Interview

rem time rem time エモい音と飾らない歌に彼らは何を込め、そしてどこへ向かうのか。

rem time rem time エモい音と飾らない歌に彼らは何を込め、そしてどこへ向かうのか。

東京・八王子から登場した5人組だ。結成から3年、ギタリストの急逝を乗り越え、初めての単独流通盤にしてフルアルバムを完成させた。この新作がKEN YOKOYAMA BANDのベーシスト、JUN GRAYが主宰するレーベル“JUN GRAY RECORDS”よりリリースされることもからもうかがえる通り、オルタナティヴ・ロック・シーンでは、彼らのエモーショナルなサウンドと真っ直ぐな歌はすでに注目を集めている。
ここでは、バンド結成のいきさつから始めて、アルバム完成までを振り返るとともに未来に向けての展望をメンバー全員に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 田中和彦

(メンバーは)みんな、朝まで飲み尽くしてた仲間たちですよ。

まず、バンド結成のいきさつから聞かせてください。

鈴木 俺と初鹿ともう一人結成メンバーがいるんですけど、3人ともそれぞれに別のバンドをやってて、よく対バンとかやってたんです。でも、初鹿のバンドが活動休止になっちゃったんです。それから初鹿は弾き語りでやってたんで、「それは、もったいなくない?」っていう。それで、俺ももう一人も自分のバンドはあるけど、サイド・バンドとして、初鹿とバンドをやろうということで始めたのがこのバンドですね。

つまり、初鹿さんは弾き語りよりもバンドで音を鳴らすべきだと思ったということですか。

鈴木 弾き語りは弾き語りでめちゃくちゃ良いんですけど、でもやっぱりバンドとは明らかに別モノだったし。それに、そもそも俺がやってるジャンルの音楽…、エモとか激情ハードコアとか言われるような音楽に歌を乗せたいということを初鹿と前々から言ってたんですよ。もう10年くらいの付き合いだったんで。で、そういうサウンドにいい歌が乗ってるバンドって俺たちは思い浮かばなかったし、「でも、俺たちだったらできるよね」という話をずっとしてたんですよね。だから、初鹿のバンドが活動休止になったタイミングで始めて、そこからこのバンドでやろうとしていることはずっと変わってないです。

そこに大房さん、福田さん、そして田中さんの順番で加入していくわけですが、それぞれバンドに入る際にはいまのような話はあったんですか。

大房 元々が八王子にいた飲み仲間みたいな付き合いで(笑)、八王子のスタジオに行ったらだいたい居る、みたいな人たちだったし、レムタイムのライブも好きで見に行ってたから、こういう音楽をやるってことは知ってたんです。だから、特にがっつり話すというようなことはなかったですけど、こんな感じだろうなとは思ってましたね。

福田 去年いろいろあって、それで最初はサポートという形でやってたんですけど、その前からそれぞれにやってたバンドと対バンしたことがあって、すでに気心の知れた感じがあったんで、そんなに時間もかからずに溶け込めたし、僕自身がこのバンドでやることにはいろんな思いもあったから…。

田中 曲は知っていたのでやりたいことはだいたいわかっていましたし、人間もみんな好きだったんで入りたいと思ったんですよね。

鈴木 だから、対バンをしてきたなかで仲のいいバンドのメンバーが結果的に揃った、みたいなことになりましたね。

初鹿利佳(Vo.Gt.)

初鹿 みんな、朝まで飲み尽くしてた仲間たちですよ。

田中 朝まで飲めた人たち、だよね(笑)。

(笑)。バンドのメンバーを選ぶのに、やはり演奏技術が第一、という考え方もありますが、このバンドはそれよりも人柄で選ぶという考え方なんですね。

鈴木 人柄しかない、っていう感じですね。

初鹿 技術はそんなに気にしてないです。一緒にやりたいからやる、っていう。

鈴木 いままでそれぞれにバンドをやってきて、技術だけで集まったバンドは絶対につながりが薄いということはもういろいろ見てきてわかってるし、もうちょっと芯の部分でつながった人たちとやったほうが長く続くんだろうなということはみんな肌で感じてましたから。

