Interview

稽古場から猪野広樹・鍵本輝・早乙女友貴・小野健斗が語り尽くす。舞台『義風堂々!!』の魅力。「友情や感謝に対する気持ちを感じてほしい」

稽古場から猪野広樹・鍵本輝・早乙女友貴・小野健斗が語り尽くす。舞台『義風堂々!!』の魅力。「友情や感謝に対する気持ちを感じてほしい」

きださんはちっちゃいおじさん!?

今回の見所の一つに殺陣があると思いますが、どのようにこなしていかれますか。

鍵本 漫画のようにダイナミックなところもありますが、基本的に一手一手が多い殺陣ですね。だから、僕と猪野くんは師匠の友貴くんに殺陣のワークショップを受けて勉強しました。

猪野 僕らの使っている槍は、こじんまり見せるとダサいので、どれだけギリギリのラインで大きく振れるのかが勝負だと思います。

早乙女 僕の武器は槍のような大きな“くない”ですが、日本刀ではできない動きや、複雑な手をやっていけたらいいですね。主役の2人にはダイナミックにやってもらって、僕は複雑な動きをする。

小野 相手が友貴なので、友貴が僕の良さを引き出してくれる。逆に僕が友貴の良さを引き出していきたいな。

作・演出のきだつよしさんの印象をお聞かせください。

猪野 ちっちゃいおじさん(笑)。愛嬌があって、このような演出家もいるのかと驚きました。細かいところまで台本を読み込んで、締めるときは締め、みんなの士気を上げてくれる。

鍵本 きださんは説明台詞をアンサンブルで表現をしたり、見ていてかっこいいところがたくさんある。僕は、音楽の畑にいるのですが、きださんはリズム感やグルーヴ感という言葉でお芝居を説明してくれるからわかりやすくて嬉しいですね。

早乙女 新橋演舞場の『大和三銃士』(2013年)もご一緒だったのですが、役者を頼って任せてくれるし、こちらから案を出せば採用してくれることもある。変な空気を出さずに、話し合って舞台を作る演出家ですね。

猪野 和気藹々としてますね。

小野 僕は、若い頃ボロクソに言われていた。きださんはめっちゃ怖いから! もちろん、頭ごなしに怒るわけじゃないです。言葉のチョイスに引き込まれる瞬間があるから、ダメ出しをしているのを見ると、意味がよくわかります。だから、ご一緒するたびに凄く吸収できるから、この機会を、この時間を大切に味わっています。僕はちっちゃいおじさんと気軽に言われるなんて嫌だ!

若手はベテランに負けないように

出演者のそれぞれの印象を伺えればと思います。

早乙女 鍵本くんはど真面目。

鍵本 早乙女さんはそっと隣にいてくれる優しい人です。最初は怖いと思っていたんです。でも、お仕事はとっても真面目ですけど、プライベートではちょっと抜けてて……。

早乙女 それまで師匠と言われてたのに、昨日からこいつ呼ばわりだから(笑)。

鍵本 そのギャップずるいですよ。その時から、友貴くんと言うようになりました。

猪野 鍵くん(鍵本)は責任感を持って、稽古場に現れましたね。稽古が始まる2日前にはセリフが全部入っていた。稽古の模様をビデオで記録しているのですが、それも見て勉強しているのですごいなと思います。

小野 友貴は昔から知っているけど、早乙女友貴ワールドがあるから変わってないですね。鍵本くんはめちゃめちゃ優しい。人柄は役の前田慶次じゃなくて直江兼続みたいに静か。猪野くんは前田慶次みたいな人柄で豪胆な印象がありますね。

最後にこの作品への意気込みを教えてください。

早乙女 楽しい作品になると思うのでみなさんいらっしゃってください。

鍵本 みなさん素直に楽しめる舞台だと思います。来ていただいた方を絶対に裏切らない作品にしたいな。迷っている方がいらしたら、ぜひ劇場に来てください。

小野 滾って欲しいですね。手に汗握るような作品なので、すっきり帰って欲しいですね。

猪野 役者の個々の力が強いので、いいバランスですし、若手はベテランに負けないぞという気持ちが熱量に変わりますので、その熱量をお客さんに届けたいと思います。そして“義”について考え直して欲しい。友情や感謝に対する気持ちを感じてください。そしてちょっとホロリとしにきてください。

猪野広樹

9月11日生まれ。神奈川県出身。2012年、エアースタジオ『PRIDE』で初舞台。主な出演作品にミュージカル『薄桜鬼』(新撰組奇譚、黎明録)、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」、『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜など。ドラマでは「スター☆コンチェルト~オレとキミのアイドル道~」で初主演を努め、「クズの本懐」「この世にたやすい仕事はない」などに出演している。

