POP UP GIRLS!  vol. 1

Interview

横山ルリカ

横山ルリカ

見た目のやわらかさからは想像できないような力強いボーカルで、これまでも順調にソロ活動を行ってきた横山ルリカ。今秋アイドリング!!!を卒業し、ソロの道に専念する彼女の第一歩となるのが、12月16日発売のニューシングル「SHUT YOUR MOUTH!!!!!!」だ。ヒャダインこと前山田健一プロデュースによる本作は、アーティストとしての存在感が光る1作となっている。

撮影/塚原孝顕 文/高木“JET”晋一郎


1_T64036#

新作「SHUT YOUR MOUTH!!!!!!」は、横山さんのソロデビュー作「Walk My Way」や、「Your Voice,My Life」をプロデュースした、前山田健一さんとのタッグ作ですね。そして、今作からはアイドリング!!!の横山ルリカではなく、ソロアーティストとしての横山ルリカとして活動することになりますね。

前山田さんにも、“アイドルじゃなくて、1人の女性ボーカリストとしての楽曲を作りたい”っておっしゃっていただいて。そう言っていただいて、そこで“そうか、今は一人になったんだな”って改めて感じましたね。それまで、あまり卒業したっていう実感がなかったから。

「Your Voice,My Life」など、前山田さんが横山さんに提供する曲はスキルが求められる曲が多いですが、「SHUT YOUR MOUTH!!!!!!」も、非常に難しい、テクニカルな曲になってますね。

声の量がとにかく多いんです! 仮歌を聴いたときも“どこを私が歌うんだろう”って思うぐらい、メインの他にもコーラスやハモリが多くて。ヒャダインさんからは『ウルサイぐらい横山さんの声を入れましょう』ってディレクションしていただいていたんですけど、録ったのを聴いても、自分でも笑っちゃうぐらいでした。“私の声、多いな~”って(笑)。コーラスもですけど、フェイクの部分も自分で考えたりしたんで、ちょっと緊張もしたし、“こんなに私の声を入れていいんですか?”って。

フェイクもご自分で考えられたんですね。

“じゃあ歌ってみて”って言われて、自分で音に合わせてフェイクしたパートもあります。仮歌で既に決められたラインじゃなくて、自由に歌ってって言われるのは初めてだったし、その第一声はホントにドキドキしました。

その意味では、ボーカリストとしての横山ルリカの部分が強く出る事になりますね。

だから変な緊張感がありました。“前山田さんやスタッフさんが見ている前で、全然使い物にならないようなフェイクが出ちゃったらどうしよう……”とか、“こんなにCD出してるのに、フェイクもできないの?”って思われたら嫌だな~って(笑)。そういう緊張感もあったし、やっぱり自分でフェイクを考えるのって、照れる部分もあるから、そういう自分の壁を破るのが大変でした。

歌詞も横山さんを想定して書かれていると思える部分が多いですね。

そうですね。特に2番のAメロの部分は、私のことを意識して書いてくださったんだなって。アイドリング!!!のときも“真面目”とか“優等生”って言われてきたし、“それじゃつまらない”とか、“違うキャラでやってみれば?”って言われたりもして。それで悩んだ時期もあったけど、でも、無理にキャラを変えたりしても、結局それは自分じゃないから、本末転倒になっちゃうと思うんですよね。だから、“真面目な自分でいい!”って開き直ったし、そういう自分を貫いてきて、今はよかったなと思えるんです。その気持ちをわかってくださってて、歌詞にも書いていただけたのは本当にうれしくて。

ゼロから競馬を勉強して、『競馬予想TV!』のMCを獲得したのは有名ですが、今でもBlogで競馬に関することを細かく書かれてて、その研究熱心さは本当に真面目だなって。

勉強したり研究したりすると、“その先”に繋がっていくじゃないですか。それが楽しいんです。予習したり研究したりしないで、なにかに向かったりすると、不安になっちゃうし、気持ちがあまりよくない。テストも3秒前まで教科書を読んでるタイプです(笑)。歌も本当は自信があまりないし、昔ほどじゃないけど、やっぱり苦手意識はあるんです。でも、練習したり、ステージに立っていろんなことを学ぶことで、“こう歌えばうまく歌える”ってことがわかったりするじゃないですか。それが楽しいんですよね。

そしてC/Wの「プレゼント」は横山さんの作詞ですね。その意味では、自作詞はコンスタントに形にされていますね。

今回で4曲目になりますね。私自身はスガシカオさんの歌詞が好きですね。美しいことも書くけど、日常にある嫉妬心みたいなものもそこに入ってきたりして。でも、それが心にスッと入ってくるんですよね。そういう歌詞が書けるようになったらいいなって。

自分の中の疚しさも含めて、というか。

「Re-Start」(アルバム『ラピスラズリ』収録)とかは、そういう部分を意識して。それをもっと日常に近いナチュラルな形で、もっとリアルに書いていいのかなって思いますね。

「プレゼント」はクリスマスソングですが、今年のクリスマスのご予定は?

リリースイベントがあります。それから、12月27日の有馬記念は、私の大好きなゴールドシップの引退レースなので、多分そのことを考えてると思います。……あまり色気がないですけど(笑)。

では、クリスマスに何かひとつもらえるとしたら?

もっと大きな“脳”が欲しいですね。私、記憶力は悪くないと思うんですけど、すぐ覚えるけどすぐ忘れちゃうタイプなんですよね。記憶の新陳代謝が激しすぎて、古い記憶を忘れちゃうのにうんざりしちゃうぐらい。そうすると、薄情な人間に思われるんですよね、“え!あのこと忘れちゃってるの!?”って(笑)。だから、古い記憶を保存しておける、もう一つの脳が欲しいです。

最後に、2016年は横山ルリカにとってどんな1年にしたいですか?

アイドリング!!!を卒業したけど、自分のスタンスがガラッと変わったわけではないし、今まで自分が頑張ってきたことが、自ずと、この先の道に繋がって行くと思うんですよね。だから、今までの延長線上でできることがあるのかなって思うし、今までの経験を基に、着実にキャリアを積み上げていけるかが、2016年の鍵だと思います。タイプ的にも、バタバタすると何も得られないと思うんで、今までの活動を大事にして、一歩一歩、しっかりとステップを上れるような1年にできればいいですね。

横山ルリカ

yokoyama_tsujo_p

ヨコヤマルリカ/1991年9月27日生まれ、神奈川県出身。血液型O型。10月にアイドリング!!!を卒業。ソロアーティストとしての新たな一歩でもあるニューシングル「SHUT YOUR MOUTH!!!!!!」が12月16日発売。リリースイベントなどのスケジュールはオフィシャルHPをチェック。

オフィシャルサイト http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024389.html

vol.1
vol.2