Interview

アコースティック・ツアー中のKalafinaに訊く。“屈指の熱量”のライブと2017年総括、そして活動は10周年へのカウントダウンへ!

アコースティック・ツアー中のKalafinaに訊く。“屈指の熱量”のライブと2017年総括、そして活動は10周年へのカウントダウンへ!

梶浦由記プロデュースによる言わずと知れた人気ヴォーカルユニット・Kalafinaが、2018年に活動10周年を迎える。2017年はライブツアー「9+ONE」、日光東照宮・興福寺での世界遺産ステージ、恒例のアコースティックライブツアーと、来たる節目を目前に更なる活躍を見せ続けている3人。年末のクリスマスライブと年明けの日本武道館を控えながらも、開催中のツアーに全力を注いでいるという彼女たちの心境に迫った。

取材 / 冨田明宏 文 / 寺田龍太
撮影 / 山本哲也


9周年だけどもう10周年のような気持ち

今年はライブツアー「9+ONE」や世界遺産ライブ、ファンクラブイベントといった様々なステージがありましたが、2017年の活動はいかがでしたか?

Wakana あらためて振り返ると、すごくライブをした年でした。去年のスプリングツアーを一昨年と勘違いするぐらい、とても時間が経った気がしていて。2年ぐらい活動したように感じるほど、毎月のように歌わせてもらいましたね。「9+ONE」ツアーを13公演全て終えたときに、9周年だけどもう10周年のような気持ちになってしまって。ずっと変わらずにライブを続けてこられた10年間だったと、今は胸を張って言えますね。

Keiko デビュー当時では考えられなかった年数をやってこられたのは本当に皆さんのおかげでもあり、そしてまた、3人がお互いに話し合って常に情熱を持ち続けてきたからこそだとも思います。今年は10周年という大きな節目にしっかりと気持ちが向かい、一公演一公演、一曲一曲、言葉の一言ひと言をどこまで追求して形にできるかを自分自身の課題として、一つひとつの活動に熱意を注いだ年でした。どれを振り返っても自分たちのできる限りの精一杯をやれたと、はっきり言える年ですね。自分が10周年の地点にどう立ちたいのか。その目標しか見ていないので、一切ブレずにここまで来られました。私たちアーティスト自身の意志を形にできた一番の年だという実感が強くありますね。

Hikaru 今年はたくさんこれまでのことを振り返る時間があって、あらためて昔の自分と向き合い、「あのときはこう考えていたな」と初心に帰る部分が多いんです。そこで思うのは、あのときはできなかったことが、今はこうできているんだな、と。その中で自分がやりたいことも変わり、今年はしっかりと自分の意志とやりたいことを明確にして、ステージに立てているなと思います。

Hikaru

10年の中でも屈指の熱量を注いだアコースティックツアー

現在回っているアコースティック・ツアーの手応えは?

Wakana アコースティック・ライブは毎年の楽しみでありながら、この1年の活動がどうだったか、去年と違う自分になれたのか、といったことが問われる場でもある気がしていて。最初の座間公演ではリハーサルから心も体も震え、楽しくも緊張したスタートを迎えました。いよいよ今年最後のツアーだという寂しさと喜びで、特別な初日でしたね。現在、岡山までの6公演を終え、もう半分しか残っていないのが寂しい一方、次は新しいスタートとなる10周年が待っていると思うとうれしい限りです。

Keiko 難しい部分で言うと、木造りや煉瓦造りなど、会場によって音の鳴りが違うので、歌い方を毎回変えないといけなくて。そしてアコースティックということで、生身の人間が出す音色ですから、どうしても演者それぞれのその日のコンディションやメンタルが、微妙なところまで感じ取れてしまう。それでも、どの公演も一定のクオリティにたどり着いたうえでリハを終え、本番ではそれ以上のものを見せたい。想定以上に体力の注ぎ方が半端ないツアーにはなっていますね。3人のハーモニーはもちろん、楽器の皆さんとのアンサンブルもとても重要で。ハーモニーとアンサンブルが一致しないと成立しないので、本当に集中力が問われます。演者一人ひとりが自分の最高のパフォーマンスを必死に掴みに行っている。その熱量とやりがいで言えば、10年間でもかなりの上位に入るライブですね。お客さんと一対一で臨んで、嘘がつけない、隠せないような感じがあります。

Hikaru 私もまさにそうしたむき出しの状態で臨んでいる気がします。今年の自分の抱負は、何事にも「向き合う」ことなんです。アコースティック・ツアーでも、その日のお客さん一人ひとりとちゃんと向き合って歌いたい。ライブの前日に入ってその土地のご飯を食べたり観光をして、その土地を感じてからステージに立つようにしています。ちゃんと肌で感じたものを歌やMCにも還元しているので、お客さんとの距離感もすごく近いライブになっていると感じますね。