必要最低限の音を、説得力を持たして鳴らすということを学んだレコーディングだったという感覚はめちゃめちゃあります。

さて、今回のアルバムはそういうrem time rem timeにとって初めてのフルアルバムで、初めての全国流通盤になるわけですが、作り始めるときにはやはり意気込んで臨んだんですか。

鈴木 とりあえず流通の話に関しては、いままでは敢えてやってこなかったというか、まずは自分らの手の届くところでしっかり土台を作るということで2枚の自主音源を作ったんですけど、流通で出す場合はちゃんとデカいところで出したいと前々から思ってたんです。

「デカい」というのは、規模としてということですか。

鈴木 規模的にというか…、とにかくしっかり全国に届けられる状態で出したいと思ってたんですけど、JUN GRAY RECORDSのJunさんが結成直後からずっと気にかけてくれてて、Junさんとは一緒にやりたいと思ったんで、JUN GRAY RECORDSから出すことに決めました。

流通に乗せることは敢えてやってこなかったということですが、逆に今回そうしたということは、バンドの音がそういう作品を出していいと思える状態になってきたということでないですか。

鈴木 いや、そういう意味では1曲1曲、自分たちなりに最大限こだわって作ってるから、どのタイミングでもよかったと思いますよ。「いつでも俺たちは闘える」という状態でずっとやってるから、いきなり「アルバム出しましょう」と言われても出せる状態ではあったと思います。

鈴木嵩明(Gt.)

その曲の作り方に関して聞きたいんですが、このバンドの曲が出来上がるまでの工程はどんなふうに進むんですか。

初鹿 3パターンくらいあって、わたしが弾き語りで持っていく場合と、わたしか鈴木くんかどっちかが考えたギターリフから作るのと、それからみんなで集まったときの気分で作るっていう(笑)。「こんな感じで、作ってみない?」って始める、みたいな感じですね。

例えば「いつか」という曲は3拍子の曲ですが、それこそ「3拍子で作ってみない?」みたいにして始まったんですか。

初鹿 あれは最初のフレーズを持ってきて「かっこよくない、これ?」っていうところから始まりました(笑)。

鈴木 エモとかハードコアとかって、3拍子の曲がけっこう多いんですよ。そういうのが好きだから、俺はどっちかというと3拍子の曲しか作れない、くらいの感じですね。

「empty」は、ドラムのキックが4つ鳴っている、いわゆる4つ打ちの曲です。

鈴木 あれは、“4つ打ちって、いま流行ってるけど、ちょっとダサくない?”と思ってて、俺たちだったらもっとかっこよくできるという気持ちもあって作った曲ですね。

福田さんは今回のレコーディングを振り返っていかがですか。

福田 前のメンバーが弾いた曲も入ってるから、そういう意味合いも含めて演奏したというか、いい意味でいろいろ考えて弾かせてもらったという感じがすごく大きいです。だから、さっきの話に戻っちゃいますけど、お互いに前身のバンドで対バンしたりしてたから、こうなったのがすごく不思議な感じがするし、同時にこうなったんだなあという感慨もあって、すごく強い思いの入ったアルバムになったと思いますね。

福田昌義(Gt.)

鈴木 そもそも福田くんが入るきっかけというか、それは前のギターが急に亡くなったので、そいつのギターの感じもわかってくれてるということもあって、最初サポートに誘って、そこからどんどん自分の色を出してくれて、入ってもらうことになったんですよね。で、前のギターがレコーディングの途中に亡くなったので、ちょうど前のギターが5曲で福田くんが弾いてるのが5曲ということになりました。

ちなみに、福田さんが弾いてる5曲はどれですか。

福田 「汽笛を鳴らして」「yellow」「empty」「たった一言で」、それに「sleepy record」です。

田中さんは、ベースの立場から今回のレコーディングを振り返って、印象に残っている曲はありますか。

田中 僕は今回のアルバムでは2曲目の「yellow」しか弾いてないんですよ。

田中さんが加入したのが去年の10月ですが、その前からレコーディングは進んでいたんですか。

初鹿 けっこう前からやってたんです。一昨年に3曲だけ録って、残りをレコーディングしたのが去年ですね。

田中さんは「yellow」だけ弾いてるということは、「yellow」がいちばん新しい曲ということになりますか。

田中 そうですね。

大房 この5人で初めて作った曲です。

田中友彬(Ba.)

