黒選!メディアコンテンツ研究家・黒川文雄がテーマで選ぶ 3+1  vol. 25

Column

2018年 新たな展開に目が離せないゲームタイトル3+1選

2018年 新たな展開に目が離せないゲームタイトル3+1選

2017年はVR(バーチャルリアリティ)の話題とともに、AI(人工知能)についても多くの話題がメディアを賑わした年でした。 将棋界では電王戦でponanzaが38戦全勝を決め、大いに話題になりました。自動車の分野では自動運転技術のAI化が進み、東京のお台場では無人カーによる実装実験も2017年2月に実施されました。近未来だと思われていた技術が、ひたひたと実現に近づいて来ているのかもしれません。

マシン(ロボット型)と人との会話もAIによって進化しつつあります。今はまだスマートスピーカーの揺籃期(ようらんき)ですが、近いうちにAIを備えた新しいカタチのアンドロイド(人間に似せたロボット)が登場するかもしれませんね。

「人間に似せたもの」といえば、古くは「ピノキオ」という童話が思い出されます。「ピノキオの冒険」は1883年にイタリアのカルロ・コッローディが書き上げた作品です。
ジュペット(ゼペット)じいさんが木材を加工して出来た人形ピノキオは言葉を喋ります。ピノキオは勉強が嫌いで、嘘をつくと鼻が伸びてしまいます。
しかし、様々な困難を乗り越える内に「人間になりたい」と考えるようになり、一生懸命勉強をして人間になるという物語です。
まるで、AIの自己学習とアンドロイドの原型のようなお話です。

また、1968年にはアメリカのフィリップ・k・ディックが「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」というSF小説を書き上げています。この小説から生まれた映画で有名なのは1982年公開、ハリソン・フォード主演の「ブレードランナー」です。
残り短い寿命を持つレプリカントの反抗と、それを追いかけるデッカードの物語です。昨年、この続編「ブレードランナー2049」が公開され、1982年当時と同じレイチェル(CG技術によって再現)や年老いたデッカードが登場したことで話題となりました。

ということで、2018年の最初の「黒選」では、今年登場するAIとアンドロイドを題材にした新作ゲームからはじめて、今年注目すべきゲームタイトルを合計4本紹介します。

ではどうぞ!


それは3体のアンドロイドの物語、「デトロイト ビカム ヒューマン」

2018年春発売予定の「デトロイト ビカム ヒューマン」(Detroit: Become Human)。
対応ハードは、プレイステーション®4を予定しています。本作品は昨年の東京ゲームショウ2016でもメイン展示されており、そのディスプレイ展示は人間なのか実物大フィギュアなのか見まごうばかりのものでした。

主人公は家政婦アンドロイドのカーラ、捜査官のコナー、革命を主導するマーカスの3人です。このゲームは直面する問題に対してアンドロイドが自らの意思で行動するか?をプレイヤーに委ねるというものです。
ゲーム内では人間から受けた命令を実行するだけでもストーリーは進みますし、拒否する事でも進みます。しかし、その決断によって迎える事象が、問題を攻撃的にも保守的にもする事が可能な選択型アドベンチャーとなっています。
それゆえ、あたかも現実で起きる普段の自分の私生活を選択しているかのような錯覚に陥ります。次々と起こる連続した事象が複雑に絡まって、最後に導き出す答えが不幸な結末か?幸せな結末か?それをプレイヤー自信が選択するのです。
これまでいくつものマルチエンディングというゲームが作られてきましたが、これほど複雑に事象が分岐し迎える結末が分からないゲームは無かったのではないでしょうか。

今作は複雑に分岐する物語のため、ゲームシステムに分岐フローチャートも実装されています。
このシステムは1996年12月26日にPC98版で発売された「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」に似ているかもしれません。
A・D・A・M・S(アダムス・オート分岐マッピング・システム)というもので、現実世界はいくつも分岐する並列世界で出来ているという解釈の元、プレイヤーが時間を移動しながら分岐するルートを選択するというゲームでした。この並列世界を旅するという概念がまだ一般的でなかった時代に登場した事で、新しいSFの世界を築き上げた伝説的アドベンチャーゲームです。
「デトロイト ビカム ヒューマン」は並列世界ではありませんが、キーワードは「プレイヤーの選択次第」という事です。あなたの決断が3人・・・それとも3体の…?アンドロイドの結末を決めるのです。

正式な発売日は決定していませんが、気になる方はオフィシャルサイトから情報をチェックしてみてください。

タイトル:Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)
発売日:2018年春
ジャンル:アドベンチャー
ハード:プレイステーション®4
販売形態:パッケージ版/ダウンロード版
定価:未定

1 2 3 4 >
vol.24
vol.25
vol.26