Interview

【インタビュー】カオスアニメ『gdメン』OPで喜多村英梨イズム全開、「電波ソング+メタル+デスコアでとにかく早く、ただし人力で歌えるレベルで」!?

【インタビュー】カオスアニメ『gdメン』OPで喜多村英梨イズム全開、「電波ソング+メタル+デスコアでとにかく早く、ただし人力で歌えるレベルで」!?

数々の人気アニメに出演し、信頼と実績のある人気声優・喜多村英梨。彼女はまた声優アーティストとしてその枠を超えた尖った活動で、アニメファンはもちろん、メタラーやV系ファンまで幅広い人気を獲得している。2018年、その動きをさらに活発化させるであろう新曲「妄想帝国蓄音機」が届けられた。メタルコアなサウンドに、声優としての匠の技を存分に発揮した1曲だ。この曲に込めたアイデンティティを賭け、アーティスト活動や声優として「土俵に立ち続け」る彼女の覚悟を聞いた。

取材・文 / 日詰明嘉


大勢でも騒げる曲だし、ひとり作業BGMにもできる楽曲にもなる、攻めの一曲

ニューシングルのタイトル「妄想帝国蓄音機」を見たときに思ったのですが、この名前は今回リリースされるレコード会社、テイチクの設立時の「帝国蓄音機商会」と掛かっているのかなと。

喜多村英梨 気づきましたか(笑)。そこはダブルミーニングなんです。今回主題歌のお話をいただいたアニメ『gdメン』(ぐだメン)は『gdgd妖精s』(ぐだぐだフェアリーズ)の男性キャラ版のスピンオフです。『gdgd妖精s』シリーズにあった、キャラクターたちがシュールかつニッチでコアなネタをピーチクパーチク喋るというカオスな内容は「蓄音機」っぽくもあり、自分たちの「帝国」を築いている女子会の感じにも通ずるところがあります。楽曲としても歌詞としても、オチがないような話が次々と目まぐるしく出てくるところは「妄想」っぽくもあり、お腹いっぱいなものになったので、タイトルからインパクトを示したいという思いからこのタイトルにさせていただきました。

私の方からは「いわゆる電波ソングプラス、メタルやデスコアの音楽性で、テンポ感がとにかく早いもの、ただし人力で歌えるレベルで」と意思表示をしました(笑)。いわゆるパリピな混沌感が、良い意味での味になっていて、『gdgd妖精s』シリーズの持っているところと、喜多村が今まで好きなことをやって尖っているところともシンクロ率が高いなと。楽曲は活気があって大勢でも騒げる曲だし、ひとり作業BGMにもできる楽曲にもなる、攻めの一曲に仕上げました。

「声優との二足の草鞋」という概念を壊すような仕上がり

ジャンル的にはメタルコアに分類される曲で、最初の数秒で「°Cメタル(恋)Death(恋)愛してね(恋)メンタル(METAL)」と、メタル・アーティストとしての喜多村英梨を高らかに宣言されている。

喜多村 いえいえ(笑)。よくガチヲタの人が自分から「私はヲタです」と言わないように、私は自分から「メタラーです」と言わないようにしているんです。ただ、ラウドな楽曲が好きなのは自分のアイデンティティであると思っていますし、それがしっかり具現化していて中毒性を持って愛してもらえることはありがたく思っているので、そこをサラッとやってのけたいなと。

ただ、私が携わってきたプロジェクトは真摯に取り組んで突き進んできたものなので、そういうのが好きな層に刺さることは喜びですし、自分からはメタルだとかデスコアだとかは言いませんが「今回の喜多村のシングルは○○(ジャンル)だよね」とそれぞれ愛しているコアなジャンルに当てはめてくれたらうれしいなと思います。声優との二足の草鞋を履いてはいますけれども、そこにあるような概念を壊す仕上がりになっているはずなので、アニメとか声優にふだん馴染みがない方にも、純粋にボーカリストの喜多村として注目していただけると嬉しいです。

さらに『gdメン』の主題歌ですから、偶然この番組を見た方の耳にも留まって喜多村さんの存在を知っていただけるチャンスにも。

喜多村 そうですね。これが、さわやかスクール作品でなくてよかった(笑)。私は歌詞を書くときも曲を作るときも、「毒だけど、でももう一回欲しくなっちゃうんだよな」とか、「なんか変だけど、かっこいい」みたいなものになったらいいなという願いはずっと持っていて、それが自己発信ではなくアニメの主題歌として使っていただけることはありがたいなと思っています。『gdメン』もちょっと奇天烈な部分があって、良い意味で小綺麗じゃないところが中毒性になって、私としてはすごく好きなジャンルです。どちらかというとシュールで陰鬱な作品が好きな層も確実にいるし、その意味で相性が良いタイトルの主題歌になったので、このご縁に感謝したいですね。

演歌にも通ずる日本のソウルを気持ち良く乗せて

「妄想帝国蓄音機」はボーカリストとしてはどういうところを立てましたか?

