Report

現メンバーでの集大成! 「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉」の熱き戦い、その感動ドラマ

現メンバーでの集大成! 「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉」の熱き戦い、その感動ドラマ

「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉」が12月21日より開幕した。熱戦の関東大会を制し、いよいよ舞台は全国大会へ。それぞれ厳しい自主トレーニングに励んだ青学(せいがく)メンバーの前に立ちはだかるのは、九州大会を制した沖縄・比嘉。はたして無名のダークホースの実力とは……? そして、この比嘉公演は、現青学(せいがく)メンバーにとっては最後の本公演でもある。六角公演より1年。力強く成長した姿をここにレポートする。

取材・文・撮影 / 横川良明

全国の舞台にふさわしいのはどちらか? 激突・手塚vs大石!

いつものとおり、静かに聞こえてくるテニスボールの弾む音。さあ、試合の始まりだ。念願の全国大会、その緒戦の火蓋が切って落とされた。

比嘉は、メンバー全員が沖縄武術の使い手。沖縄武術の縮地法を駆使して対戦相手を翻弄する。そんな彼らは、あの六角に完勝。目の前で敗れ去った佐伯虎次郎(二葉 要)の想いを受け継ぎ、青学(せいがく)は難敵・比嘉に立ち向かう。

この比嘉公演の最大の見どころは、何と言っても青学(せいがく)メンバーの活躍ぶりだろう。しかも、これがこの青学(せいがく)メンバーにとって最後の本公演なのだという文脈を重ねると、その雄姿はますます眩しく、頼もしさとともにほんの少し切なささえこみ上げてくる。

まずは、怪我から復帰した手塚国光(宇野結也)と大石秀一郎(松村 優)の一戦でさっそく涙腺をもろくさせられる。カリスマ型の部長に対し、副部長の大石は温厚で、チームを引っ張るというよりもむしろ陰ながら支えるタイプ。そんな大石がなぜ突然手塚に勝負を挑んだのか。2人の想いがこもったデュエットに、3年間の絆が溢れ出る。

ついに始まる全国大会。それが青学(せいがく)にとってどんな舞台なのか。部長と副部長という2人だから分かち合えるものがある。過剰に言葉を重ねる必要はない。ラリーを交わせば、何を考えているのかなんてすぐわかる。そんな試合模様に、改めて全国に向かう気持ちが高まる。最後の、清々しい、だけどどこかやりきれなさのにじんだ大石の表情も含めて、序盤からいきなり見せ場を作った。

また『テニミュ』にやってきた。そんな喜びが沸き上がる爽快な全国緒戦!

その後の比嘉との戦いも、青学(せいがく)メンバーが溌剌と躍動する姿が印象的だった。追いこまれてからが本当の底力。そんな青学(せいがく)らしさを存分に示したのは、不二周助(定本楓馬)・河村 隆(鈴木雅也)vs 平古場 凜(岩城直弥)・知念 寛(雷太)によるダブルス2だ。必殺の“波動球”を平古場の“飯匙倩(ハブ)”により封じられる河村。平古場は、“波動球”を使えない河村を「木偶の坊」と軽んじる。あれだけ厳しいトレーニングを重ねてきたのに。そんな悔しさに、観客が拳を握った瞬間、不二・河村の反撃が始まる。こうした波乱に満ちた試合展開こそ、『テニミュ』の真骨頂。ハラハラドキドキさせられながらも、気づけば夢中になっている。ああ、また『テニミュ』にやってきたのだという喜びが胸いっぱいに充満する。

菊丸英二(永田聖一朗)と甲斐裕次郎(吉澤 翼)によるシングルス2も感涙だ。ずっと大石との黄金(ゴールデン)ペアで戦い抜いてきた菊丸にとって初めてのシングルス。大石がレギュラーから降りた今、菊丸はひとりで戦うよりほかない。ずっと大石と一緒に戦うためだけに、ハードなトレーニングを積んできた。そんな菊丸がたったひとりの戦いで見せた姿とは……。

