Interview

クアイフ 名古屋から生まれた3ピースのピアノポップバンド。秘めた情熱と闘志を作品に注ぐ“鍵盤系”の新星

クアイフ 名古屋から生まれた3ピースのピアノポップバンド。秘めた情熱と闘志を作品に注ぐ“鍵盤系”の新星

アニメ「いぬやしき」のエンディングテーマとして書き下ろしたミドルバラード「愛を教えてくれた君へ」でメジャーデビューを果たした、名古屋在住の3ピースのピアノポップバンド、クアイフ。名古屋グランパスのオフィシャルサポートソングを担当し、ZIP-FMでレギュラー番組をもち、名古屋クラブクアトロでのワンマンライブはソールドアウトするなど、名古屋ではすでに確固たる人気を得ている彼ら。インタビューから見えてきたのは、絶対にこの歌を届けるんだという執念にも似た熱い情熱と、音楽シーンのトップに立たんとする、煮えたぎる闘志であった。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / Yuki Saito

「よし、1つのポイントに到達できた。ここからまた新たに再スタートしよう」っていう気合いが改めて入ったという感じです(森)

森彩乃(Vo./Key.)

メジャーデビューが決まった心境から聞かせてください。

 1年前くらいにデビューが決まったときは、いろいろな活動を経てこのバンドを結成して、「このバンドで絶対に売れてやる!」っていう意気込みを抱えた3人が同じ目標に向かって進んでいたので、「うわー、バンザ〜イ、夢のような話だぜー」っていうわけではなくて(笑)。「よし、1つのポイントに到達できた。ここからまた新たにスタートしよう」っていう気合いが改めて入ったという感じです。

内田 本当にスタートラインに立ったっていう気持ちですね。僕、大学を卒業してから、1回、就職していたことがあったんですけど、新入社員として会社に入った時のような、ここから新たな人生が始まるという感覚でいます。

三輪 昔からずっとメジャーでやりたいなと思っていたので、ワクワクもあるし、気合いも入ってるし、いい緊張感も持ってますね。みんなと同じように、ここから新たなスタートだっていう気持ちです。

バンドの中のヴォーカルとして自由に伸び伸び音楽をやってる方が多分うまくいくと思って、誘いました(内田)

内⽥旭彦(Ba./Cho./Prog.)

いろいろな経歴を経た3人ということでしたが、3人はどうやって出会ったんですか?

 もともと、内田と三輪は男性ヴォーカルのギターロックバンドを組んでいて。私はその時、ソロでピアノ弾き語りのシンガーソングライターとして活動していたんですね。その前にギター&ヴォーカルで初めてのバンドを組んでいたんですけど、それはうまくいかなくて。もう一人で活動していこうって決めてたんです。でもライブはバンド編成でやりたいという思いもあってバックバンドを探していたときに、知り合いに内田を紹介してもらって。そのバックバンドのベーシストとして、ライブを数回手伝ってもらったんですけど、その間に、二人がやっていたバンドが解散するって決まって。バンドが解散しちゃうから、また新たにバンドをやりたいと思っていた内田に誘われて。当時の私は「ソロで、一人で成功するんだ!」っていう意気込んでたから後ろ向きだったんですけど、一緒にスタジオに入ってみたら、面白いなと思って。この人たちとなら新しいバンドをやってみたい、でもバンドを組むのはこれが最後にしようっていう感じでした。

内田 森ソロのバックバンドのメンバーが3~4人いたんですよね。その時の環境もあったと思うんですけど、バックバンドのメンバーに気を遣いながら音楽をしているなって思って。それは大事なことでもあるんですけど、誰かがバンドとして支えつつ、その中のヴォーカルとして自由に伸び伸び音楽をやってる方が多分うまくいくと思って、誘いました。

最初に音を合わせた時はどう感じました?

内田 本当にバラバラだったんですよね。でも、そのバラバラなのがいいって思ったんですよね。その前のバンドでは、ギターロックという範疇から抜け出せないっていうもどかしさがあったので、好みの違う3人が集まった時に、違うことが悪いことではなくて、むしろ、可能性をすごい秘めてることだなって感じて。そのバラバラ感にワクワクしたというか。

 面白い! っていう感じで始まりましたね。

「絶対にステージに立って、自分のオリジナル曲で有名になってやる」って思って。その初期衝動から一回もブレてないっていう感じですね(森)

その時点で音楽で生きていくんだという強い思いがありました?

