Report

刀剣男士、16振りが出陣! 大熱狂のミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~開催

刀剣男士、16振りが出陣! 大熱狂のミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~開催

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ、過去4作品に出演した刀剣男士・16振りが出陣するミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~が、大盛況のうちに国内公演最終日を迎えた。日本武道館、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナにてそれぞれ2デイズ開催。会場のキャパシティ、出演人数ともに過去最大規模の“祭”となった。審神者(さにわ=刀剣男士の主)たちの期待と熱狂に迎えられた初日、12月8日(金)日本武道館にて行われた公演の模様をレポートする。

取材・文 / 片桐ユウ

「主よ、楽しんでくれたかな? 可愛いヤツめ」

2015年より次々と新作を上演しているミュージカル『刀剣乱舞』。大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原案として、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”の戦いや存在理由にフォーカスを当てた深いストーリーを綴るミュージカルと、“刀剣男士”たちが華やかな衣裳に身を包んで歌い踊るライブの二部構成が話題を集めている人気シリーズだ。

「真剣乱舞祭」はシリーズに出演してきた刀剣男士が一堂に会する大型ライブ。初日の武道館には、約8千人の審神者が“光る蝋燭”と称されるペンライトを持って詰めかけた。

武道館は北がメインステージ、そこからセンターステージがせり出している。スクリーンはメインステージの後ろに3面。左右に2面ずつ配置されており、どの席からも演出効果を見逃すことのないように工夫されていた。

前説には、シリーズ3作目『三百年の子守唄』(2017年)で徳川家康、松平信康の幼年期・竹千代を演じたWキャストの2人(阿由葉朱凌・小島幸士)が登場。少年たちからの諸注意に審神者たちがほっこりしたところで、ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~がスタートした。

最初に登場したのは、にっかり青江(荒木宏文)。灯された蝋燭を片手に持ち、ゆっくりとセンターステージに進み出る。同様にほかの刀剣男士も続々登場。まるで能舞台のような幽玄さを湛えたオープニングだ。

なぜ刀剣男士たちが蝋燭を手にしているのか。それは、本来は真夏に暑気払いのために行う“百物語”を、寒い冬に行うことで「逆に暖かくなるのでは?」という、にっかり青江の提案に皆が乗ったためだ。

寒さに凍えている者、薄着にもかかわらず顔色ひとつ変えない者、季節を問わず脱ぎたがる者……と、様々な様子の刀剣男士だが、それぞれが面白がった結果として真冬の百物語が始まった。

第一話を務めるのは石切丸(崎山つばさ)。内容は小狐丸(北園涼)の伝説。つい先日まで上演されていたシリーズ4作目『つはものどもがゆめのあと』で冒頭を飾った「あどうつ聲」を、小狐丸が朗々と歌い上げる。

第二話を語るのは三日月宗近(黒羽麻璃央)。三条大橋の歴史が語られる中で、新撰組のエピソードとともにシリーズ2作目『幕末天狼傳』(2016年)で勇姿を見せた新撰組の刀剣男士たちがメインステージに立ち、公演では2部のエンディングを飾った「ユメひとつ」を歌い踊った。

次には『三百年の子守唄』から登場した千子村正(太田基裕)が蜻蛉切(Spi)とともに現れ、「脱いで魅せまショウ」をセクシーに熱唱。

続いてシリーズ4作目から登場した髭切(三浦宏規)と膝丸(高野洸)の兄弟が「双つの軌跡~となり~」で卓越したダンス力をアピールした。

……と、ここまでは“百物語”に沿うストーリー展開だったが、この先は三日月宗近の「ここからは趣向を変えてみようか」というセリフを合図に、ライブパフォーマンスがスタート。ライブ衣裳で一層華やかな姿となった刀剣男士たちが、シリーズの2部で歌われてきた楽曲を歌い踊るショータイムの始まりだ。

各シリーズから数曲ずつ、公演に出演したメンバーが披露していく。メインステージからポップアップで刀剣男士が登場するたび、客席から大きな歓声が上がる。公演時のメンバーに新たな刀剣男士が加わったり、当時とは歌うメンバーを替えてのパフォーマンスもあり、新鮮な組み合わせに客席からは悲鳴も上がっていた。

百物語の際は語られる物語が絵巻風にスクリーンに映し出されていたが、ライブパートでは刀剣男士の麗しいアップカットが切り取られる。三日月宗近と加州清光(佐藤流司)がデュエットする「美しい悲劇」では、センタースクリーンとサイドスクリーンで2人それぞれを追って映し出すなど、映像に至るまで美しい構成。

センターステージは“せり”になっており、その上に乗った刀剣男士が日本武道館の全方面に向かって手を振り、2階席の端まで届くようにと歌い上げる姿が眩い。「真剣乱舞祭2017」新曲も披露。刀剣男士の勢いと輝きが存分に発揮されていた。

今剣(大平峻也)と物吉貞宗(横田龍儀)が中心となって振付をレクチャーし、全員でなごやかに歌い踊る「えおえおあ」や、各シリーズに登場した歴史上の人物たちを交えて歌うにぎやかな楽曲ではステージから降りる演出もあり、客席のペンライトやウチワが一層大きく揺れる。

