Interview

痛快! キュウソネコカミの入魂作『にゅ〜うぇいぶ』完成。ヤマサキセイヤ&ヨコタシンノスケの本音トーク

痛快! キュウソネコカミの入魂作『にゅ〜うぇいぶ』完成。ヤマサキセイヤ&ヨコタシンノスケの本音トーク

「細美の曲があるんだろ? あいつだけずるいじゃねえか、俺の曲も書けよ」って

「TOSHI-LOWさん」っていう曲、好きだな!

ヤマサキ 俺らに「サブカル女子」って曲があって、その中にELLEGARDEN、the HIATUSの“細美武士”さんってワードで出てくるんですけど、それがなぜかTOSHI-LOWさんの耳に入って、TOSHI-LOWさん本人から「細美の曲があるんだろ? あいつだけずるいじゃねえか、俺の曲も書けよ」って初対面で言われまして。

ヨコタ とはいえ、あれはべつに細美さんのための曲じゃないんですよ(笑)。

ヤマサキ すごい人だなと思って(笑)。そう言われたら、めっちゃビビるじゃないですか?

ヨコタ それが2年くらい前だよね。

ヤマサキ 冗談だと思ってたんですけど、会うたびに「出来たか?」とも言われるし、半分冗談、半分本気みたいな感じで……。

ヨコタ こっちも怖れ多くて、作れるわけないじゃないですか。

ヤマサキ 俺らなんかがいじったらヤバイでしょ? でも1年前にTOSHI-LOWさんに「よかったら〈OTODAMA〉(音泉魂-OTODAMA-*関西のイベンター“清水音泉”によるイベント)にも出てくださいよ」って話をしたら、今年出てくれたんですよ。それで、その出演が決まったときに「あの約束を果たすしかない!」と思って、「TOSHI-LOWさん」っていう曲を〈OTODAMA〉で初披露するためだけに作っていきました。本人には何も言わずに当日サプライズで、お客さんも誰もその曲を知らないなかで思いきりやるという(笑)。

ヨコタ 先にTOSHI-LOWさんがライヴに出てたんで、僕らがそのあとだったから、ちょっとやりやすいというのもあり。「BRAHMAN、さっきすごかっただろ? そのTOSHI-LOWさんの曲が出来ました!」みたいな(笑)。パッと作ってそのまんまだったんですけど、思いのほか周りからの評判が良くて。

あはははは。「ギラギラおじさん」は?

ヨコタ この曲は完全にスタジオのノリ。ふざけて作りましたね。

ヤマサキ 「こんな歌あったらおもろいんちゃう?」みたいなノリで。絶対、今のバンドはやらなくていいでしょ、こんな歌謡曲。しかもロックバンドがこの曲をどこでやるのって感じでしょ?(笑)

ヨコタ 誰に聴いて欲しいねん、と(笑)。

ヤマサキ 歌謡曲って不倫の歌が多いじゃないですか? だから今の時代にぴったりっていうか。もっとみんな、隠して不倫やれよって思うんですよ。やるならもっとうまくやれよという歌なんです。不倫旅行がバレたりすることを非難していて、もう、現地集合、現地解散しろよと(笑)。証拠は全部消しておけ!

ヨコタ 不倫がダメっていう歌じゃない。

ヤマサキ もっとうまいやり方あるやんと!

たしかに歌謡曲には不倫の歌が多いよね。

ヨコタ だって、世の中、不倫の歌がなくなったら寂しいじゃないですか(笑)。不倫がダメと言われつつも、やっぱり秘密の恋の歌は必要ですよね。

「俺は地球」もすごい好きなんだけど。

ヤマサキ やっぱり、平和とか戦争反対とか言いたいんですけど、俺らみたいなバンドが真剣に言うと引きません? そうなったときに、思っていることをどの立場から言ったら大丈夫かなと思ったら、「俺は地球だ!」と。地球にみんな住んでるんだから、仲良くしようぜと。そっちの切り口から思ってることを歌ってみようって。

この曲で「大体の人は良い人だ」と歌ってるのが、とても素晴らしいなと思った。

ヤマサキ 悪が目立ちすぎてるだけなんですよ。みんないい人ばっかりなのに、悪い面ばかりメディアが取り上げたりするじゃないですか? 喧嘩させたいんかって思うんですよ。

それを自分たちが歌うとしたら、自分たち自身を地球にしてしまえば歌えるんじゃないかと。

ヤマサキ そう。俺が日本人として言ったらおかしいけど、地球として言えば許される(笑)。

ヨコタ そういうのがミュージシャンだったり、アーティストだと思うんですけどね。個人の意見としてではなくて、ちゃんと歌にしてる、歌にできるというのが。

ヤマサキ 「We Are The World」やんか?

ヨコタ ある種の「We Are The World」じゃない?

ヤマサキ 「I Am the Earth」か。

ヨコタ さらにでかいよ(笑)。

この曲に対するメンバーの反応は?

