Interview

【インタビュー】林原めぐみ、“奇跡”となった1stライブを語る─「〈考えること〉が大切なんだよって伝えたかった」

【インタビュー】林原めぐみ、“奇跡”となった1stライブを語る─「〈考えること〉が大切なんだよって伝えたかった」

ライブ本編は岡崎さんの曲ではじまって、岡崎さんの曲で終わろうと

「お客さんのため」を謳った過剰に親切なライブって、お客さんが考えるきっかけを奪っているかもしれないわけですよね。でも今回のライブ演出は、サンドアートでリアルタイムに背景が描かれていったり、『昭和落語心中』のパートに入るタイミングで落語家が登場するなど、斬新な演出と共に提供されるパフォーマンスはある意味とてもサービス精神に則ったエンターテイメントだったと思いました。どのようなイメージで構成や内容をくみ上げていったのでしょうか?

林原 『with you』を出したばかりだったので、岡崎律子さんの楽曲を中心に据えたライブにしたいとは思っていて。だからライブ本編は岡崎さんの曲ではじまって(「夢を抱きしめて」)、岡崎さんの曲で終わろう(「青空」)と思っていたんです。そして私がキャラクターを演じた数ある作品の中で、キングレコードさんの作品の中からセットリストは選ぼうと。だから岡崎さん声のコーラスではじまる『ミンキーモモ』からはじめて、まずモモが来てくれたから、あとは芋づる式に「じゃあ次はこの子かな? そして次はこの子で……」と繋がっていきました。最後は岡崎さんの歌を歌って、「青空」に入っている岡崎さんのコーラスが鳴り響く中でライブを締めてもらって、綺麗に終わったかと思いきや……リナ=インバースに遅刻してきてもらって『スレイヤーズ』ナンバーでアンコールをかき回してもらうっていう(一同笑)。リナをライブの本編に持ってきちゃうと、あまりにもキャラが強すぎて彼女が全部持って行っちゃうんですよ。あと、彼女は自分が中心にいないと気が済まない人だから(笑)。

本当にあらゆる部分で林原さんの考え方や思いが注ぎ込まれたライブだったんですね。

林原 逆に言うと、1stライブだし他のやり方を知らなかったとも言えますね(苦笑)。でも今回ライブをやってみて、昔のアルバム制作を思い出しました。毎日アフレコでスケジュールがびっしりだった最中に、作詞して、レコーディングして、トラックダウンにまで立ち会っていて。アルバムが完成した後の「“林原めぐみ”本当によくやってるよね」と思った感覚を久しぶりに味わったなぁって。ただ、その頃よりも今の自分とこの映像の中の“林原めぐみ”には距離を感じますね。こんなに遠い感覚ははじめてかもな……。演出アドバイザーに藤沢文翁さんに入っていただき、サンドアートのアドバイスなどは頂きましたけど、曲順から、台本から、衣装から、タイミングなど、ここまで自分でトータル・プロデュースをして、自分でやりきったことってなかったので。

今までの自分の仕事のやり方が凝縮されたようなライブだったなって思います

本当に最初から最後まで、はじめての体感に彩られたライブでした。これまでのどの声優さんのライブとも違う、声優・林原めぐみらしさに溢れたライブと言いますか。

林原 私は声優だからこそ、ここまで時空を飛び回るようなライブにすることができたのだと思うんです。生身の演者さんでは年齢・性別・性格・時代などいろいろな概念を次々と超えてライブをするのは難しいと思う。私はSNS系をほぼやっていないんですけど、友だちがWOWOWで放送されたときにファンのみんながSNSでリアクションしてくれている内容を教えてくれたんですよ。「さっきまでピンク・フリルの衣装で踊っていた人と、この青のドレスで歌っている人は同じ人なんだぜ」なんて書かれてるよと(一同笑)。確かに、セーラーを着て「幸せは小さなつみかさね」なんて歌っていたのに、すぐあとで妖艶な衣装をまとって同じ人が登場するようなライブ、普通ではないよなって気づいて(苦笑)。ここまで次々とイメージの跳躍ができるのは、声優という仕事の特権でもありますし、ある意味では真骨頂ともいえるかもしれませんよね。

昔から“憑依型”と仰られてきた芝居のスタンスは、ライブでも同じでしたね。

林原 そうなんですよね。やってみて初めて分かったけど、今までの自分の仕事のやり方が凝縮されたようなライブだったなって思いますね。

“1st LIVE”と銘打たれているわけですが、2nd ライブを期待しても……?

林原 今は、このファーストライブが、どうみんなの中で育っていくかを見守りたいと思っています。今後やるかどうかもまったく分かりません(笑)。なので、あまり期待しないでお待ちいただいた方が良いと思います。でも、待っていてくれる人がいるんだってことを、今更ながら痛感しました。申し訳ない……。本当に「人生、生きていると何が起きるかわからない」って思いますね。みんなも、思ってくれたんじゃないかな……。

思いました。まさか林原さんのワンマン・ライブがこうしてパッケージになる日がくるとは夢にも思っていなかったので。

林原 次はいつかはわかりませんけど、また来るかもしれないその日のために、林原さんのライブのことをたまに忘れたり、たまに思い出したりしてくれたらうれしいです。この映像作品としてのライブを観て、「林原めぐみさん」を通して、過去も、未来も含めて、今の自分と向かい合ってあげる時間も作ってくれたらうれしいです。

関連リンク

林原めぐみ オフィシャルブログ

林原めぐみ アーティストサイト