コートの上でひとりボールを追いかける菊丸を見ていると、改めて絆というものの強さを考えさせられる。人は、ひとりでは強くなれない。共に戦いたい相手がいるからこその成長を、菊丸は見せてくれる。目にも止まらぬ菊丸印のステップや片手側転など身体能力の高さは今回も健在。変わらぬチャーミングな菊丸スマイルとともに、しっかりと目に焼きつけておきたい。

また、このシングルス2では大胆な演出が用いられ、演劇的な面白さも抜群。その驚きの演出に最初はただただ見とれ、そして次第に身体の奥底から沸々と興奮が沸き上がってきた。ミュージカルの良さ、演劇の良さ、生の良さ、いろんな魅力が凝縮した名場面だ。高揚感みなぎるナンバーとパフォーマンスにしかと酔いしれよう。

手塚がついに本領発揮! 今の青学(せいがく)の集大成がここに

怪我からの復帰戦となった手塚と木手永四郎(武藤賢人)の部長対決も注目の一戦だ。「殺し屋」の異名をとる木手は手塚を挑発。全方位に縮地法を使えるという驚異のバランス感覚で手塚から大量のリードを奪う。

この部長対決で見えてきたのは、青学(せいがく)、比嘉という両校のカラーの違いだろう。勝利への執着が強く、勝つためなら手段を選ばない木手。傲岸不遜な態度を貫き、時には反則スレスレの行為にまで出る、悪役感の強いキャラクターだ。対する手塚は、テニスに対してどこまでもストイック。クールで、規律を重んじ、愛するテニスを冒涜する行為はたとえ誰であっても決して許さない。好対照の2人だから、その決戦も盛り上がる。

手塚にとっては、久々の試合。演じる宇野にとっても、実は初の試合となる。そこで見せるのは、左肘を怪我して以来、封印していた本当の実力。原作、そして1st、2ndと描かれてきた「百錬自得の極み」を宇野がどう演じるか。本公演最大のクライマックスだけに、ぜひ注目していただきたい。

先述したとおり、越前リョーマ役の阿久津仁愛(にちか)を除いて、ほかの青学(せいがく)メンバーにとっては、これが最後の公演となる。だが、そんな湿っぽさは露ほどもなく、むしろどこか晴れやかでさえある。それが、この公演の特徴のひとつと言えるのかもしれない。普段は控えめな河村が見せた男の意地には思わず喝采を上げそうになったし、それを支える不二の天才ぶりは有無を言わさぬカッコよさ。大石と菊丸の友情は微笑ましく、今回から新たに不知火知弥(園村将司)と新垣浩一(松井遥己)が登場したことで、乾 貞治(加藤 将)と海堂 薫(牧島 輝)の試合シーンが加わったことは、ファンにとっても嬉しいところ。

そして何よりラストのリョーマと手塚のやりとりが、一層深い意味合いを帯びているようで胸にグッとくる。「お前は青学の柱になれ」──『テニスの王子様』を愛する人なら誰もが知るこの約束。手塚の圧倒的な実力を目の当たりにしたリョーマは、改めてこの言葉を思い出し、闘争心に火をつける。受け継がれてきたもの。そして受け継いでいくもの。いろんな意味が、そこに含まれているような気がした。

卒業は来年春の予定だが、コートに立ち、ボールを追いかける彼らを見られるのはこれが最後。ぜひ今しか見ることのできない青学(せいがく)メンバーの集大成を多くの人に見届けて欲しい。

冬の寒さを吹き飛ばす熱い試合を届けられたら

ゲネプロ終了後の囲み会見には、越前リョーマ役の阿久津仁愛(にちか)、手塚国光役の宇野結也、木手永四郎役の武藤賢人、幸村精市役の立石俊樹が登壇。それぞれ観客へのメッセージを語った。

阿久津仁愛 今回の青学(せいがく)vs比嘉は冬の公演となりますが、この寒さを吹き飛ばせるくらい熱い試合を届けられたらと思います。たくさんのドラマがあるので、何回も何回も観に来て、ひとりひとり目で追っていただきたいです。それくらい本当にいい作品なので、ぜひお越しください。

