Interview

BOBBY(from iKON) 1stソロアルバムのテーマは“愛”。達成感を感じたというレコーディングで見せた意外な素顔とは?

BOBBY(from iKON) 1stソロアルバムのテーマは“愛”。達成感を感じたというレコーディングで見せた意外な素顔とは?

iKONのメンバー、ラッパーのBOBBY(バビー)がソロファースト・アルバムをリリース。“愛”をテーマに、グループのときとはまた違った表情を見せてくれた1枚。かなり達成感のあるという1枚についてたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 土屋恵介 撮影 / 荻原大志

自分の表現したいことをやり切れるのが、やってて面白いです

BOBBYさんのファーストソロアルバム『LOVE AND FALL』がリリースされます。BOBBYさんは、以前からソロアルバムを作りたいという気持ちを持ってたんですか。

はい。前からずっと作りたいと思っていました。曲作りはずっとしていたし、音楽的にいろんなことに挑戦したかったです。

普段、BOBBYさんが曲作りをするときは、どのように作業を進めていくんですか。

曲作るときの順番としては、まずはテーマを決めて、そのあとメロディ、それに合わせて歌詞をつけていきます。

もちろんiKONはグループなのでソロとは別物だと思いますが、BOBBYさんが感じるソロでの面白さは?

やっぱりiKONでは自分のパートが限られているけど、ソロだと1曲全て自分の声で歌うわけだし、全て自分からのメッセージになるから大変ですけど、自分の表現したいことをやり切れるのが、やっていて面白いです。

アルバムを作ることになって、今回は優しいメロディの中、サランへという言葉をテーマにしたものを楽曲で表現したいと思いました

では、今回のアルバムを作るときに、全体的なテーマはありましたか。

もともとは、ひとつのテーマを決めて楽曲を作っていたわけじゃなく、前から作っていた曲を集めていろんな姿を見せたいという発想がありました。以前は、強いメッセージで激しいメロディの曲が多かったんですけど、アルバムを作るということになって、今回は優しいメロディの中、サランへという言葉をテーマにしたものを楽曲で表現したいと思いました。愛にもいろんな意味がありますよね。恋愛だけじゃなく、幸せな気持ち、痛みとか、そうしたいろんな感情の愛を表現したかったです。

様々な愛情の表現をしていったと。では、いくつか楽曲に触れながら話を聞かせて欲しいんですが、「I LOVE YOU」は爽やかなダンスチューンです。

これは、倦怠期という言葉がテーマになっています。恋人と長く一緒にいると、お互いにそこまで気にしなくなる時期ってあると思うんですけど、それに関して歌った曲です。女の人のことはわかるけど、君のことはわからないって歌詞があったり、密な関係での難しさを表現してます。愛というものが、時間が過ぎることによって移っていくストーリーの歌ですね。

どんなときに歌詞のイメージが湧いたんですか。

自分が実際に経験したことではないんですが、ネットでマンガを見て、そのマンガがリアルに描かれてたんです。内容に共感できて、想像して作っていったんです。

メロディやサウンドは明るさと歌詞が相反したものになってるんですね。

そうです。メロディやタイトルはポジティブで明るい感じになっていて、それとは逆に歌詞は悲しい話になっているっていう、あえてギャップを入れました。それは狙って作りました。あえてギャップを作って伝える方が、気持ちの距離がこんなに離れているんだというのがわかるし、よりグッとくるんじゃないかと思ったんです。

なるほど。MVはすごく明るいムードですよね。

はい。LAで撮影してきたんですが、いい雰囲気の作品になりましたね。LAに行ったのは2回目だったんですけど、撮影だけじゃなく風景とか文化にも触れて楽しかったです。もともとヒップホップとかブラックミュージックが好きだからLAは興味があったんです。でも、音楽的な部分だけじゃなく、すごく天気もよかったし向こうの人たちも優しくて、街自体がさらに好きになりました。

旅行もいいんですけど、何も考えずに気にせずに過ごせる時間が欲しいなって

そして「RUNAWAY」は力強いラップのソウルフレイバーのナンバーです。

これは、仕事が終わって帰宅してる途中に車の中から外を見たら、同じ年くらいの人たちが遊んでたんですよ。楽しい思い出を作りながら時間を過ごせる人たちを見て、忙しいのはありがたいけど自分はそういうことができてないなって感じて、そういうところから曲を作り始めました。そこから、すごく現実的な、夢と理想みたいな気持ちが表現された曲になりました。

