Report

恋する魅惑のステージ!『アンプラネット―Back to the Past!―』開幕。三日月の青羽 要も登場

恋する魅惑のステージ!『アンプラネット―Back to the Past!―』開幕。三日月の青羽 要も登場

地球上のビジューのみなさーん、お待たせしました! いよいよ『アンプラネット―Back to the Past!―』が開幕です。今回、アンプラネットが降り立ったのは、品川プリンスホテル クラブeX。さらに、ここにあの三日月の青羽 要さまが登場するというのだから、ビジューもアムールも興奮必至。そんなドキドキのステージの模様をたっぷりお届けします。

取材・文・撮影 / 横川良明

1年分のトキメキと幸せを味わえる奇跡のステージ

アイドルを応援する。それだけで、心はどうしてこんなに満ち足りた気持ちになれるのでしょう。春の陽だまりのように心地よく、夏の海のようにきらめいて、秋の紅葉のように神秘に満ち、冬の暖炉のように温かい。そんな1年分のトキメキと幸せを味わえる奇跡のステージ。それが、『アンプラネット―Back to the Past!―』です。

今回も、アンプラネットの法律スレスレの可愛さは最初から200パーセント全開。姉・ポミィの魂をすくい上げるべく、時空を超えた冒険の旅に乗り出すセシィたちの奮闘がテンポよく描かれていきます。

そこに、アイドルのための特別授業にやってきた要さまや、その熱烈なファンたち、さらに超ハイテンションな外国人カップル、ジェームズ(川上将大)とジェニファー(KIMERU)が混ざって事態はややこしいことに……。

特にジェームズとアンプラネットの絡みはつい一緒にツッコミの声を上げたくなるくらいユーモラス。ジェニファーにぞっこんのジェームズのせいで、アンプラネットの計画は大混乱。いつもはクールなセシィが意外な顔を見せたり、窮地に立たされ慌てふためく3人のやりとりに自然と頬が緩みます。

ポミィとの友情もしっとりと描かれて、緩急のバランスもちょうどいい感じ。ライヴだけでは覗けない横顔を存分に満喫できます。

アイドルだけにしか使えない魔法。魅惑のライブパフォーマンス!

そのうえで、あえて断言するなら、やはりアンプラネットの真骨頂はライブ! 今回も、充実のセットリストでビジューを楽しませてくれます。

リーダーのポミィはステージに立つとアイドルオーラが無限インフレーション。嫉妬も憎しみも破壊衝動も、世の悪感情のすべてを浄化してしまいそうなマイナスイオンスマイルは、擦り切った私たちの心には癒し効果がありすぎ。どんなアロマセラピーよりも疲れた心身を優しくほぐしてくれます。それでいてダンススキルはメンバー屈指! ひとつひとつの振りの型もバッチリと決まって、見ていて気持ち良くなるのがポミィのダンスです。

そしてセシィはよりセクシーに。アンプラネットの楽曲には、前方を指差す振付が多く用いられているのですが、そのときの眼光の色っぽさと言ったら、背後に青い薔薇が見えるよう。エキゾチックな大人フェロモンをむんむんまき散らし、ビジューを虜にします。それでいて、普段滅多に笑わないセシィが合間にふっと見せる目尻を垂らした優しい笑顔は、包容力たっぷり! この振り幅もセシィの魅力です。

さらにマーニィ&サティのツインズダンスは、オモチャ箱の人形が踊り出したような愛らしさ。マーニィもサティも口を大きく広げて笑うところがたまらなくキュート。こぼれそうな瞳を爛々と輝かせて踊るマーニィに、くるくると表情豊かに腕を広げるサティ。どちらも思わず頭を撫でたくなるようなキッズ感もあって、私がIUCNなら今すぐ国際保護動物に認定するレベル。人類の貴重な財産として、大事に愛でたい所存です。

もうこれだけで幸福感でお腹いっぱいになりそうですが、アンプラネットだけじゃないのが、このステージの恐ろしくも嬉しすぎるところ。フレッシュなアンプラネットとはまたひと味違うアダルトな香りを振りまいてくれたのが、青羽 要さま。あまりに似合いすぎる貴公子風の衣裳を身にまとい、風を切るように颯爽と現れると、ステージを完全支配。陶器のような白い肌に必殺の流し目で、泣く子も黙る、いや、黄色い声を上げてしまう勢いです。

しかも今回は、要さまプロデュースの新ユニットを従えての登場だから、ステージも一層華やかに。塩系フェイスにヤンチャさが残る浅黄 宵、小柄ながら元気いっぱいの青羽 朔、平安風の顔立ちが上品さを醸し出す赤河 望と個性はそれぞれ。ここから新たな推しが見つかる人も多いのでは。

ほかにも、新たなパートナーを得てダブルワークも登場! あのネジ巻き式のオルゴール人形のようなダンスを、また楽しめます。無表情で踊るポミィには、アンプラネットの楽曲とはまた違う魅力が。曲ごとに新鮮な顔を楽しめるのも、ライブならではの醍醐味です。

アイドルを応援する。それだけで、心はどうしてこんなに満ち足りた気持ちになれるのでしょう。たとえ嫌なことがあっても、この時間だけは全部忘れて笑顔でいられる。また会える日が恋しくて、それまで頑張って毎日を過ごそうと思える。アイドルを応援する、という行為そのものが、何でもない日常をほんの少し特別に変えてくれるのです。

この魔法はアイドルだけにしか使えない。この日を楽しみにしているビジューのみなさんも、まだこの魔法の威力を知らない人も、心して品川プリンスホテル クラブeXへ。『アンプラネット―Back to the Past!―』は1月14日まで上演。今年最初の、そしてもしかしたら今年最高のハッピーを、アンプラネットがあなたに届けてくれるはず。

『アンプラネット―Back to the Past!―』

2018年1月5日(金)~1月14日(日)品川プリンスホテル クラブeX

STORY
日音(かのん)の中に眠る姉・ポミィの魂をすくい上げるべく、日々奔走するセシィら弟たち。
ある日、目の前の男の腕に見覚えのある石が!?
考えたセシィたちは秘蔵のオーパーツを使って強奪を試みるが、気づくと見知らぬ異国の地に降り立っていた!
何故か絡んでくる3人組や顔の濃い外国人をどうにかして、セシィたちは石を奪還できるのか!? そして無事に元の場所に戻ることができるのか!?

脚本・演出:亀田真二郎(東京パチプロデュース)
音楽:大石憲一郎
作詞:うえのけいこ
出演:
福島海太 井阪郁巳 松田将希 Ibu/川上将大/
吉高志音 大野紘幸 川村玲央/
畠山 遼/
KIMERU

オフィシャルサイト