『ポケ森』の楽しさを毎週お伝えする、多忙すぎる管理人リポート  vol. 1

Review

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』 好きなどうぶつに囲まれる管理人の日々を始めよう

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』 好きなどうぶつに囲まれる管理人の日々を始めよう

味わい深い歌声のとたけけが! 愛憎渦巻くたぬきちが! そして健気でかわいいしずえが……!! みんなが大好きなあのキャラクターたちが登場! 老いも若きも関係なく多くの人を癒してきた『どうぶつの森』のスマートフォン版が2017年11月21日に配信開始! その名も『どうぶつの森 ポケットキャンプ』、略して『ポケ森』。配信予定日は11月22日と告知されていたのに前倒しで配信してくれる任天堂様に最敬礼。妊娠中も産後のつらい時期もニンテンドー3DS『とびだせ どうぶつの森』に支えてもらった身として、このゆるゆるスローライフに身を投じないわけにはいかないのですよ! 

シリーズ初のスマートフォンで遊べる『ポケ森』がいったいどのようなゲームなのか! キャンプ場でどのような生活を送れるのか! そしていつのまにか背負わされていたローン! 今回はそのあたりをゆる~く、しかし愛を持って紹介していくよ!

文 / 大部美智子


キャンプ生活の準備は完了!?

キャンプ場の管理人になったプレイヤーは、自分のキャンプ場をよりよく整えたり、どうぶつたちの欲しがっているものを用意してあげたり、自身のスローライフを楽しんだり……やることがいっぱい! スローライフのスローとはいったい何だったのかと思うぐらい、夢中でキャンプ場やレジャースポットを駆けまわってしまう。

▲キャラクターメイクは、パーツのバリエーションが豊富! 名前と性別以外はゲーム開始後も変更できる

▲し、しずえー! 私だよ、もぃもぃ村の村長だよ!

おねがいされたら叶えてあげたいよね!

スマートフォン版ということで、簡単操作でさまざまな動作が行える。移動するのもタップ、話しかけるのもタップ、木をゆするのもタップ、サカナを釣るのもタップ、ムシを捕るのもタップ、タップ、ターップ!! どの操作も何も考えずにできるのが、のめりこんでしまう理由のひとつかもしれない……。詳しくはプレイをしながら教えてくれるので、そちらで確認されたし。

▲シリーズをプレイしてきた人はきっとご存知だけれど、くだものがなっていない木を揺するとベルが降ってくることがある。もしかしてハチの巣も落ちてくる……?

旅をしているどうぶつたちは、フルーツやサカナ、ムシなどを欲しがっていることが多い。その用途は、スープにしたり燻製にしたり歌の練習相手になってもらったり……!? 仲よくなると自分が管理しているキャンプ場に来てくれるので、何か欲しがっていたらすかさずプレゼントだ! すると、お礼としてゲーム内通貨のベルや家具の材料をくれる。これを元に、意中のどうぶつが好きな家具を揃えるとキャンプ場にお招きできるのだ。キャンプ場でくつろいでいるどうぶつたちのキュートさと言ったらもう……たまらん!

▲フルーツやサカナなどはそれぞれのレジャースポットで採取できる。左上から、ナミナミ川、ワサワサの森、ポッカリ島、しおかぜビーチ

▲ブーケちゃんは4つの家具が必要だったので、いろいろなところを駆けずり回ってどうぶつたちのおねがいを聞き、ベルと材料を貯めた。ブーケちゃんかわいすぎ

▲家具の注文はクラフト画面から

家具によって完成時間は異なり、ものによっては数時間かかったり……。そんなときはこれ、“リーフチケット”。これを使うとカイゾーさんががんばって一瞬で完成させてくれる! しかし、短縮する時間によって消費する枚数は変わるので、長ければ長いほどチケットの消費量も増える……うぐっ。でも、材料が足りない場合もリーフチケットが補完してくれるし、ムシやサカナを捕まえる各種道具と交換できる。ただし、ベルだけは交換できないので、ベルがほしいときは必要のない素材などを売ってしまおう。ちなみに、いらない家具や衣服はこもれび広場で売ることができる。

▲“コールチケット”を使うと、会ったことのあるどうぶつを呼び出すことができる

▲もっとおねだりしてほしいときは“おねがいチケット”!

▲どうぶつたちをお招きしつつ、自分の趣味を詰め込んだキャンプ場を作ろう!

1 2 >
vol.1
vol.2