三輪 僕はその前のバンドが終わった時に、僕もう音楽をやめようって思ってたんですけど、内田から誘われて。さっき、森が言ってたように、僕もこのバンドで最後にしようと思って始めましたね。

 私はずっと音楽以外考えられなかったです。ピアノを4歳からずっとやってて。音楽をやることが当たり前だったし、小さい頃から、将来が音楽の仕事をするんだっていうこと以外、全く考えたことがなかったんですね。ただ、ピアノをやってただけだったので、ピアニストか、ピアノの先生になるって思ってたんですけど、高3で清春さんに出会って、電撃が走って。この人、やばい! 私もロックがやりたい!ってなって。高3から自分で曲を作って、歌って、初心者だけどギターを弾きはじめて、大学生になってからバンドを始めて。清春さんに出会ったことがきっかけで、「絶対にステージに立って、自分のオリジナル曲で有名になってやる」って思って。その初期衝動から一回もブレてないっていう感じですね。

熱は今も変わってません。恐れることなく、売れていきたいと思ってます(笑)。(三輪)

三輪幸宏(Dr.)

森さんの「絶対に売れてやる」という熱い思いは男子二人はどう受け止めてました?

内田 サラリーマンとバンド活動を並行して、3年間続けたんですけど、やってみて思ったのは、好きなことを仕事にしたいっていうことだったんですね。いろいろ経験してみて、やっぱり、好きなことをやって生きてたいと思って。好きなことを仕事にする辛さがあることも聞くけど、俺は、好きだったら越えていけることばかりじゃんと思ってて。だから、彼女以上に僕の方が情熱があるかもしれないです(笑)。伝えるテンションが違うだけで。

 あはははは、いろいろ見てきたうえでの冷静な判断だよね。

三輪 僕も売れたくてやってますね。僕も前のバンドが解散した時に、就職活動してたんですよ。でも、声をかけられて、一緒にバンドをやることになって。そのとき生まれた熱は今も変わってません。恐れることなく、売れていきたいと思ってます(笑)。

「絶対に売れるんだ」という執念にも似た思いを感じるんですが、バンド結成してからどのくらいで手応えを感じました?

内田 当時、誰一人ピアノバンドを好きじゃないまま、ピアノバンドをやっていて。ピアノバンドのサンプルみたいなものが何もなかったんですよ。ただ、それぞれが好きなことをやっていて。傍から見るとものすごく特殊なバンドだったと思うんですけど、当時は特に、ただ単に特殊だからという理由で、早い段階でお客さんがついてくれて。それがどういうことなのかも理解してなかったんですけど、いけるじゃんっていう根拠のない自信は結成当初からあった気がします。

 確かに。根拠なき自信がありましたね。

どんなバンドにしてこうっていう話し合いはありました?

 しましたね。他にいない、面白いことやろうぜっていうことに相当意識がいってたと思います。

内田 ライブシーンの中でどれだけ目立てるかっていうことしか考えてなかったですね。だから、人がやったことないことやろうぜっていうことで曲を作ってたし。活動の仕方も6ヶ月連続で企画をやったりとか。

三輪 新曲限定ワンマンとか。

内田 気をてらうことに命をかけていた感じでしたね。

僕らは、ちゃんと歌を届けないとダメなバンドだなって思ってたので、今回、バラードっていう形でデビューできるのがよかったと思います(内田)

そんな攻めの姿勢に満ちたバンドのメジャーデビュー曲が、エモーショナルなミドルバラードだっていうことに対してはどう考えてますか?

内田 むしろよかったと思ってます。確かにインディーズ時代のリード曲はアッパーな曲が多かったし、ライブハウスでやる対バンイベントでも、盛り上げるバンドに負けたくないっていう時代もあって。今のところはアッパーな曲の方がどちらかというと多いし、そういうイメージなのかなって思うんですけど、僕たちはもともとバラードには自信を持ってたんですね。結成して2年くらいの時に小さな円形のホールで、僕らがステージの真ん中に立って、ストリングスも入ってもらってっていうライブをやったことがあって。それがすごくしっくりきてたというか、いまでも思い出すくらいいい空間だったなと思ってて。僕らは、ちゃんと歌を届けないとダメなバンドだなって思ってたので、今回、バラードっていう形でデビューできるのがよかったと思います。奇をてらったことをやってたバンドだし、ほかの人とは違うっていうことに喜びを感じる人間なので(笑)、バラードでデビューするバンドが少ないからこそ、俺ららしいなって思いますね。

いまはピアノポップバンドって名乗ってて。そこをしっかりと貫いて行きたいですね(森)

ちなみに友達とかに「どんなバンドをやってるの?」と聞かれたときはなんて答えてます?

