すごいいい感じやけど全然知らん曲やし、“新曲なんかなあ?”と思ってたら、次のスタジオのときに「新しい曲、持ってきたんやけど」って聴かせてもらって、“おおーっ!”となりましたね。

美咲 私が個人的に好きなのは、2曲目の「高速道路にて」という曲ですね。ドラムのフレーズを考えるのが、この曲は特に楽しかったんで。

美咲(Dr./Cho.)

 「星丘公園」もレコーディングの1週間前くらいにできたし、「卒業」はレコーディングの2日前に出来上がった曲なんですけど、思い返してみるとその2曲はすごい気に入ってるんです。曲を作る時期にはすごい思い悩んで“曲がなかなかできひんなあ”という状態がけっこう続いてたんですけど、“思い詰めてもできひんから、1回息抜こかな”と思ったときにできたのが「星丘公園」やったし、「卒業」やったんですよ。だから、自分がいちばん自分らしく居てる瞬間にいい曲ができるんかなあと思ったんですよね。

締め切りがあるなかで曲を作るのは今回が初めての経験だったんですか。

 そうですね。

そういう状況になると、けっこう自分は煮詰まるタイプなんだなと気づいた感じですか。

 そういうことなんですかねえ。自分はけっこう根性論タイプというか、自分がしんどいこととか辛いことにその時点ではあまり気づけなくて、後になってから“あのとき、すごい傷ついてたな”とか“あのとき、じつはすごいしんどかったんやろな”ということに気づくことがすごく多いんです。だから、曲が書けてない時期もその時点ではどうも思ってなかったですけど、出来上がってから思い返すと、“そう言えば、レコーディングの直前はすごい体調が悪かったな”ということは思いました。

その曲がなかなか書けていなかった時期、二人から何か声をかけたりしたんですか。

ぴか いやあ、悩んでるんやろなということは感じましたけど…、こちらから特に何か言ったりすることはなかったです。

曲ができない時期も、とにかく待つということですか。

ぴか そうですね。

 ひたすら待ってくれてましたね。急かすこともなく。

林さんが作ってきた曲に、二人が何か意見を言うことはあるんですか。

ぴか 構成のことをちょっと言うくらいですね。歌メロや歌詞については、いつも“いいなあ”と思ってます。

“僕”と歌うのは、自分自身が描く自分の像に“僕”がいちばん近いのかもしれないですね

歌詞について、林さんは何か意識していることはありますか。

 特に意識していることはないですね。私の歌詞についていろいろ言ってくださる方は多いんですけど、私自身は歌詞の言葉も音的に捉えている部分があって、その意味よりも、口からするっと出てきて“あっ、気持ちいいなあ”と感じる言葉を選んだりします。それでも、自分のなかからするっと出てきた言葉やから、本当に自分が思ってることとか無意識的に意識してることとかやったりして、“ポロッと出てきたけど、自分が思ってるのはこういうことやな”って後から納得させられたり、みたいなことはありますね。

単純に思うことのひとつは、なぜ一人称が“僕”なんだろう?ということなんですが、歌の主人公は林さんとは別人ということですか。

 いや、私ですよ。“僕”と歌うのは、自分のなかに“こうやから”というようなことはなくて、思うのは自分自身が描く自分の像に“僕”がいちばん近いのかもしれないですね。

“僕”ではないけれど、「高速道路にて」に♪まだ知らないままの少年♪という人が出てきますが、あれは林さんですか。

 そうですね。

“まだ知らないまま”というのは望むべき姿ですか。

 そうですね。例えば、自分たちの音楽を認めてもらえるにつれて周りもちょっとずつ変わっていきますよね。お客さんは一人やったんが2人になり3人になり、みたいに。そういうこともそうやし、こういう取材の場を設けてもらえることもそうやし、関わる人が増えていったりするなかで、知ってることも増えていくじゃないですか。もちろん、知っていって生まれることもありますけど、でも知らんからこそ生まれることもあると思ってて、知らんかった自分を忘れたくないなというか、無意識のなかで生まれることがいちばんきれいやと私は思ってて、その奇跡みたいな瞬間をずっと持ち続けたいし、そういうものをみんなにも期待してほしいということは思いますね。