では、田中さんは他のメンバーよりも客観的に聴けると思うんですが、今回のアルバムはどんな印象ですか。

田中 単純に好きですね。いいアルバムだなと思います。

ただ、お客さんとして聴いてるのと、演奏者としてバンドの中に入って、その曲に関わるのとでは印象が違ったりしませんか。

田中 難しいですよね、演奏者としては。やってること自体はそれほど難しいことをやってるわけじゃないんですけど、このバンドのなかでのノリを出すのが簡単じゃなくて。でも、それも楽しみのひとつで、だから演奏者としてはすごく面白いバンドですね。

大房さんはレコーディングを振り返っていかがですか。

大房 俺はけっこうドラムを足しちゃうタイプなんですけど、そういうふうに叩くとすぐに「違うよ」という話になるんです。だから、いままでは全然やってこなかった引き算の作業というか、必要最低限の音を、説得力を持たして鳴らすということを学んだレコーディングだったなという感覚はめちゃめちゃありますね。

大房雄太(Dr.)

鈴木 そこはすごく言ったからねえ。一つひとつのフレーズにちゃんと説得力を持たせて、フレーズの意味を聞かれたときにそれをちゃんと説明できるようなフレーズを鳴らしてくれということはみんなにいつも言ってるんです。だから、ギターもベースもドラムも、それに歌も含めて、みんなちゃんと意味を持って鳴らしてると思うし、そういう意味ではすごく考えて組み立ててる音楽ということになるかもしれないですね。

コーラスも、すごく限られていますが、でもすごく効果的ですね。

初鹿 本当に必要なところしか入れてないですよね。きれい過ぎると、歌の生々しさが無くなるように感じるので。わたしの歌は飾らないほうがちゃんと伝わるのかなと思ってるんです。

生々しさが無くなるのは避けたいというのは、歌がそうなるのは嫌という話ですか。それとも、音楽全体の印象の話ですか。

初鹿 歌がそういうふうにわたしは聞こえて欲しいですね。そっと側にいる感じの歌というか。遠くから言われてる感じではなくて、近くにいる感じの歌を歌いたいと思いますね。下手に飾りたくないと思うし。

歌詞については、何か意識していることはありますか。

初鹿 歌詞についても、あり得ないことは書きたくないというか、日々あったことを書いているという感じです。嘘は一切書いてないし、日々の“なんだろうなあ…”という感情、でもみんなが思ってることなんじゃないかなということを書いてます。みんなウヤムヤにしてるけど、実際のところはこうなんじゃないの?みたいな。それに、歌詞は誰かに向けて書いたものが多いですね。

それは、オケを聴いて、そこからどういうことを書くか考えるわけですか。

初鹿 そうですね。これは朝だな、とか季節はいつだなとか。で、そういうことを書こうとすると匂いとか温度とか、そういうことが大事になってくると思うし、そういうところから生々しさというのは伝わると思うので、そういう表現を歌詞には入れたいなと思ってます。

『エピソード』というアルバム・タイトルはどのタイミングで、どういうふうに決めたんですか。

鈴木 そもそもは「プロローグ」というライブ会場限定シングルを出したところから始まってて、その時点で今回のアルバムを出すことがもう決まってたんで、そのプロローグという意味でシングルを出したんですよね。このバンドはいままでいろんな物語があったし、そういうすべてのエピソードが入ってるアルバムだから、これしかないよねってことですっと決まりました。

初鹿 アルバムは、本当は去年の3月に発売する予定だったんです。でも、前のギターが亡くなって「どうする…?」という状態になって、レーベルからは「待ってるから」と言われて、そこから立て直して、やっとこの1月に発売できることになったっていう。それもひとつのエピソードなんですけど、そういうことの全部が詰まったアルバムなんですよね。