鍵本輝

8月20日生まれ。奈良県出身。3人組ダンスボーカルユニット「Lead」の最年少メンバー。主な出演舞台に『ZIPANGU~遥かなる道~』、『タンブリングvol.3』、『ぶっせん』など。

早乙女友貴

5月14日生まれ。福岡県出身。1997年、一歳半のときに、父親が劇団員を務める葵劇団の舞台『子連れ狼』の大五郎役で初舞台を踏む。主な出演舞台に、『あずみ 戦国編』、『新・幕末純情伝』、オルタナティブシアターこけら落とし公演『アラタ~ALATA~』など多数。

小野健斗

8月9日生まれ。東京都出身。2006年の舞台『ミュージカル・テニスの王子様』の柳蓮二役で俳優デビュー。主な出演舞台に『おそ松さん on STAGE SIX MEN’S SHOW TIME』、『Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域 キャメロット-』、『煉獄に笑う』など。

舞台『義風堂々!!』

東京公演:2017年11月17日(金)~26日(日)AiiA 2.5 Theater Tokyo
大阪公演:2017年12月9日(土)・10日(日)大阪メルパルクホール

原作:「義風堂々!!」シリーズ「義風堂々!!直江兼続-前田慶次 月語り-」/(原作:原哲夫・堀江信彦、漫画:武村勇治)/「義風堂々!!直江兼続-前田慶次 酒語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、漫画:武村勇治)/「義風堂々!!直江兼続-前田慶次 花語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、作画:出口真人)
脚本・演出:きだつよし
出演:直江兼続 役・猪野広樹、前田慶次 役・鍵本輝(Lead)/茂助 役・志村玲於(SUPER★DRAGON)/
島左近 役・古川毅(SUPER★DRAGON)*中村次郎坊 役・早乙女友貴、下坂左玄 役・小野健斗/
上杉景勝 役・伊藤裕一/薄雲 役・倉持由香、豊臣秀吉 役・窪寺昭、白雲 役・鈴木健介、
伴太郎左衛門 役・内堀克利/徳川家康 役・ブラザートム(Wキャスト)、天宮良(Wキャスト)

時は戦国時代。上杉家軍師・直江兼続(猪野広樹)は従者・茂助(志村玲於)忍び・次郎坊(早乙女友貴)と共に、命を賭して上杉家盟主・上杉景勝(伊藤裕一)に仕えていた。ある時、遊郭で天下一の傾奇者にして伝説のいくさ人・前田慶次(鍵本輝)と出会い、二人は『莫逆の友』となってゆく。『義』で結ばれた兼続と慶次は、時の関白・豊臣秀吉(窪寺昭)による佐渡攻めの謀略を乗り切る。だが、徳川家康(ブラザートム/天宮 良)に兼続の出生の秘密を悟られてしまい、忍び・下坂左玄(小野健斗)や名軍師・島左近(古川毅)たちが次々と動き出す……。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter

©原哲夫・堀江信彦・義風堂々/NSP2008
©舞台「義風堂々!!」実行委員会


『義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 月語り~』

著者:原哲夫、堀江信彦、武村勇治
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ

時は戦国末期。米沢にて余生を楽しむ天下の「傾き者」前田慶次は、夜の堂森でひとり、つきに語りはじめるのだった。莫逆の友にして義の漢、直江兼続の知られざる、その真の物語を――。我に美しく、自由に生きる、「雲」と呼ばれた漢の物語が始まる!

『義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 酒語り~』

著者:原哲夫、堀江信彦、武村勇治
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ

盟友・前田慶次との熱き戦国の日々!! 「義風堂々!!」待望の新章開幕!! 「花の慶次」の時代を舞台に、直江兼続と盟友・前田慶次が戦国乱世を駆け抜ける! 新たな取材の元、新解釈で「花の慶次」の名エピソード「佐渡攻め」鮮える! 「花慶」ファン必読の第一巻!!

『義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 花語り~』

著者:原哲夫、 堀江信彦、 武村勇治
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ

“義”に生きる漢達の魂が、関ヶ原へと集い出す。慶長三年(一五九八)八月十八日、豊臣秀吉、死去。天下人まで上り詰めた漢の死を機に、いくさの歴史は動き出す。激動の時代を“義”の下に生き抜いてきた直江兼続は、何を思い、何を為すのか。全ての道は「関ヶ原の戦い」へと続いている――。

< 1 2