「高速道路にて」には♪何もないなら捨てるモンもないさ♪という歌詞もありますが、そういうふうに“何もない”ということをマイナスに捉えない感覚も林さんのなかにずっとある感覚ですか。

 そうですね。昔、誰にも認めてもらえてない頃に、ライブハスにノルマを払ってお財布の中はすっからかんで、持ってきた物販をそのまま家に持って帰るような毎日があったけど、そのときはそのときで怖いものはなかったというか、持ってないから捨てるモンもないし、恐れずにやっていこうみたいな気持ちはありました。

その時期と比べると、今はバンドの仲間もいるし、いろんなことも知ったし、持っていることの難しさや怖いものがある世界に足を踏み入れつつある感覚はありますか。

 もう戻れないところまで来たんやろなとは思うんですけど、だからと言って、それを恐れてる気持ちはまったく無いです。泥のようにライブをやってた頃から変わらず、やってやろうという気持ちはずっとあります。

ぴか(Ba./Cho.)

その気持ちの通り、バンドはプロの道をどんどん突き進んでいってるように見えますが、その現状をどんなふうに受け止めていますか。

ぴか そういう実感はないですね。

美咲 私もそういう実感はないです。

ぴか どうなるんやろ?という不安はありますけど、でもライブは楽しいから、いっぱいライブしたいですよね。

 例えば「メジャーに行っても、きっと好きなことはできないでしょ」とか「ゴハン食べるためには、嫌なこともしないといけないでしょ」とか言ってる人達を見てきて、“知らんのに文句言うのはいちばんかっこ悪いな”というのは私のなかにはあったんで、行けるところまではとにかく行きたいと思うんです。行ってみて、そこが本当に自分に合わへんねやったらしょうがないから、世間一般から見たら「コケたな」と思われるにしても、自分ができるところまで一度は経験したいなという気持ちはありますね。

このバンドをやってて、RPGをやってるような気持ちになることがすごいあるんです

アルバムの話に戻りますが、「hanamuke」というタイトルは、どのタイミングでどんなふうに決めたんですか。

 今回の7曲を並べて聴いてみたときに、別れの曲が多いなと思ったんです。実際、思い返してみるとすごく別れの多い1、2年やったなということは感じたんですけど、そこで別れた人や旅立っていった人に私は何かしてあげれたんかなあ?と思うこともあったりして、そういう時期に“はなむけ”という言葉をみつけて、このアルバムにぴったりやなと思ったんです。

アルバムの5曲目「ボーイズ・ドント・クライ」で♪ボーイズ・ドント・クライ また会えたなら/ボーイズ・ドント・クライ 花束を贈るよ/君にありがとうを届けよう♪と歌っていますが、林さん自身この数年の間に別れた人や旅立った人に「ありがとうを届けよう」という気持ちになっているんですか。

 そうですねえ…。後悔でもないですけど…。自分が与えてたように感じてたけど、結局すごいいろんなものをもらってたんやなと思うんで、このアルバムが「せめてもの1枚」みたいな感じですね(笑)。

このアルバムが完成したときの感想をそれぞれ聞かせてください。

ぴか わあ、できたぁ、という感じですね(笑)。音源をデータでもらって、家に帰ってすぐパソコンに入れて、ずっと聴いてました。

美咲 やったあという感じもありましたけど、ライブのことを考えるとワクワクしてきましたね。

 やっと、できたぁ、みたいな感じでした(笑)。でも、ほんまに嘘ひとつ無く、早くいろんな人に聴いてもらって、早く届くべき人に届いてほしいとこんなにも思う1枚ができたのは初めてやったんで、すごいレベルアップした気持ちにはなりました。

それは、どういう意味でのレベルアップなんでしょう?

