Review

『ファイアーエムブレム無双』を『FE』ファンはどこまで楽しめるのか?

『ファイアーエムブレム無双』を『FE』ファンはどこまで楽しめるのか?

気になるロストのシステムはどうなっている?

このゲームが発表されて以降、まず気になったのはロストがあるかどうかという点だった。ゲームシステム上、それは難しいかなあ……なんて思っていたのだが、やはりみんな気になっていたことなのだろう、発売まえにこんな情報が公開された。

ロストします。

「まじかよ!」とFEクラスタは大きくざわめいた。「いやいや、むしろそうでなくちゃ!」という意見もあれば、「でも、ゲームバランスとしてどうなっちゃうの?」なんて声も聞こえてくる。実際、ゲームスタート直後に”ゲームスタイルの選択”があり、ここで”クラシック”を選ぶと、”失った仲間は戻らない昔ながらのスタイル”と説明が出てくる。

▲ゲームスタート時に”カジュアル”か”クラシック”かを選択する。『FE』ファンなら昔ながらのクラシックを選択、だよね?

ただ、『FE』特有の「ロストしちゃうー!」という緊張感があるかというと、じつは救済処置があった。ゲーム中にやられてしまったとき、メニューにある”最初からやり直す”を選べば復活するし、ロストした状態でシナリオをクリアしてもゴールドを払えば神殿で復活させることができる。確かにシステムとしてロストは搭載されているが、生き返らせる術は用意されていたのである。こういうアクションゲームにおいて、それまで使っていたキャラが以降使えなくなるなんて困るもんなあ、やっぱり。

▲ゲーム中のメニューから”最初からやり直す”を選択すれば、その章の最初に巻き戻され、失ったキャラも復活する

そのほかの『FE』らしさも見てみよう。代表的なところで言えばやはり”三すくみ”だ。剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強い、というアレだ。『FE』シリーズではこれがとても重要で、敵に対して有利な攻撃をしっかり行うのが攻略の最重要ポイントだった。この要素はしっかりと『FE無双』にも入っており、同じように有利な武器を装備するキャラなら多少のレベル差を覆すほどの強さを発揮する。クラスチェンジも『FE』らしい部分で、キャラを成長させていく感覚は同じと言ってもいいだろう。

音楽は『FE』シリーズのアレンジと『FE無双』オリジナル曲が入っているが、個人的に大きく胸躍るのはレベルアップ時のサウンドだ。あれを聞くと「ああ、いま『FE』を遊んでる!」という気分になれて何だかすごくときめいてしまう。

▲キャラクターを強くさせる要素はいろいろあるのだが、レベルアップがいちばんわかりやすいしうれしいね

やり込み向けとも言えるヒストリーモードは、『FE』の歴史を追体験するような形になっている。このあたりも見た目は『FE』ファン向けに画面もドット絵テイストなマップが表示されたりしているが、中身ががっつりなテイストなので、そこは覚悟してプレイに臨もう。

▲ある程度ゲームが進行すると登場するヒストリーモードは、やり込みユーザー向けであり、『FE』ファン向け

もちろん、あらためて言うまでもなくキャラクターたちも魅力的だ。『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』、『ファイアーエムブレム 覚醒』、『ファイアーエムブレムif』の3作品からの登場となっているが、これらのゲームで戦闘シーンを見るたびに「キャラを自在に動かせたら楽しそうだよなあ」なんて思っていたものだが、それが現実となったのだから興奮するなというほうが無理だ。作品をまたいで別タイトルのキャラが会話したりするのも、ファンからすればニヤニヤが止まらない。

……と、『FE』らしさを満喫したところで、次回は『無双』らしさを確認してみたい。

フォトギャラリー

■タイトル:ファイアーエムブレム無双
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■ジャンル:タクティカルアクション
■対応機種:Nintendo Switch™、New ニンテンドー3DS
■発売日:発売中(2017年9月28日)
■価格 Nintendo Switch™ パッケージ版/ダウンロード版 各7,800 円+税
New ニンテンドー3DS パッケージ版/ダウンロード版 各6,800 円+税


『ファイアーエムブレム無双』オフィシャルサイト
https://www.gamecity.ne.jp/fe/

『ファイアーエムブレム無双』公式Twitter
https://twitter.com/fireemblemmusou

©Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
©コーエーテクモゲームスAll rights reserved.
Licensed by Nintendo

< 1 2