喜多村 一例を挙げると、Aメロの「気心の知れてる」とか「邪魔できない」といった、節がついているところは意志を強く、語気を強めています。アニソンや声優の曲の一般的な歌い方の基準で言うと、これはNGなんですよ。でも作曲の鬱Pさんのメロディーってすごく日本人好みというか、ある種、演歌にも通ずるような日本のソウルを感じるラインで、そのクセが上手くハマるように作られているので、そこは気持ち良くコブシを効かせてエグみを意識して歌っています。この曲に対して聴き心地の良い綺麗な歌い方をすると、楽曲とテーマ性に負けてしまうので、自分としてはそこを意識しながらのレコーディングでした。

キャラソンのようにライトに歌うこともできなくはないのですが、そこでそう振らないところが喜多村英梨のソロプロジェクトの醍醐味。でも、したり顔でBメロを歌っている割にはサビ周りで淡々と歌っているところもあり、キャラソンで使うような節をつけるところもあり、パーティー感を意識するところもあり、ミックスの段階では綿密に計算しながら、ああでもないこうでもないと遣り取りをしつつ、そこではロックを捨てたくはないというエゴもあって、エグみとエゴみのいいところに落ち着いたなという感じです。

ヴォーカルの部分ひとつとっても良い意味での混沌感があって、それは喜多村英梨さんがいろんなところで蓄積した技術であったり、感情がないまぜになっている。

喜多村 聴く人の中にはサビのリズムをダサいと思う人もいると思うんです。それは受け取り方次第で、私は和太鼓をひたすら叩いている人をかっこいいと思う人間で、それを格好いいと思うか、怖いとかダサいと思うかの違い。ただ、このリズムに他のフレーズが入ったり歌詞の面白みもあったりして、総合してラウドでデスな感じに落とし込んだので、ハマる人にはドンピシャな黄金比に仕上がったかなと思っています。

ひとつひとつに「いい仕事だった」と言ってもらえるように走り続けたい

2018年“攻めの1枚”でスタートを切りました。今後の活動についてどのようなビジョンをお持ちですか?

喜多村 一言で言うと「生き残りたい」です(笑)。メタル・シンガーの頂点に立ちたいとかというよりも、喜多村英梨というピエロの表現者がオファーを受けてきちんとパフォーマンスできる場があって、皆さんに「面白いな」とか「こういうものもあるのか」といった驚きを含めた刺激を与えられるような存在であり続けたいなというのは、今も昔も変わっていないかもしれません。これは本人の努力はもちろんですが、その気持ちだけではなく、然るべき人に囲まれてご縁があってのことで、そのためには土俵に立ち続けていなくてはならない。そのひとつひとつに「いい仕事だった」と言ってもらえるように走り続けたいなと思います。

私、もう三十路にもかかわらず(笑)、ファンクラブを立ち上げて、そこでも帝国を新たにしっかりと築きあげたいなという気持ちもあるので、ぜひ「帝国民」になっていただき、皆さんの前に降臨できるような場所と機会がいただければと思います!

イベント情報

喜多村英梨「妄想帝国蓄音機」アウトストアミニライブ

2月3日(土)【東京】三鷹市公会堂 光のホール
昼公演 開場12:30/開演13:15/終演14:15予定
夜公演 開場15:30/開演16:15/終演予定 17:15
※全席自由席。入場整理番号を発行致しますので入場は整理番号順になります。

<イベント内容>
・ミニライブ+トーク
・イベント会場限定特典付CD即売会
・アウトストア限定物販
・来場者全員対象その場でサイン入れプレゼント抽選会
・妄想帝国蓄音機衣装展

関連リンク
喜多村英梨オフィシャルサイト
喜多村英梨レーベルサイト