 バンドマンとして、ということやと思うんですけど…。このバンドをやってて、RPGをやってるような気持ちになることがすごいあるんです。ライブするためにゴハンを食べて、ライブするためにいろんなことを考えて、それでライブをして、いろんな感性に触れて、ちょっと自分のものにして、違うものは捨てて、みたいな日々を積み重ねて積み重ねて、レコーディングして、音楽をやっていく人間として、ひとつレベルが上がった気がするっていう。それは、これまで以上にみんなに聴いてほしいと思えるアルバムができたということもその理由のひとつやし、自分の歌にもメンバーにも自信ができたということも理由のひとつやと思います。

「Hump Back」というRPGの第2面をクリアした、みたいな感じですか。

 そんな感じかもしれないですね(笑)。

さて、このアルバムが11月22日にリリースされてツアーも決まっていますが、その先1年後にはHump Backはどうなってると思いますか。

ぴか もっと曲ができてるんかなあ(笑)。フルアルバムとか出してるかもしれへんし…。萌々ちゃんが言ってたみたいに、行けるところまで行きたいんで、もっと地道にがんばっていって、少しでも多くの人に聴いてもらえたらいいなと思いますね。

美咲 1年後なんて、全然想像できないです(笑)。Hump Backに入ってからずっと予想を超えることが続いてますから。とにかく、この3人で音楽がずっとやれてたら、それが最高ですね。

 でっかいステージをやりたいとか、アルバムが何枚売れたらいいとか、そういう具体的なことよりかは、着実に唯一無二のバンドという存在感を確立できるようになりたいですね。ちゃんと本物になりたい、というか。Hump Backというバンドをそういうものになっていたいなと思います。

ライブ情報

hanamukeリリースツアー

1月13日(土)大阪・梅田CLUB QUATTRO(ツアー初日 ONE MAN LIVE)
1月16日(火) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
1月17日(水) 宮城・仙台RIPPLE
1月19日(金) 福島・郡山#9
1月20日(土) 愛知・名古屋APOLLO BASE
1月26日(金) 東京・渋谷TSUTAYA O-West
1月30日(火) 千葉・千葉LOOK
2月2日(金) 静岡・静岡UMBER
2月28日(水) 大阪・心斎橋BRONZE
3月6日(火) 群馬・高崎club FLEEZ
3月7日(水) 新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK
3月9日(金) 宮城・仙台enn 2nd
3月10日(土) 岩手・盛岡 Club Change
3月11日(日) 青森・八戸FOR ME
3月13日(火) 北海道・苫小牧ELLCUBE
3月14日(水) 北海道・札幌COLONY
3月20日(火) 福岡・福岡Queblick
3月21日(水) 長崎・長崎studio Do!
3月23日(金) 大分・大分clubSPOT
3月24日(土) 福岡・小倉FUSE
3月25日(日) 広島・広島BACK BEAT
4月1日(日) 神奈川・横浜F.A.D YOKOHAMA
4月2日(月) 長野・松本ALECX
4月3日(火) 新潟・上越EARTH
4月5日(木) 京都・京都MUSE
4月13日(金) 香川・高松DIME
4月14日(土) 高知・高知X-pt.
4月15日(日) 岡山・岡山CRAZYMAMA 2ndROOM
4月19日(木) 兵庫・神戸太陽と虎
4月21日(土) 東京・高田馬場CLUB PHASE(ツアーファイナル ONE MAN LIVE)

Hump Back

林萌々子(Vo./Gt.)、ぴか(Ba./Cho.)、美咲(Dr./Cho.)。
メンバーの入れ替えを経て2015年に現在の体制となった。2012年のシングル「say good bye」を皮切りに、2015年にはシングル「帰り道」をタワーレコードNU茶屋町店にて限定発売。同年の「十七歳」はライブハウス、imc限定で販売している。その後、4曲入り林萌々子の弾き語り音源「朝焼け待つ夜明け」を発表。2016年には待望の全国リリース音源となるミニアルバム『夜になったら』をリリースした。2017年には、これに伴い“レコ発ツアー初日シリーズ”、“リリースツアーファイナルシリーズ”を開催。夏には各地のフェスにも出演した。

オフィシャルサイトhttp://www.humpbackofficial.com