三輪 ピアノとベースとドラムでギターレス。他にはいないバンドだよって言いますね。

 昔はピアノロックバンドって言ってたんですけど、いまはピアノポップバンドって名乗ってて。そこをしっかりと貫いて行きたいですね。ライブはロックな場面もあるし、ロックやパンクの精神もあるけど、あくまでもポップバンドだっていう。歌を伝えにきましたっていうところを大事にして行きたいと思ってます。

内田 ポップっていうと、媚びてるっていう印象がある人もいるかもしれないですけど、僕らはもともとでかい音で、客席を降りてみんなを煽るようなバンドがやりたくて、今、ここに辿り着いてるっていう。ロック魂、パンク魂を持ったバンドでありたいから今、ここにいるんだっていうことを自分らの中で大事にしたいと思ってますね。

そういう意味では、メジャーデビュー曲「愛を教えてくれた君へ」も異質といえば異質なんですよね。まず、この世を去ってしまった方の視点から書いてますよね。

内田 大切な人を失って、残された側からの歌はたくさんあるなと思ってて。逆に残した側から書いたらどうなるんだろうっていう好奇心はずっとあったんですね。それが人に伝わるものなのかなっていう心配はあったんですけど、最終的にちゃんと共感できるものに落とし込めた。ただ、やっぱり、テーマとしては、難しかったですね。作ってて、悩んで悩んで悩んで…ってなるくらい難しかったんですけど(笑)、ちゃんと形にできてよかったなって思ってます。

大切な人のために命を落としてしまった人の目線で語りかけた曲になってて(森)

アニメ「いぬやしき」のEDテーマとして書き下ろした曲ですよね。

内田 そうですね。原作を読んで、感じたことを書こうと思って。「いぬやしき」はSFアニメですけど、最終的に作品が伝えようとしているメッセージはものすごい日常的だなって思ったんですよね。どう生きていくべきなんだろうとか、生きていく理由がわからなくなることとか。自分だけが良ければいいっていう気持ちとか……。そういう日常的な、誰にでもある気持ちを伝えているなと思って。だから、今回の曲も、スケール感が大きい曲にしたいと思ったんですけど、スケール感が大きいだけじゃなくて、最終的に聞いた人の日常に寄り添ってるというか、共感できるものでなければいけないなと思っていて。そこはかなり意識して作りました。

 大切な人のために命を落としてしまった人の目線で語りかけた曲になってて。そもそも「死」って大きなテーマなようで当たり前じゃないですか。誰もが死ぬし、誰もの身近に起こり得ることであって。作詞は内田と私の共作なんですけど、<今の日々を愛さないで>って言ってる最初のサビを見て、ハッとしたんですよね。そんなこと言っちゃうんだって思ったし、それがいいなとも思って。生きてる人が自分のことを忘れちゃったら、きっと嫉妬するだろうなと思って。そこはそのまま生かして、その先のストーリーをどう終わらせていくかっていうことを一緒に悩んで。

この曲を誰かが20年後に聞いた時も、ちゃんと自分の曲として聞いてもらいたいと思って。そういう思いを込めて作ってますね(内田)

サビは展開していきますよね。<今の日々を愛さないで>が<今の君に触れてみたい>になり、<今の日々を愛していて>になるっていう。

内田 この、誰かを思う気持ちっていうのは、そんなに単純なものじゃないと思ったんです。この曲で伝えたいのは、自分の中での葛藤や嫉妬もあるけど、最終的には君とまた巡り会いたいんだっていうことですね。誰かに会いたいっていう感覚って、この先ずっと、どんなに文明が発達しても変わらないと思うんですよ。携帯が全然普及してなかった20年前といまを比較すると、生活の価値観はものすごく変わっていつでも誰かとつながれるようにはなったけど、誰かに会いたいっていう、もっと肌感覚に近い感覚は、時代がどんなに変わっても、誰にとってもどの時代であっても一緒だと思うんですよね。だから、この曲を誰かが20年後に聞いた時も、ちゃんと自分の曲として聞いてもらいたいと思って。そういう思いを込めて作ってますね。

 ちょっと逸れるかもしれないんですけど、カップリングの「セツナロマンチック」は遠距離恋愛がテーマで、会えなくて会いたいっていうことを歌っていて。死というテーマを先に出されると、恋愛の悩みなんてちっぽけじゃんって言われそうだけど、意外とそうじゃないっていうか。死んでしまったら会えないわけだから相当でかいですけど、人に会いたいっていう思いは通じるよなと思っていて。死がテーマだけど、死を身近に経験していない人でも伝わると思うし。日頃、生活していると身近に大切な人がいることが当たり前に感じちゃうと思うんですよ。私も「ありがとう」とか「おはよう」とか、当たり前の言葉が言えなかったりするなって思って。自分たちの曲に気づかされて、自分で歌いながら、自分でも本当に家族に優しくしようって思ったりしてますね。

ストリングスも入ったドラマチックなバラードが完成して、ご自身ではどう感じました?