ヨコタ みんな、「これは面白いな」と思ったんですよ。けど、最初はもっと、“俺は地球”だった。地球のセリフ、ラップでもないんですけど、「人間たちよ~」みたいなのも入ってて(笑)。

ヤマサキ で、アレンジは、キュウソネコカミ史上、最も迷った曲かもしれないです。

ヨコタ そうだね、時間かかったもんね。

キュウソネコカミとしては、アルバムとシングルでは、どっちを大事に考えてるんですか?

ヤマサキ やっぱりアルバムじゃないですかね。

ヨコタ キュウソは最終的にはアルバムなのかなって思います。もともとあんまりシングルという形態では出したくないというところから始まっていたので、インディーズのときもアルバムばかりでしたし。シングルを出すということが、今や当たり前になってはいるけど、シングルだと一曲一曲が重たくなる。「今、キュウソネコカミはこういうことを考えている」とか「こういうモードなんだ」っていうことを、ほぼ一曲で語らなきゃいけないので。

たしかにリスナーにとってその時期の作品としてはそれしかないわけだから、シングル=バンドと思っちゃうよね。

ヨコタ そうなんですよ。「ちょっとはずれたかな?」「思ってることとは違うな」ってなったときに、数ヵ月間はバンドのイメージがそういう感じになってしまうんですよ。だけどアルバムは全曲でアピールできるから、「この曲は肩の力が抜けて、好きなことをやってます~」みたいな感じが出せるのが大きいなと思います。

それにしても『にゅ〜うぇいぶ』は、言いたいことを言ってるアルバムだね!

ヨコタ キュウソって、「俺らについてこい!」っていうのが、ちょうどいいバンドだと僕は思ってるんです。「みんな飼いならされてるんじゃないよ」「お前らこれでノれるのか」「適当に手を振ってノれる曲じゃないぞ」というメッセージが込められてるくらいが、ちょうどいいという気がするんですよね。あんまり歩み寄りすぎるのも違うし、そうなるとお客さんの中にはバカにされてると感じる人もいると思うから。そういう意味では、うちのお客さんは結構ひねくれてると思います(笑)。

ヤマサキ だから大きいステージでは、お客さん、棒立ちも歓迎です(笑)。

大ステージでのキュウソのパフォーマンスを期待してます!

キュウソネコカミさん画像ギャラリー

GYAO!「メンヘラちゃん」Music Videoフル視聴

GYAO!初回限定盤DVD収録「TOSHI-LOWさん」(マグロック2017“本気のリハーサル”より)フル視聴

ヒッサツマエバ~とぎなおし~’17-18ツアー

2017年
12月08日(金)川崎 CLUB CITTA’
12月09日(土)松本 Sound Hall a.C w.HEY-SMITH
12月11日(月)岐阜 club-G w.sumika
12月12日(火)浜松 窓枠 w.sumika
12月14日(木)大阪 なんばHatch
12月18日(月)奈良NEVER LAND
12月20日(水)滋賀U☆STONE
2018年
01月12日(金)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM w.HEY-SMITH
01月14日(日)松江 AZTiC canova
01月16日(火)山口 周南RISING HALL w.SUPER BEAVER
01月20日(土)松山 WstudioRED w. KANA-BOON
01月21日(日)高知 CARAVAN SARY w. KANA-BOON
01月23日(火)福井 CHOP
01月24日(水)金沢 EIGHT HALL w.ROTTENGRAFFTY
01月30日(火)徳島 club GRINDHOUSE
02月01日(木)名古屋 DIAMOND HALL w. indigo la End

DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018 –Despair Makes Cowards Courageous-

03月02日(金)札幌 Zepp Sapporo
03月04日(日)仙台 PIT
03月08日(木)福岡 DRUM LOGOS
03月10日(土)熊本 B.9 V-1
03月11日(日)鹿児島 CAPARVO HALL
03月15日(木)新潟 LOTS
03月17日(土)富山 MAIRO
03月21日(水・祝)広島 BLUELIVE
03月24日(土)高松 festhalle.
03月29日(木)名古屋 Zepp Nagoya
04月05日(木)新木場 STUDIO COAST
04月06日(金)台場 Zepp DiverCity
04月14日(土)神戸 ワールド記念ホール
04月21日(土)台湾・台北 WAL

キュウソネコカミ

ヤマサキ セイヤ(vocal, guitar)、オカザワ カズマ(guitar)、カワクボ タクロウ(bass)、ヨコタ シンノスケ(keybords, vocal)、ソゴウ タイスケ(drums)。2009年12月に関西大学の軽音楽部にて結成。2010年より関西を中心にライヴ活動をスタート。2014年6月にアルバム『チェンジ ザ ワールド』でメジャーデビュー。2015年にハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”のCM曲「MEGA SHAKE IT !」を担当。2017年には、2月に配信シングル「邪邪邪VSジャスティス」、4月に初のライヴCD『キュウソネコカミ -THE LIVE- DMCC REAL ONEMAN TOUR 2016/2017 ボロボロ バキバキ クルットゥー』、8月にシングル「NO MORE 劣化実写化」をリリース。
オフィシャルサイト

< 1 2