Interview

【インタビュー】LiSA×シドの意外なコラボが「カッコ良すぎるくらいカッコいい」! 6年ぶりの『Fate』楽曲「ASH」とLiSAの挑戦

【インタビュー】LiSA×シドの意外なコラボが「カッコ良すぎるくらいカッコいい」! 6年ぶりの『Fate』楽曲「ASH」とLiSAの挑戦

LiSAがソロアーティストとして、私たちの前に鮮烈に姿を表した初シングルであり、TVアニメ『Fate/Zero』のOPテーマとなった「oath sign」から6年。彼女は再び、現在放映中の『Fate/Apocrypha』2ndクールOPテーマの「ASH」を引っさげ、『Fate』主題歌アーティストとしてシリーズとの邂逅を果たした。作詞にシドのボーカリスト・マオ、作曲にベーシスト・明希を迎えた初めてのコラボレーションも話題の「ASH」。そこに込めた想いとは?

取材・文 / 阿部美香

再び『Fate』に挑むLiSAに求められることを考えたら、私ひとりでは戦えない気がしたんです

LiSAさんは、これまでもUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さん、SiMのMAHさんらを筆頭に、ロックバンドのミュージシャンを作家に迎えて多くのコラボレーションをしてきましたが、なんと今回のお相手はシド。まず発表の段階で、そこにビックリしたんですよ。

LiSA あはは! 意外でした?

意外なんてもんじゃないです(笑)。LiSAさんはプロデビュー前にもパンキッシュなバンドで活動していましたし、今までのコラボアーティストも弾けた楽曲が得意な方が多かった。しかも、シドも明希さんがソロで相川七瀬さんの作曲を手がけた例はありましたが、シドのソングライター陣が他のアーティストに楽曲提供するのは初めてなので、二重の驚愕でした。そもそも、今回のコラボはどういう経緯で実現したんですか?

LiSA シドさんに曲を書いてもらいたいというのは、私からお願いしたんです。私がまだ上京する前、カラオケに行ったときに友達がシドさんの「妄想日記」を歌ったのを聴いて、「この曲、すごい!」って大好きになったんですね。そこからシドさんの曲を聴く機会が増えたし、シドさんも『黒執事』とか『鋼の錬金術師』とか、アニメのテーマソングをいろいろやられているから、アニメに曲を提供する意味もよく知っていらっしゃる。アニメともすごく相性がいいし、どの曲もロックでカッコいいんですよね。

たしかに、LiSAさんが好きだという「妄想日記」もそうですけど、シドの楽曲は情景感やストーリー性があり、“物語”を強く感じさせますよね。

LiSA そうなんですよ。そして、LiSAにとって『Fate』シリーズはとても大事な作品。OPテーマを歌わせていただくのは「oath sign」以来6年ぶりだし、『Fate』もすごく大きな作品になっている。私が主題歌を歌わせてもらうときはいつも、LiSAだから持っていける“お土産”がなくちゃいけないと思っているから、私のこの6年間の歩みがあって再び『Fate』に挑むとして、LiSAに求められることを考えたら、私ひとりでは戦えない気がしたんですね。

もっともっとスペシャルなお土産を用意したいと。

LiSA うん、まさにそうですね。それにシドさんって、すごく妖艶で“和”なイメージがあるし、とてもメロディック。すごく日本人らしいロックだと思うんですね。『Fate』にも私は同じ妖艶さを感じているから、そこを楽曲で表現してくれる方はシドさんしかいないと思って、ダメでもいいから!とお願いさせてもらったんです。そうしたら快く引き受けてくださって。それだけでもうれしかったんですけど、「ASH」だけじゃなく、じつは何曲もデモを作ってくださったんですよ。

そうだったんですか。力を入れて取り組んでくれたことがまず、うれしいですね。

LiSA ほんとに。「ASH」以外の曲も全部素敵で、サウンドメインの曲だったり、もっとバンドっぽい曲だったり、「ASH」のようなメロディアスな曲だったり……それを1曲、1曲、私が仮歌を歌ってデモを完成させて、『Fate/Apocrypha』のアニメスタッフさんに主題歌を選んでいただきました。

「ASH」を受け取ったとき、LiSAさんが感じたことは何でしたか?

LiSA もともと『Fate/Apocrypha』という作品には、歌謡曲風のメロディーが良く似合うと思っていたので、明希さんの曲はぴったりだと思ったし、LiSAが歌う楽曲にもぴったり。お願いして良かったなと。『Fate/Zero』から思っていたことなんですけど、『Fate』は、出てくる人がみんな自分の願いがあって、それぞれの正義を貫いていくお話。自分が信じたものを貫く意志というのは、LiSAというアーティストがずっと歌い続けてきたことなので、マオさんが書いてくださった歌詞に、『Fate/Apocrypha』の世界観とリンクしている言葉、LiSAらしい言葉がたくさん詰め込まれていて、うれしかったです。

マイナスの感情のなかにも、ただ暗いだけじゃなく、希望がちゃんとある

とくに『Fate/Apocrypha』の世界を感じた歌詞は?

LiSA うーん……最初から、全部ですね!ダークな感じは『Fate』そのままだし、マオさんはマイナスの感情もちゃんと、マイナスとして書いてくれている。“信じることでしか 強くなれない”とか“信じることにさえ 臆病になった”とか。だけどそこには、自分の世界に満足しないで、もっと良くしたい、強くなりたいという光が見えているんですよ。ただ暗いだけじゃなく、希望がちゃんとある。

「ASH」というタイトルも、雑誌『リスアニ!』でLiSAさんがマオさん、明希さんと対談したとき、マオさんが、「自分がもう灰になってもいいくらい頑張ったからそれでいい、じゃなくて、誰かのために灰にならずに生きていきたい」という気持ちを込めた歌詞から、取ったとおっしゃっていましたね。LiSAさん自身は、「ASH」というタイトルには、何を感じていました?

LiSA 私もやっぱり希望だったり、強い意志を感じてました。「ASH」は色でいうとグレー……自分がグレーゾーンにいるという意味に受け取っていて。それは、まだ夢の途中だなって。自分はまだ負けてないし、勝ってもいない場所にいる。だから意志を貫いて、グレーの世界を自分の色に染めていくってことだと思いながら、歌ってましたね。