POP UP GIRLS!  vol. 3

Interview

東京女子流 TOKYO GIRLS’ STYLE

東京女子流 TOKYO GIRLS’ STYLE

東京女子流が5枚目となるオリジナルアルバムを完成させた。BLU-SWINGの中村祐介をメインアレンジャーに迎えた本作は、これまでとはまた違ったテイストの楽曲たちによって構成されている。どんどん進化していく東京女子流から目が離せない。

撮影/干川 修 文/永堀アツオ 衣装協力/バブルス ハラジュク
http://shop.bubbles-sawthecity.com


pug_tgs_01

デビュー5周年を迎えた2015年5月にリリースされたベストアルバム『キラリ☆』をはさんで、オリジナルとしては前作『Killing Me Softly』から1年半ぶりとなる通算5枚目のアルバム『REFLECTION』がリリースされます。まず、ニューアルバムが完成した感想から聞かせてください。

山邊  これまではずっと、松井寛さんのブラック系のサウンドで攻めてたんですけど、今回はメインアレンジャーとして、BLU-SWINGの中村祐介さんにお願いしたので、明るめで等身大の曲がつまってて。

中江  今までよりも明るくてさわやかでフレッシュな曲が多いですね。歌詞もこれまでは背伸びをした大人っぽい内容が多かったんですけど、今回は私たちの年代の女の子もわかる言葉が多いんじゃないかと思います。

新井  失恋の曲が多かったし、あまり明るめの曲をやってこなかったんですけど、今回は前向きで、背中を押すような楽曲が入っているので、女子流のファンの方はきっとびっくりすると思うんですね。そういう意味では、これまで応援してきてくれた方には、新しい女子流を感じてもらえると思いますし、学校や卒業、友達をテーマにした曲が多いので、同年代の子にも聴いてもらいたいアルバムになってます。

庄司  今回のアルバムをきっかけに、新しい人とも出会えたらいいなと思ってて。まだ女子流を聴いたことのないという人も聴きやすいアルバムになっているので、このアルバムから入って、松井さんのサウンドまでさかのぼっていってもらって、女子流を応援してくれる人がもっともっと増えればいいなと思いますね。それに、みんなが言ってるように、歌詞もいままででいちばん自分たちに近くて、自分たちが聴いても共感できる曲が多いので、同年代の、特に女の子に発信していくことができたらいいなと思います。今の私たちにしか伝えられない等身大の歌詞が込められているアルバムになったと思います。

中江  今までよりもさわやかでフレッシュな曲調が多いし、歌詞も背伸びをしていない、私たちの年代の女の子がすぐにわかる気持ちが書かれていて。今までの女子流とはガラリと変わったので、ずっと応援してきてくれた方は驚かれると思うんですけど、(山邊)未夢の作詞曲や(庄司)芽生のソロ曲、私がラップに挑戦した曲もあったりと、盛りだくさんなアルバムになっているので、これを聴いて、さらにハマってくれたらうれしいなと思ってます。

ファンクをベースにした女子流サウンドからフレンチエレクトロ寄りのポップなダンスミュージック系に大きく方向性を変えることに戸惑いはなかったですか?

庄司  最初はありましたね。曲を聴いても、女子流っぽくないなと思ったし、今まで応援してくれてた方が聴いたらどう思うのかな? っていう不安があったんです。でも、実際に歌ってみたら、すごく楽しくて、みんなが大好きな曲ばかりになっていって。

山邊  私も普段から聴いてる音楽に近い、個人的に好きなサウンドなので、5年目にして、ついに女子流で歌えるんだっていううれしさがありましたし、デモをもらったときにテンションが上がりましたね。今回のアルバムのようなEDM系のフューチャーハウスはまだ日本でやっている人が少ないって聞いたので、アルバムを聴いて、新しい音楽だなって感じてもらえるのもいいんじゃないかなって思いました。でも、これまでと違うからこそ、歌い慣れてなくて、苦戦した部分もあるんですよね。明るいアルバムなんですけど、みんな泣きながらレコーディングしたくらい難しくて。

苦戦した部分というのはどういう点でした?

