Interview

NGT48が見つめる“青空”──荻野由佳&本間日陽が想いを語る「世界はどこまで青空なのか?」

NGT48が見つめる“青空”──荻野由佳&本間日陽が想いを語る「世界はどこまで青空なのか?」

あの「何かがいるよ」は、日陽ファンにはたまらん(笑)

MVのドラマは2人から物語が始まります。

荻野 役柄的には、日陽が私のことを大好きっていう役なんだよね?

本間 そう。幼馴染みという間柄ですね。ストーリーとしては新潟の田舎でアイドルになりたいと思ってる女の子が、アイドルへと突き進んでいくというものになってて。

荻野 私の役としてはアイドルになりたいっていうことを日陽に言ってなくて。でも、日陽は気づいていて、影でこっそりと支えてくれてたっていう。

本間 好きだから、ずっと見てて、由佳ちゃんのことを何でも知ってるの。

荻野 だから、リップシーンも顔がすごい近かったんですよ(笑)。

本間 そうそう(笑)。実際に総選挙のときからずっと一緒にいて、由佳ちゃんを見てきてて。総選挙の〈感謝祭〉のときには、由佳ちゃんのソロステージを観て感動で泣いてしまったんですよ。自分がまだアイドルになる前から、由佳ちゃんのドラフトオーディションも観ていたので、すごく胸を打たれるものがあって。だから、今回のMVの物語にも共感できたし、感じることは多かったですね。特に、由佳ちゃんがひとりで踊ってて、そこにみんなが集まってくるところとか。

あのシーン、泣けますよね。ぐっときました。

本間 私が最初に由佳ちゃんに共感して、一緒に踊り出すんですよ。階段の上にいる由佳ちゃんを見て、役柄を越えて、本当に一緒にアイドルをやりたいなって思ったし、ついていきたいって思いました、すごく。

荻野 嬉しいですね。改めて思うと、ずっと近くで支えてくれていたのは日陽なのかなって思って。(AKB48の選抜に入って)たくさんいる先輩の中に怯えながらも一緒に入って活動してきて……そこで得たものをNGT48の活動に持ち帰って共有するのも日陽だったし、NGT48のいいところも悪いところもよく話し合ったし。だから、今回の「世界はどこまで青空なのか?」のポジションもすぐ後ろを振り向けば日陽がいるっていう、安心感もある。日陽がそばにいてくれて良かったなってすごく思います。

本間 嬉しいです。

MVでは荻野さんは感情を爆発させるソロシーンもありました。

荻野 今までにないような感情でしたね。精神的に追い込み、追い込まれたので、撮影が終わったあとも自分が今まで何をしてたかわからなくなるくらい、抜け殻みたいになってしまって。そのあとすぐに着替えて別のシーンの撮影があったのですが、体が動かなくて大変でした(笑)。

本間 由佳ちゃんがひとりで撮影してるところは、メンバーは何を撮ってるかわからなかったんですよ。そんなソロ撮影が終わって、由佳ちゃんが泣きながらぐったりしてるのを見て、みんなで「由佳ちゃん、どうしたの? 大丈夫?」ってなって。

荻野 そうだったんだ。「怒られたのかな?」みたいな(笑)。

本間 いやいや、みんな心配してた。けど、その時間に命をかけたようなシーンを撮ってたんだなって思うと、すごい胸が熱くなりますね。

完成した映像を観て、どう感じました?

荻野 夢を持った人や、ちょっと悲しいことがあった方とか、いろんな人の希望になったらいいなって思うんですけど、いちばんはアイドルを目指す女の子に届けたいですね。アイドルになりたいって言うのは簡単なんですけど、北原さん、柏木さんもセリフの中で言ってたように、華やかなだけの世界ではないので大変なところもある。アイドルとしての夢の部分だけでなく、現実をも映し出したMVになっているので、もしもアイドルを本気で目指している方がいたら、このMVを観て、それでも私はアイドルになりたいんだっていう決意を持ってもらえたら嬉しいなって思います。

本間 それと、全部、新潟県で撮影したことも嬉しかったですね。

荻野 そうだね。虫が多くて大変だったけど(苦笑)、こんなに自然の綺麗なところがあるんだとか、そこから見る青空の景色ってどんな感じなんだろうって、新潟に遊びに行ってみようって思ってくださる方が少しでもいたら嬉しいなって思いますし、MVからも新潟の魅力を発信できてたらいいなって思います。

本間 自分が生まれ育ったところで、こんなにも素敵な作品を作ることができて、こんなにも素敵な活動ができていることが、本当に幸せだなって……新潟に48グループができて、そこに自分が入って活動できていることが改めてすごく嬉しくなったし、48グループの中でも色の違ったグループとしての新しい顔を見てもらえたらいいなと思います。