 小さい頃はメジャーデビューを夢のように思ってて。それがやがて、目標になって。今は現実になっていて。気を引き締めてやらなければっていう冷静な自分でいるんですけど、マスタリングで聞いたときは、「うわ!この曲でデビューするんだ」っていう実感がズシンときましたね。喜びっていうよりも、しっかりしなきゃっていう気合いが入る方が強かったんですけど、そこで改めて「うわ、嬉しいな。やっとここにきたんだな」っていう感動もありました。

この日本でクアイフを知らない人はいないって言ってもらえるくらいのバンドになりたいと思います。国民的なバンドになりたい(森)

今後はどう考えてます? 最後にこれからの目標を聞かせてください。

内田 レコーディングでアレンジャーさんに入っていただいたこともそうだし、自分たちとしてはチャレンジすることも増えてきたんですけど、そのどれもが、やってみてよかったというか。新しい発見があるし、成長できてると思うし。自分が作る曲も、今まで作ってきた曲も愛してるんですけど、まだまだもっともっと成長したい。言っちゃえば、ポール・マッカートニーが作るメロディよりいいメロディを作りたいと思うんですね。メジャーという場所に来て思うのは、本当に負けたくないっていうか。音楽の歴史の中には偉大な先輩がいっぱいいるけど、そこに食い込みたいというか、勝ちたいから、もっともっと成長して、貪欲に行きたいと思いますね。

 夢が現実になるのがメジャーデビューだったりするんですけど、バンドを結成した当初は、まず、ライブをすることやリリースすることも夢だったんですね。その時その時で夢が目標になり、目標が現実になるっていう繰り返しだと思うので、今はこの日本でクアイフを知らない人はいないって言ってもらえるくらいのバンドになりたいと思います。国民的なバンドになりたい。もしそこに到達できたとしたら、そこから世界に行けたらいいなと思いますね。

三輪 いま二人が言ったこともそうですし、あとは、ドームツアーとか、大きいところで各地で回りたいです。海外ツアーも行きたいし。いい作品を作り続けたいですね。

内田 常に向上心を持って、上だけをみてやって行きたいって思ってます。危機感とか責任感として感じてるんです。メジャーで戦うっていうことはそういうことだと思いますね。

その他のクアイフの作品はこちらへ

ライブ情報

クアイフ Live Tour“愛を教えてくれた君へ”

2018年2月18日(日) 梅田CLUB QUATTRO
2018年2月24日(土) 恵比寿LIQUIDROOM
2018年2月25日(日) 名古屋DIAMOND HALL

クアイフ

森彩乃(Vo./Key.)、内⽥旭彦(Ba./Cho./Prog.)、三輪幸宏(Dr.)。
2012年3⽉、⾳⼤クラシックピアノ科出⾝で数々のピアノコンクール受賞歴のある森彩乃を中⼼に結成。
2014年3⽉に1st full album「クアイフ」、2015年6⽉に1st mini album「organism」をリリースし、それぞれオリコンインディーズウィークリーチャート上位にランクインさせ注⽬を集める。その後「organism」が第8回CDショップ⼤賞の東海ブロック賞を受賞し、「Donʼt Stop The Music」で2016シーズンから名古屋グランパスオフィシャルサポートソングを担当するなど躍進。
2016年4⽉にはTBS系テレビ『SUPER SOCCER』4⽉度・5⽉度エンディングテーマ「Wonderful Life」を収録した2nd mini album「Life is Wonderful」をリリースし東名ワンマンライブをSOLD OUTさせる。確実にその活躍の幅を広げる中、1st EP「snow traveler」を2016年12⽉7⽇にリリースし、USEN HITインディーズチャートウィークリー1位を獲得。同シングルリリースを記念して⾏われた地元名古屋でのワンマンライブをSOLD OUTさせる。
2017年4⽉の東名阪ツアーをSOLD OUTさせるなど注⽬度が急上昇する中、11⽉29⽇「愛を教えてくれた君へ」でEPICレコードジャパンよりメジャーデビュー。

オフィシャルサイトhttp://www.qaijff.com/