玉木宏『悪と仮面のルール』での驚異の役作りとロケを述懐、デビュー20周年を迎えた今の想いを明かす