Interview

パノラマパナマタウンが今の時代に突き刺すメッセージとは?『PANORAMADDICTION』に見る、彼ら4人の熱いコミュニケーション

パノラマパナマタウンが今の時代に突き刺すメッセージとは?『PANORAMADDICTION』に見る、彼ら4人の熱いコミュニケーション

『PANORAMADDICTION』は、注目の4ピースオルタナティヴロックバンドのメジャーデビューアルバムだ。岩渕想太(vocal, guitar / 北九州市出身)、浪越康平(guitar / 神戸市出身)、田野明彦(bass / 大阪市出身)、田村夢希(drums / 広島市出身)という出身地の異なる4人が、神戸大学の軽音楽部で出会い、“パノラマパナマタウン”は結成された。
バンドはある意味、運命共同体だが、音楽作りに関して言葉で語り合うことは驚くほど少ない。その中でもパノラマパナマタウンのコミュニケーションの密度は非常に高いと思う。今回のインタビューで僕は初めて岩渕以外のメンバーの話を訊いたが、彼らは“バンドの未来”について明確なビジョンを共有していることがわかった。そうした様子を伝えたくて、僕はこの原稿を書いた。もちろんパノラマパナマタウンがこの先、名曲を生み出す力を持っていることを伝えるのが最重要テーマではあるが、4人の気迫のこもった“今の言葉”を味わってみて欲しい。

取材・文 / 平山雄一 撮影 / 冨田望

これを聴いて人生について考え方が変わったって言われたい

アルバム『PANORAMADDICTION』の制作を意識し始めたのはいつ頃ですか?

岩渕想太 2017年の4月くらいですかね。東京に出てきて最初のワンマンツアー〈リバティー vs. リバティー〉があって、それが終わった頃に本格的に制作に取り組み始めました。

メジャーデビューを前提に?

岩渕 そうですね。

具体的にレコーディングの時期は?

岩渕 「ラプチャー」だけは8月くらいに録ったんですけど。

田村夢希 あとは、その後の1〜2ヵ月くらいの間にですかね。

全部、新曲?

岩渕 「ロールプレイング」と「パノラマパナマタウンのテーマ」は昔からある曲で、あとは新しく作りました。

制作を始めるにあたって、メンバーでどんな話をしたの?

田村 前作の『Hello Chaos!!!!』では全部出せなかったというか、リスナーに届かなかったのかもという想いがあったので、もっと人の心を掴めるようなキャッチーさと、曲としての完成度を磨き上げて出したいと思っていました。今回はメジャーとしての1枚目でもあるし、自分たちの音楽を聴いてくれる人がここからもっと広がるというなかで出すものとして、僕らのやりたいことがまだ固まっていないと思ったのでそこを固めたいとか、「僕たちはこうなんですよ」というプレゼンというか芯の部分に迫りたかったので、4人でそういう話をしましたね。

もっとキャッチーなものにしようと?

岩渕 はい。メジャーになったら今までに比べたら圧倒的に多くの人の耳に触れると思うので、その多くの人に刺さるものを作りたいという強い想いがありました。

田村 キャッチーとかポップというのは人それぞれ捉え方も違うし、難しいとは思うんですけど、簡単に言うと「もっと聴いた人に引っかかりたい」というか……。

岩渕 そうだね。一聴して刺さる感じ。僕らのことを好きな人たちは歌詞を読んだり深く聴いてくれると思うんですけど、メジャーデビューしていろんな人の目に触れたときに、“ちょっと聴き”という人も多くなると思うんですよ。例えばYouTubeでほんの少し再生するだけで判断するような人も聴くなかで、聴いた一瞬で「パノラマパナマタウンって、そういうことね!」ってわかるキャッチーさを作ろうという意識はありました。

それはライヴで初めて新曲をやるのに近い感じ?

岩渕 近いかもしれません。たしかに、ライヴで一回聴いただけで言いたいことがちゃんと伝わるというのも考えていましたね。

田村 やっぱりYouTubeってザッピングしながらパパッと観たりするじゃないですか? そこで引っかかるというのはどういうことなのかというのは考えました。

岩渕想太(vocal, guitar)

辿り着いたのはどういう方向性だったの?

岩渕 僕らはやっぱり、言葉だなと思いました。あとはリフ。

田村 グルーヴィーなものとか、ちょっとファンキーな感じ。

踊れるという意識かな?

