Report

コミコンが東京に上陸、2016年12月開催へ!スティーブ・ウォズニアックが発表

コミコンが東京に上陸、2016年12月開催へ!スティーブ・ウォズニアックが発表

東京にコミコンがやってくる! ポップカルチャーの一大イベントであるコミコンの東京バージョンが来冬、開催されると、来日したアップル共同創業者のひとりであるスティーブ・ウォズニアックさんが発表した。「Tokyo Comic Con 2016」は2016年12月3日(土)〜4日(日)の2日間にわたって幕張メッセで行われる。

DSC_0139

ちょっとスッキリした感のあるウォズ

その前哨戦として12月5日、6日の二日間に渡って、東京・品川インターシティーでスペシャル・ファン・イベントが行われており、同イベントのために来日したウォズニアックさんをはじめ、映画『スター・ウォーズ エピソード I』で銀河帝国皇帝パルパティーンを演じたイアン・マクダーミドさんと、ダース・モール役を演じて類まれなるアクションで魅せたレイ・パークさんのダークサイド師弟のコンビが記者発表会に登壇した。

はじめに挨拶にたった東京コミコンを主催するポップカルトインクのCEO、トリップ・ハンターさんは「グローバルなコミコンにするには日本を巻き込もうと考え、東京で開催することにしました。日本とアメリカはポップカルチャーだけでなくテクノロジーでの深い関わりがあります。テクノロジーはポップカルチャーそのものであるし、どこでも映画やゲームが楽しめるように、テクノロジー のおかげでポップカルチャーの楽しみ方が変わりました。東京コミコンは2つの分野を融合させたものになります」とコメントした。

東京コミコンのマークが大きくはいったTシャツ姿で登場したウォズニアックさんは「日本がテクノロジーをリードしていると思っている人は多い。コンピュータを通じて、壁を通り抜けたりできるようになった。まるで『スタートレック』のコミュニケーターみたいにね。テクノロジーがそれをみんなが持てるものにしてくれた。これからは車なら自動運転、家庭用のロボット、音声認識はさらに発達していくだろうし、人間と違うのは意識があるかどうか。東京コミコンでは、ポップカルチャーになた世界最先端のテクノロジーをみせたい」と語った。

DSC_0015

ポップカルトインクのトリップ・ハンターCEO

DSC_0031

テクノロジーとポップカルチャーの関係性の強さを強調したスティーブ・ウォズニアックさん

さらにクィーン・アミダラを思い出させるような着物姿の女優・タレントの三船美佳さんをステージに向かい入れ、“世界のミフネ”として映画人から尊敬される三船敏郎さんの娘として、ますますカルトな話題で発表会を盛り上げた。

三船さんは「ジョージ・ルーカス監督と父は親交があって、監督のサインの入ったポスターをいただいたんですが、当時は、『わー、ルーカス監督だぁ』ぐらいにしか思っていなくて、今考えたら凄いことですよね。でも、そのポスターどこかにいっちゃったんです」とエピソードを披露し、さらにジョージ・ルーカス監督から三船敏郎さんに『スター・ウォーズ』シリーズ第1作でオビ=ワン・ケノービ役のオファーがあったことを明かした。

「当時はまだテクノロジーが発達していなくて、SFは子供向けというイメージも強かったので、武士道やサムライ魂を表現するのは不可能だと考え、出演には慎重になったようです。それでルーカス監督から顔を出さない役(ダース・ベイダー役)もあると打診もありました」と、娘ならではの話題を提供した。

DSC_0041

着物が「スターウォーズ」の衣裳にも関わりがあると語った三船美佳さん

そしてステージには、日本のポップカルチャーのアイコンとして、ますます人気を集めているコスプレイヤーの御伽ねこむさんが、東京コミコンをモチーフにデザインしたオリジナルコスチュームを着用して登壇した。御伽さんは「東京コミコンのテーマカラーを取り入れ、色使いや素材選び、サムライのようなスタイルになどこだわった」と説明し、早くもアメリカと日本のポップカルチャーのコラボレーションを実現してみせた。

DSC_0171

コスプレイヤーの御伽ねこむさん。ちょっと緊張してる?

最後に「スターウォーズ」で銀河帝国皇帝パルパティーンを演じたイアン・マクダーミドさんと、ダース・モール役のレイ・パークさんが登場した。

三船敏郎さんの話題の中でイアンさんは「三船さんの作品はすばらしいものばかりで、『蜘蛛巣城』はシェイクスピアの『マクベス』をもとにしているものだった。もし、三船さんが(ダースベイダー役で)弟子だったらすごいこと。実際にはそうなったら役者としていろいろ学ぶことができたでしょう」と語った。さらに「以前、イギリスで蜷川幸雄監督の舞台を見ました。その時の役者の名前は忘れたのですが、発声がすばらくしく、参考にさせていただいた」と日本の演出・演技へのリスペクトを披露した。

DSC_0090

英国紳士らしいやさしい表情のイアン・マクダーミドさん。パルパティーンの恐ろしさは微塵もありません。

DSC_0081

終始元気で時折、アクションのポーズも見せてくれたレイ・パークさん

東京コミコンでは、日本の得意分野であるエンターテイメント分野、米国でも非常に人気のあるアニメーションやマンガも重要なコンテンツ分野にも注目しており、会場では、映画で有名な役を演じたセレブリティとの写真撮影やサイン会などの機会も提供していく。

会場ではコミック、コスプレ、SF、ファンタジー、アニメ、様々なジャンルのポップカルチャーに注目してもらうためのパネルディスカッション、トークショーなど多岐にわたるコンテンツを企画しており、幅広いポップカルチャー・ファンが特別な体験ができる機会を創出する。展示ブースでは、ポップカルチャーの発展に貢献するテクノロジー企業によるデモンストレーション、また記憶に残る楽しい体験の準備も進めている。その中で来場者が楽しめるコスプレや、楽しい体験ができる企画も用意する。

東京コミコンのチケット販売は、2016年春を予定しており、これに先駆け、ウォズ自身が先導してきたポップカルチャーの祭典「Silicon Valley Comic Con 2016(シリコンバレーコミコン)」が、来年3月にカリフォルニア州サンノゼ市で初開催される。

取材・撮影・文 / チバヒデトシ

DSC_0165

DSC_0176

Tokyo Comic Con:
www.tokyocomiccon.com