宇野結也 今回の公演で、今の僕たち青学(せいがく)が本公演ラストとなります。ですが、悲しいということではなく、今まで培ったものを存分に活かして、青学(せいがく)らしく熱くて爽やかな風を起こせるように42公演全力を尽くしてまいります。

武藤賢人 今回、比嘉公演は新しい演出も加わり、見どころのいっぱいある公演となっています。木手と手塚の対決にもぜひ注目してもらえたら。

立石俊樹 いつも応援してくださるみなさん、本当にありがとうございます。今回も来てくださるみなさんに楽しんでいただけるように、そのためだけにみんなで稽古に取り組んできました。最後まで新鮮に演じて、いろんなものを伝えられるように取り組んでいきますので、応援よろしくお願いいたします。

東京公演は、12月24日までTOKYO DOME CITY HALLにて上演。そこから大阪、福岡、愛知、宮城と巡って、2018年2月8日より東京凱旋公演がスタートする。痛快爽快な試合の連続であるこの「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉」。あなたの心を掴むのは、果たしてどのプレイだろうか。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉

【東京公演】2017年12月21日(木)~12月24日(金)TOKYO DOME CITY HALL
【大阪公演】2017年12月28日(木)~2018年1月7日(日)大阪メルパルクホール
【福岡公演】2018年1月13日(土)~1月14日(日)福岡サンパレス ホテル&ホール
【愛知公演】2018年1月19日(金)~1月21日(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【宮城公演】2018年1月27日(土)~1月28日(日)岩沼市民会館 大ホール
【東京凱旋公演】2018年2月8日(木)~2月18 日(日)TOKYO DOME CITY HALL

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ コミックス刊)

出演 :
〈青学(せいがく)〉
越前リョーマ 役:阿久津仁愛
手塚国光 役:宇野結也
大石秀一郎 役:松村 優
不二周助 役:定本楓馬
菊丸英二 役:永田聖一朗
乾 貞治 役:加藤 将
河村 隆 役:鈴木雅也
桃城 武 役:吉村駿作
海堂 薫 役:牧島 輝
堀尾聡史 役:相馬眞太
加藤勝郎 役:奥井那我人
水野カツオ 役:畠山紫音

〈比嘉〉
木手永四郎 役:武藤賢人
甲斐裕次郎 役:吉澤 翼
平古場 凜 役:岩城直弥
知念 寛 役:雷太
田仁志 慧 役:高田 誠 ※田仁志 慧の「慧」は旧字体
不知火知弥 役:園村将司
新垣浩一 役:松井遥己

〈立海〉
幸村精市 役:立石俊樹
真田弦一郎 役:田鶴翔吾
柳 蓮二 役:井澤巧麻
仁王雅治 役:後藤 大
柳生比呂士 役:大隅勇太
丸井ブン太 役:大薮 丘
ジャッカル桑原 役:川﨑優作
切原赤也 役:前田隆太朗

〈六角〉
佐伯虎次郎 役:二葉 要

主催:テニミュ製作委員会
協賛:ファミリーマート

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs比嘉 大千秋楽ライブビューイング

【開催日】2018年2月18日(日)18:00開演
【会場】全国の映画館 ※開場時間は各映画館によって異なります。
【料金】3,600円(全席指定/税込み)

詳細はこちら

ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Party RIKKAI 開催

2018年4月5日(木)~4月8日(日)日本青年館ホール
【チケット一般発売日】2018年3月11日(日)10:00~

【出演キャスト】
幸村精市 役:立石俊樹
真田弦一郎 役:田鶴翔吾
柳 蓮二 役:井澤巧麻
仁王雅治 役:後藤 大
柳生比呂士 役:大隅勇太
丸井ブン太 役:大薮 丘
ジャッカル桑原 役:川﨑優作
切原赤也 役:前田隆太朗


オフィシャルサイト

テニミュ・モバイル

©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会


関連書籍:コミック『テニスの王子様』

コミック『テニスの王子様』29巻

著者:許斐 剛
出版社:集英社