Interview

アニメ『Just Because!』は“作れば作るほど創作意欲が刺激される”新たな経験に。OP・EDテーマに加え初の劇伴音楽も担当、やなぎなぎインタビュー

アニメ『Just Because!』は“作れば作るほど創作意欲が刺激される”新たな経験に。OP・EDテーマに加え初の劇伴音楽も担当、やなぎなぎインタビュー

透明な歌声と唯一無二の世界観を持つ、シンガー・ソングライターのやなぎなぎが、オリジナル・アニメ作品の『Just Because!』で、自身初の音楽プロデュースを務めた。OPテーマの作詞と歌唱、EDテーマの作詞作曲、そしてサウンドトラックの作成と、ここまでひとつの作品に音楽制作で深く関わったのは、彼女にとって初めてのこと。インタビューをして話をうかがう中で、かねてからの思いや、音楽クリエイターとしての新たな経験、そしてその喜びが口をついて出てきていた。

取材・文 / 日詰明嘉


登場人物たちの心の揺れを表現した劇伴音楽

やなぎなぎ

TVアニメ『Just Because!』では、主題歌のみならず、初めて劇伴も手がけられているやなぎさんですが、劇伴には以前からご興味があったのですか?

やなぎなぎ ずっとやってみたいとは思っていました。元々物語を読むのがすごく好きで、「星灯りの街灯」という絵本付きのCDを自主制作したこともあって。そこでは物語に沿って音楽がちょっとずつ変わっていくというのものを書いていたこともあり、物語に寄り添う曲をもっと書いてみたいなと思っていたんです。

今回は、劇伴に主題歌にと多岐にわたっていますが、制作はどのように進めていったのですか?

やなぎなぎ まず最初に出来たのが、OPテーマの「over and over」でした。そのあと劇伴について小林敦監督たちと打ち合わせをして、一気に楽曲を作ってから、一部のアレンジを深澤恵梨香さんにお願いして。最後にエンディング曲の作詞・作曲を行ないました。

『Just Because!』という作品の印象はいかがでしたか?

やなぎなぎ 舞台が高校ということもあり、ご覧になる方にも身近に感じられる作品なのかなと思いました。大きな事件が起きるタイプの作品ではないのですが、登場人物全員の心の揺れがだんだんとまとまり、一本の物語になっていくんです。

小林監督とはどんなお話を?

やなぎなぎ これまで私がリリースしてきた楽曲を引き合いにして、「こういう場所にはこんな曲が合いそう」とリストでいただいて、それを見ながらお話を進めていきました。監督や音響監督の明田川仁さんのなかでは生音のイメージが強かったようで、ピアノやギターなどコードがわかる楽器を中心にして、そこにストリングスなどを入れて私っぽい音色を出していこうかなと考えました。キャラクター一人ひとりに音楽を付けるというよりは、いただいたリストをヒントにして、場所の空気感や学園生活を読み取ってもらえたらと。合計で45曲くらい作りましたね。

どこを切り取ってもちゃんと成立するメロディを

普段の曲作りと比べて意識したことは何ですか?

やなぎなぎ 「どこを切り取ってもちゃんと成立する」ということは心がけました。メロディを繰り返すときも微妙に変化を加えて、違う雰囲気のところでも使えるように考えながら作っていきました。どちらかと言うと劇伴の方が自由度が高いと感じられたので、自由に楽しく作っていました。

アバンタイトルは先に楽曲を作って、監督がそれに合わせて映像を作っていかれたそうですね。

やなぎなぎ はい。先に絵コンテをいただいていたので、すごくイメージがしやすかったです。キャラクターがどういう動きをしているのか、文字だけで読むよりも心情が見えてくるので、自分の頭の中でもすごく盛り上がりながら作ることができました。

吹奏楽部の曲はどのように作られたのでしょうか?

やなぎなぎ 打ち合わせのときに、吹奏楽部が野球の応援をするシーンがあるとは聞いていたのですが、私は野球のことをほとんど知らなくて。高校野球の応援歌をたくさん聴いて、それを参考にオリジナルのモチーフを作って。右往左往しつつも、最終的には明るめの王道な感じに収まったと思います。ブラスのアレンジは自分のイメージで打ち込んだものを深澤さんに整えていただきました。

1 2 >