中江  例えば、「Dear Friend」はジャズ系の曲調で、裏取りのリズムがなかなかつかめなかったんですね。でも、ディレクターさんに「5年もやってきてできないっていうのはない」って言われて。厳しい中、すごいスピードで録っていったんですけど、難しかったぶんだけ、アルバムが完成したときには達成感があったし、すごくうれしかったですね。

新井  私は難しかったけど、あっという間に感じるくらい楽しくて。なんというか、レコーディングブースに立つときの気持ちから違うんですよね。これまでの女子流サウンドは低いところからしゃくることが多かったんですけど、上から入っていく感じなので、ノリノリで歌えるんですよ。それに、歌詞の意味も理解しやすいっていうのも大きいと思います。

確かに歌詞はとてもわかりやすくなりましたよね。その中でもみんなが特にお気に入りの曲を挙げるとすると?

山邊  どうしても選べないくらい、全部の新曲が好きなんですけど、4人全員が一致して好きなのは、「White Snow」ですね。まず、季節感のある歌がきた! っていうことに喜びを覚えましたし、歌詞も読めば読むほど深くて。付き合ってたふたりがお別れすることになっちゃったんですけど、別々の道を行っても頑張るよっていうことを歌ってて。

新井  歌い方も今までとは違った歌い方をしてて。意外とテンポが早いんですけど、入りのテンポ感も好きだし、自分で聴いてても、たまらないくらい好きですね(笑)。

中江  控え室とかでもメンバーみんな、ずっとこの曲をかけてるよね。今までもいい曲が多かったんですけど、どちらかというと意味よりもサウンドを楽しんでもらうっていう感じだったと思うんですね。でも、この曲は歌詞もすごく共感できるし、聴いてるだけでシチュエーションが浮かんできて。

庄司  私は、個人的に主人公が主体となって語りかけているような歌詞が好きなんですよ。こういう表現の仕方というか、この世界観がすごく好きですね。

中江  言葉の一つひとつが考えなくてもわかるからね。“タイムライン”とか今ふうの言葉も入ってるし、“どんなに温かなコートよりも一番のぬくもりでした”っていうフレーズも切なくて、わかりやすくて、すてきだなって思います。

歌詞において、いちばん大きな違いを感じたのは、タイトル曲「リフレクション」ですよね。片思いをテーマにしたラブソングになってます。

中江  ふわふわの曲ですよね。私は、“サ上と中江”とはまた違った、女子的すぎるラップをさせてもらってるんですけど、ラップかっこいいねっていうだけではなく、言葉にドキンとしてほしいなと思いながらやってて。確かに、今までの女子流からはいちばん考えられない曲になってますね。

山邊  “♪女・子・的・ス・キ・ル。あがれ。。!”っていう歌詞もあるし(笑)。

中江  絶対にどきっとする女子がいると思うんですよね。“仲いいグループの中の一人でいいの?”みたいな(笑)。

新井  ピンク色が流れてるよね。

(笑)アルバムのタイトルを『REFLECTION(リフレクション)』にしたのはどうしてですか?

中江  リフレクションが“熟考中”っていう意味なんですけど、歌詞の中で、“まだ現状/恋はリフレクション。”ってあって。私たちに恋は関係ないんですけど(笑)、今の私たちが熟考中っていう意味で、このタイトルにしたんですね。これまでもいろんな挑戦をしてきたけど、ここでまたガラリと変えているので、“女子流は今、熟考中”という意味を込めてます。

庄司  自分たちでライブの構成を考えたり、作詞もちょっとずつやっていて。まだまだ自分たちの力だけでは足りないものが多すぎるし、周りのスタッフさんに助けてもらいながら、協力してもらいながらですけど、ちょっとずつ前に進んで行っていて。自分たちから積極的に発信しようとしているからこそ、考えてる、いろいろ熟考中です、っていう気持ちが伝わるといいなと思いますね。

東京女子流

tgs-main_p

とうきょうじょしりゅう/(写真左より)山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生。活動休止中の小西彩乃を含む5人組ガールズダンス&ボーカルグループ。2010年1月1日結成。2010年5月5日「キラリ☆」でCDデビュー。5thアルバム『REFLECTION』は12月23日発売。26日に、品川ステラボールにてワンマンライブ開催。

オフィシャルサイト http://tokyogirlsstyle.jp/

vol.2
vol.3
vol.4