田村 そうですね。

浪越康平 前作の反省になっちゃうんですけど、『Hello Chaos!!!!』を作るときにルーツを意識しすぎたというか、ちゃんとした音楽を作らなきゃいけないと思っていたんですよ。『PROPOSE』(16年9月発表の2ndミニアルバム)で好き放題やりすぎたところがあったので、曲ごとにジャンルをひと言で「この曲はスカ」「この曲はシャッフル」とか言えるものを作ろうと思っていた。でも結局、考えすぎてしまって面白味が足りなかったというか芸術性が薄いというか……それはポップスではないなと感じたので、次に作るなら、まず前提は「ポップスであること」。それを意識して、その裏にロックのルーツを忍ばせていくという方向性を選びました。

自分たちの音楽ルーツの出し方を変えたということ?

浪越 「ルーツが見えない」と言われることがよくあって、それで全部出してしまったら、芸術的ではないものが出来上がってしまった。そこで、結果そういうことではないなと思ったんです。自分たちが好きにかっこよく、聴きやすい芸術的なものを作って、その裏にロックのやりたいことを詰め込んでいくのが正解なんじゃないかということに気づいたというか。具体的には、僕はギタリストなので、ギタリストとして遠慮せずにフレーズを弾きまくるということだったり、楽しいものにしようと考えました。

そのわりに1曲目の「パノラマパナマタウンのテーマ」のギターソロはなめてるよね(笑)。

浪越 あはは。

岩渕 あれは、悪ふざけです(笑)。「一音だけで押し切るギターソロって面白いよね」って話になって、4年前からライヴでやっていました。

浪越 あれ以上に、曲の中でインパクトを残そうとすると、もう弾かないくらいの手しかないなと(笑)。技巧的なソロも考えようと思ったんですけど、そういうことではないなと思ったので。

浪越康平(guitar)

パノラマパナマタウンは、インディーズからメジャーに向かって、いろいろな“テスト”をやってきたんだね。

岩渕 それこそ、そのテストで自信がつきましたね(笑)。一回ちゃんと自分たちのルーツを咀嚼して綺麗に出すということをやってみたんですけど、浪越が言ったように、整頓されすぎた感覚があって。もっともっと自分らのやりたいものを全部入れて、そこから曲のことを考えるというか……「こうしていこう」とか「ここを削いでいこう」「逆に膨らませていこう」って考えたら、それだけで十分パノラマパナマタウンっぽいし、自分らのものになるという自信ができたのが大きいなと思います。

『PANORAMADDICTION』を聴いて、いい意味でバラバラだなと思ったのは、そういうところもあるのかな。

岩渕 そんなこと、思ってたんですね(笑)。

あはは。それぞれ曲調がかなり違うし、音の厚みも違う。60年代のソウルから始まって、いきなりのJ-POPロックに行く流れに驚いたし。

田村 でも、自分たちのルーツにはちゃんと繋がりがあるっていう。それが、前作から活かされていることかもしれないです。

田野くんはどうですか?

田野明彦 4月に上京して4人で住んでいたんで、もちろんスタジオにも入るんですけど、食卓にみんなで集まってGarageBandを使ってプリプロをやっていたりもして。そのデスクトップな感じが、客観的に聴く部分があって、曲作りがどうしてもちゃんとしなきゃいけないという型にはまっていくという感覚がありました。でもそれがだんだん楽しくなくなってきちゃって。そこで「俺たちが本当にやりたことは何か?」っていろいろ話して、「もっとやりたいことをやっていこう」ってなった。とってつけたようなメロはどんどん削っていって、いい意味で展開に対する執着が少しずつ弱くなって、自由に組み替えたり、新しい展開をぶち込んでみたり、発想を自由に持てるようになりましたね。

曲作りの作業には、4人ともにイーブンに関わっているのかな?

岩渕 そうですね。4人の気持ちいいと思うツボがだいたい一緒なので、「こっちだ!」と思ったときには4人とも同じ方向をすぐに向ける。田野が言ったみたいに、「フカンショウ」は最初GarageBandで作ってたんですよ、家の中でみんなでやりとりしながら。でも、なんか気持ちいい感じにならないなという感覚があって。なかなか進まないなか、ある日名古屋でライヴの前にスタジオに入って、曲を合わせてみようとなって。

田野 あれ、ライヴの前日じゃなかったっけ?

岩渕 そうだった。そのときに、いっせいにパッと合わせたら「むっちゃ、いい曲やん!」ってなって、すごく楽しいという感覚があったんですよね。デスクトップでやってたら全然進まなかった展開も、「面白い」って軽くできるようになっていって。けど、思い返したら、それって昔からやってた曲作りと一緒だなと思って(笑)。大学のスタジオで4人で楽器を転がしてたときの感覚に、すごく近かった。

とはいえ、学生のときは楽器を弾くので精一杯なところがあったでしょ?

岩渕 もちろん、その頃よりは精度も高くなって。とはいえ学生のときは、リスナーに届けようとはあんまり思っていなかったけど、名古屋のときは「この作品をどう届けようか」と考えながら4人で合わせられたんで、それが良かったのかなと思います。

1 2 >