たまにどこか行きたいって思ったりしますか。

特に大変なスケジュールで寝不足なときって、誰でもそういうことを思いますよね。僕もそうです。

もし行くとしたら、どこに行きたいですか。

自分のベッドの中ですね(笑)。

旅行じゃないんですね(笑)。

旅行もいいんですけど、何も考えずに気にせずに過ごせる時間が欲しいなって。

それは気持ちをリラックスさせたいということだと思うんですが、普段BOBBYさんが自分の気持ちを安らげてくれるものって何かありますか。

趣味自体が仕事になっているので、趣味がないんです。やっぱり寝ることです(笑)。睡眠が一番何も考えなくてもいいし、心配することもないので。音楽聴いたり映画見たりというのも好きなんですけど、やっぱり自分の仕事とつながってくるもので、ついつい考えちゃったりするんですよ。でも、寝ると何もとらわれなくてもいいし、無になれるので(笑)。

確かにそうですね(笑)。では、「UP (Feat. MINO)」はWINNERのMINOさんが参加したハードなサウンドのナンバーです。

MINOさんとは、もともとMOBBというユニットをやってましたが、MINOさんがこういう曲を作るのが好きなんです。これは2人が暇なときに集まって遊んでいたんですけど、曲でも作ろうかって話になってそこから始まった曲です。歌詞はすごくヒップホップ的な、あなたを越えて上に行くぜって内容の曲です。

MINOさんとは、普段よく一緒に遊びで曲を作ったりするんですか。

前はよく一緒の時間を作ることができたんですけど、今はお互いが忙しくなってなかなかそういう時間を作るのが難しいです。たまに電話して近況を聞いたりします。その中でMOBBもまたやりたいって話はいつもしてますね。

あと、「SECRET (Feat. DK, KATIE)」は、iKONのDKさんと『K-POP STAR』出身の女性シンガーKATIEさんが参加したナンバーですが。

これは、DKさんとたまたまスタジオにいて時間があるときに、一緒に曲でも作ろうかって話になって作った曲なんです。なので、自然と曲自体が彼の声に合うメロディや歌詞になっていったんです。そうする中で、女性のパワフルな声が欲しくなって、KATIEさんにお願いして参加してもらいました。

スポーツに例えるなら、バスケットボールをやっているみたいな感じです

自然発生的に、仲のいい人たちと曲を作っていく面白さってどんなところにありますか。

普段の会話でも、ひとつの話題を何人かと一緒に話すのって楽しいじゃないですか。曲作りもそれ同じで、ひとつのテーマで音楽的に会話したり、作業を進めることが楽しいですね。スポーツに例えるなら、バスケットボールをやっているみたいな感じです。

なるほど。あと「IN LOVE」はバラードですが、ラッパーのBOBBYさんの歌らしい歌というのも新鮮ですね。

アルバムを通して、自分が立てた目標はいろんな面を見せることだったので、ジャンル的に一番甘いバラードも1曲入れたかったんです。正直、僕は歌は上手くはないと思うんです。でも、自分が好きになるボーカリストたちも、歌が上手いか下手かじゃなくて、どれくらい特徴を持っているのかが気になるので、自分もそういうイメージで歌いたかったんです。

自分をさらけ出すことに恥ずかしさとかは一切ないです

実際に歌ってみての手応えは?

すごくいい経験でした。初めての挑戦だったので、とても面白かったです。僕の新しい一面を見せられたかなって。

歌詞はストレートなラブソングになってますね。

この曲は、映画『The Notebook』(『きみに読む物語』)を見て、そこからインスピレーションを受けて作った曲なんです。ストーリーが、男性の主人公がひとりの女性の恋人をどんなに辛いことがあっても最後まで想い続けるって内容で、すごく惹かれました。

あと、「SWIM」はメロウなサウンドの楽曲です。

まず、自分のことに関していっぱい話したくて、歌詞の中の言葉もなるべく自分と関連がある単語を選ぶようにしました。そのあと、初恋に落ちた男性の感情を表現したかったんです。あなたの想いで頭がいっぱいで、それが部屋の中まで埋め尽くしていく感じがするってことも入れたんです。なので、2つの気持ちを掛け合わせた曲になってますね。

自分を掘り下げて、楽曲として表に出すというのは得意ですか。

はい。自分をさらけ出すことに恥ずかしさとかは一切ないです。

おぉ、どんどん出していきたい?

そうです。それこそが自分を素直に表現するということなので。特にこの曲は、自分の感情に関するものを素直に出したいと思いました。

最後の曲、「LEAN ON ME」は90’Sスタイルのブレイクビーツチューンですね。

これは、女性に伝えたかったことを書いた曲なんです。なので、辛くて癒されたいときに聴いて欲しいです。もともと自分が好きだったシンプルなピアノのメロディをループして、それに歌詞を乗せていったんです。特に計算することなく、楽しんで遊ぶ感じで作り上げた曲ですね。