かつての主(=所有者)である歴史上の人物と刀剣男士の交流、縁のある刀剣男士たちの絆が垣間見えるやりとりはもちろん、今まで接触がなかった刀剣男士同士の触れ合いも見どころ。特に、慣れ合わない主義の大倶利伽羅(財木琢磨)が加州清光(佐藤流司)に饅頭を勧められたり、何かと構い倒される場面では、笑いと悲鳴が会場を包んでいた。

シリーズの2部でも恒例となっている、歴史上の人物たちによる和太鼓と、刀剣男士たちが力強く歌い踊る「歓喜の華」「漢道」で、会場のボルテージは最高潮に達した。

ステージいっぱいの刀剣男士たちが去ったあと、再び、にっかり青江が現れる。百物語の最後のひとつを語り始めようとするが、それを「百物語が完成すると本物の妖が出てきてしまう」と、石切丸が静かに止める。

今剣がその間に入り、手を繋いで歌う曲も「真剣乱舞祭2017」新曲。そこに『三百年の子守唄』で歌われた「かざぐるま」が続き、戦装束の刀剣男士たちが次々と現れ歌い継いでいく。歴史と、そこに生きる人間の儚さを見守る刀剣男士の切なさが込められた曲の調べが、感動的に日本武道館に響きわたった。

エンディングはミュージカル『刀剣乱舞』のメインテーマ。ステージいっぱいに刀剣男士が並び立ち、名台詞と殺陣を交えて全力で歌い上げる。決めポーズが決まった瞬間、アリーナを金銀のテープが舞った。

さらにラストは刀剣男士がひと言ずつ挨拶。三日月宗近から「主よ、楽しんでくれたかな?」と問いかけられた客席が元気よく返事をすると、三日月宗近は「可愛いヤツめ」と返し、またしても客席が沸く。そして「必ずまた会おう」との言葉に、鳴り止まない拍手が送られた。

一度、全員ステージから去ったものの、熱気が収まらない会場に応え、再び現れた刀剣男士たち。加州清光が笑顔で「まだまだ主たちと一緒にいたいけど、お手入れがあるから。16振りもいると大変なんだって(笑)。主たちも、帰ったらちゃんと自分のお手入れをして休んでよね」と、締め括った。

ライブパフォーマンスの華やかな楽しさだけでなく、積み重ねてきたシリーズの歴史と刀剣男士の成長、世界観のミステリアスさも感じさせる見応えある“祭”だった。

国内公演の千穐楽は、全国の映画館でのライブビューイングとLIVE配信。12月23日(土)、24日(日)は中国・広州の広州体育館にて中国公演が行われる。

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~

【東京】2017年12月8日(金)~12月9日(土)日本武道館
【大阪】2017年12月12日(火)~12月13日(水)大阪城ホール
【埼玉】2017年12月19日(火)~12月20日(水)さいたまスーパーアリーナ
【中国・広州】 2017年12月23日(土)〜12月24日(日)広州体育館

原案 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
総合演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付・ステージング:本山新之助
振付:TETSUHARU

出演:
三日月宗近 役:黒羽麻璃央
小狐丸 役:北園 涼
石切丸 役:崎山つばさ
岩融 役:佐伯大地
今剣 役:大平峻也
加州清光 役:佐藤流司
和泉守兼定 役:有澤樟太郎
蜂須賀虎徹 役:高橋健介
長曽祢虎徹 役:伊万里 有
にっかり青江 役:荒木宏文
千子村正 役:太田基裕
蜻蛉切 役:spi
物吉貞宗 役:横田龍儀
大倶利伽羅 役:財木琢磨
髭切 役:三浦宏規
膝丸 役:高野 洸
武蔵坊弁慶 役:田中しげ美
源義経 役:荒木健太朗
源頼朝 役:冨田昌則
藤原泰衡 役:加古臨王
近藤勇 役:郷本直也
土方歳三 役:高木トモユキ
沖田総司 役:栩原楽人
徳川家康 役:鷲尾 昇
松平信康 役:大野瑞生
竹千代 役:阿由葉朱凌 / 小島幸士(Wキャスト)
吾兵 役:高根正樹

主催:ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング / ニトロプラス / DMM.com / ユークリッド・エージェンシー)
©舞台『刀剣乱舞』製作委員会

ミュージカル『刀剣乱舞』オフィシャルサイト

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~のLIVE配信+ディレイ配信

【対象公演】2017年12月20日(水)19:00~ 国内最終公演
【LIVE配信開始】2017年12月20日(水)18:30~(予定)
【販売価格】3,600円(税込)
【配信形式】LIVE配信+ディレイ配信
【予約販売期間】2017年12月12日(火)13:00~2017年12月20日(水)20:00
【ディレイ配信期間】2017年12月23日(土)18:00~2017年12月26日(火)23:59
【配信ページ】
DMM動画

※本公演・カーテンコール・特典映像を配信。
※LIVE配信時間は上演開始30分前~終了後1時間程度。
※予約販売期間はLIVE配信当日(12月20日)20時まで。
※ディレイ配信とは、LIVE配信と同映像を後日期間限定で視聴できるサービスのこと。
※ディレイ配信のみの販売はございません。
※詳しい視聴デバイスに関してはサービスサイトをご覧ください。

関連情報:ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~
関連情報:ミュージカル『刀剣乱舞』 ~幕末天狼傳~
関連情報:ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~