Interview

OP・EDを担当した2人が語りつくす、アニメ『宝石の国』主題歌の世界─“宝石らしさ”の表現、「無」になって歌うということ

OP・EDを担当した2人が語りつくす、アニメ『宝石の国』主題歌の世界─“宝石らしさ”の表現、「無」になって歌うということ

原作が持つ独特の空気感がオレンジの手がける3DCGによって形成されているTVアニメ『宝石の国』だが、その作品を包み込むオープニング/エンディングも見事に世界観を大きく展開させている。その両曲を担うのは、『リトルウィッチアカデミア』でもコンビを組んだ主題歌を担うYURiKAと大原ゆい子。ふたりだからこそ語れる主題歌としての魅力、作品の魅力、そして互いの魅力を聞いた。

取材・文 / 清水耕司(セブンデイズウォー)
構成 / エンタメステーション編集部


照井順政さんと一緒に作り上げた感覚(YURiKA)

YURiKA

まずはオープニングテーマの「鏡面の波」について。どのように歌を作り上げたのか教えていただけますか?

YURiKA 曲をいただいたとき、今まで歌ったことがない雰囲気の曲だったので「私に歌えるのか」と思いました。でも、熱を持たない感じで歌うイメージだったんですけど、曲を作ってもらったハイスイノナサ(ロックバンド)の照井順政さんとレコーディング前にお話をしながら歌っていく時間があって。抜いた感じで歌ったり、いつもみたいに結構張り上げて歌ってみたり、いろんな歌い方を試した結果、あの形になりました。だから、照井さんと一緒に作り上げた感覚ですね。

特に意識したところは?

YURiKA やはり最初ですかね。テレビ尺の部分を聴いてもらうことが多いとは思うので、そこから『宝石』感を出したかったんです。砕けてもくっつけたらまたひとつになる宝石らしさを出したくて、最初の“眠りの手”というフレーズはバラバラ感を出しつつ、でもサビでくっついていく、みたいな流れのイメージでした。歌ったことのない雰囲気の曲だったので難しかったですけど「頑張ったなぁ」と思います。

大原さんは「鏡面の波」を聴いていかがでしたか?

大原ゆい子 え、もう、大好き……!

一同 (笑)。

大原 もともとハイスイノナサさんが好きなんですけど、YURiKAちゃんの声って声質的に真似できない声で、誰かが頑張っても同じようには歌えないと思うんです。照井さんの世界に引き込まれすぎず、YURiKAちゃんがちゃんといる形ですごくマッチしているのがゾクッとしました。

YURiKA うれしい!

今までのYURiKAさんにはない曲調ですが、新しさや驚きはありましたか?

大原 でも、カラオケとかで聴いていて、優しく歌う曲も絶対に合うとは感じていたので。

YURiKA ゆい子さんと2人でやったツーマン(ライブ『~MagicalNight リトルウィッチアカデミア~』)のとき、本編の前に2人で歌うコーナーがあって、そのために曲を作ってくださったんです。そのときも結構そういう感じでした。

大原 YURiKAちゃんは息を抜いたような声も合うと思っていたのと、自分が結構声フェチで、そういう息混じりな声も聴いてみたかったんです。だから、(「鏡面の波」は)いつもの感じじゃないとは思いつつも、私的には「あ、これこれ!」というところはありました。