また、カップリングには本間さんがセンターを務めた「ナニカガイル」も収録されてます。

本間 大滝友梨亜が先日卒業してしまったので、この曲が最後の25人曲になるんです。今、ドラフトもやっているので、もしかしたら次のシングルは一期生だけのNGT48ではなくなってしまうかもしれない。そういう状態での全員曲のセンターはすごく嬉しいですし、今のNGT48をこの曲に封じ込められたらなって思います。それと、そういった想いとは別に、すごく可愛らしい曲なので、NGT48の幅を広げる曲になったらいいなとも思います。

荻野 25人の最後の曲なので、MVもメンバーの紹介になっていて。このMVを観たら、メンバー全員の顔と名前が一致すると思います。

本間 25人全員で撮ったグループショットがチームの雰囲気の良さを表してると思うので、そこも見てもらいたいですね。

本間さんはウィスパーボイスも披露してます。

本間 そうなんですよ。でも私、自分の声があんまり好きじゃなくて(苦笑)。ライヴを重ねて、いつか自分の声に自信が持てるようにもっと頑張りたいです。

荻野 あの「何かがいるよ」は、絶対にみんなが「日陽—!」ってなるよ。日陽ファンにはたまらん(笑)。

本間 なるかなあーなるといいな。タイトルがカタカナなので、曲が公開される前にファンの方から「ホラー系の曲なの?」って心配されたんですよね(笑)。でも、実際は乙女心というか、かわいらしいラブソングになってて。

荻野 日陽にはぴったりの曲だと思ってます(笑)。

(笑)最後にファンにメッセージをお願いします。

荻野 私としては、自分のすべてを注ぎ込んだし、NGT48としても、待ちに待った2ndシングルなので、この曲を持って全国のみなさんにエールを送って、元気を与えられるような存在になっていけたらいいなって思います。

本間 2ndシングルは私にとって嬉しいことがたくさんありました。いちばん嬉しかったのは、ジャケット写真を私が生まれ育った村上市で撮ったっていうこと。それに、MVを観たおじいちゃんとおばあちゃんが私のことをすぐ見つけてくれて喜んでくれたり、友達も自分のことのように喜んでくれて。自分にとって、すごく喜ばしいことがたくさんあった、これからもずっと大切にしていきたい一枚になりました。新潟県のみなさんやファンの方ももちろん、全国の方に届いて、いろんな人の希望になれたらいいなと思ってます。

躍進してきた2017年を2ndシングルで締め、来年はどんな1年にしたいですか?

荻野 〈リクエストアワー〉や〈総選挙〉もあるんですけど、勝負事やイベントにとらわれずに、いつでもどこでも初心を忘れずに、ひたすらに、がむしゃらに頑張れるグループでありたいと思います。今年よりも来年、来年よりも再来年と、もっともっと勢いをつけて、存在感がより大きなグループになりたいので、今年よりも躍進します!

本間 ほんと、躍進しましょう! でもきっと、私たちは初めて壁にぶち当たると思うんです。なぜなら、キャプテンの北原里英さんの卒業があるから。それに、ドラフト会議で初めて後輩もできます。メンバー間の関係も変わっていくと思うし、里英さんの卒業を受けてどんなふうにグループが変わっていくのか、変えていけるのか……自分たちがどこまで成長できるのかが課題になりますし、試されるとも思うんですけど、由佳ちゃんが言ったように、今年よりも躍進できたらいいなと思うので、勢いはこのままに、ファンのみなさんと一緒にこの困難に立ち向かって、もっともっと新しいNGT48の顔を作り上げていけたらいいなと思います。


【募集終了】抽選で2名様に荻野由佳さん、本間日陽さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

12月6日(水)~12月13日(水)23:59


NGT48

AKB48の姉妹グループとして、2015年に新潟県に誕生した国内5つめの48グループ。“NiiGaTa”の頭文字をとって“NGT48”と命名される。AKB48から北原里英がキャプテンとして移籍、柏木由紀が兼任メンバーを務める。現在(2017年11月)24名のメンバーが所属(うち新潟県内出身は10名)。2016年1月には万代地区に専用劇場がオープン。同時に、チームNIIIが結成される。昨年6月に地元新潟で開催された〈AKB48選抜総選挙〉でメジャーデビューを発表、2017年4月12日にリリースした1stシングル「青春時計」は、オリコン、ビルボードにて週間1位を獲得。
オフィシャルサイト

画像ギャラリー
< 1 2