武道館より日比谷野音のほうがやりたいよね。

そういうアルバムをリリースして、1年後にはどうなっていたいですか。

初鹿 いやあ…、どうにかなってたいですねえ(笑)。というか、やりたいことがいろいろあるんで、それを実現していきたいです。日比谷野音でライブをやるとか。

鈴木 武道館より日比谷のほうがやりたいよね。

初鹿 それは、このバンドを始めた頃からずっと言ってるんで。だから、日比谷はなくならないでほしいですね。

それは大丈夫だと思いますが(笑)、このバンドで活動を続けていって“俺たちは成功したな”と感じる場面があるとしたら、それはどういう場面だと思いますか。

鈴木 成功か…。先輩バンドとかにいろいろ話を聞くと、俺たちが売れてると思ってるバンドでも実際は厳しかったりするのを肌で感じるから、成功って思う場面があるのかなあって(笑)。思ったら、終わっちゃう気もするし。例えば日比谷でライブをやれたとしても、成功したとは多分思えないと思うんですよ。まだやることは多分いっぱいあると思うから。なんだろう…?

大房 音楽を続けられたら、成功なんじゃないですか。

鈴木 そう、死ぬときに思うのかもしれないですね。そこまで音楽をやってこれて成功だと思って死にたいんで。

大房 そうですね。マジで、そう思いますね。

福田さんはいかがですか。

福田 もちろんバンドが優先なんですけど、僕は「rem timeは福田がギターじゃないと成り立たないよね」というふうになるのを目指してるから、そういう存在意義を示せて、それがメンバーみんなとシンクロしていけば、自ずとたくさんの人に届くと絶対思ってるんです。このバンドは広いところのほうが絶対合うと思ってるし、そういうところでやってるイメージしか僕の頭の中にはないので、とりあえずそこかなと思いますね。それが成功というわけではないですけど、そこまで行けば、また次のイメージが広がっていくと思うんで。

田中 いまの話良いですね。俺も、それもらいます(笑)。一番わかりやすいのは音楽以外の仕事をやらなくてもよくなるとかじゃないですか。

初鹿 わたしは、企画を打って、それをひとつずつ成功させていくことがいちばん実感が湧くんですよね。すごく目の前の話ですけど、でもそういうことをひとつひとつやっていくのがわたしは好きなんで。

なるほど。さしあたって、アルバム・リリース記念のツアーが決まっています。

初鹿 それも全部エピソードなんですよ。ライブを組んでくれてる人たちも全部、いままでつながりのある人たちなんです。亡くなったメンバーの地元にも行くし、力になってくれた人たちのところへできる限り行って、やっとできたCDを自分らで手渡したいですから。

お客さんも含め、いろんな人にいまの自分たちを報告しに行くようなツアーですね。

初鹿 そうですね。でも、わたしたち、対バンも“かっこいいバンドはかっこいい”ってことでジャンルを選ばないんで、ジャンルにこだわってる人も見に来てくれたら多分、「こういう他のジャンルも聴けるじゃん」ってことになると思うんですよ。そういう意味でも、わたしたちのツアーに遊びに来てほしいなと思います。

鈴木 ウチは音源の印象とライブの印象が全然違うとよく言われるんで、ぜひライブを見に来てほしいですね。ライブでしかわからない熱量とか俺たちの思いというものが絶対あるんで。もちろん、アルバムにもそういうものは込めましたけど、ライブでしか伝わらないものがあるんで、そこをぜひ見て確認してほしいというか、感じてほしいなと思っています。

rem time rem timeさん画像ギャラリー

ライブ情報

rem time rem time “エピソード”release tour
3月2日(金) 東京・下北沢SHELTER w/FINLANDS , KOTORI
3月10日(土) 神奈川・小田原姿麗人 w/ナキシラベ , アバランチ…etc
3月11日(日) 大阪・大阪村CLAPPER
3月21日(水・祝) 千葉・柏DOMe  w / FILTER,With A Splash,アバランチ,Split End,falleaves
3月24日(土) 愛知・名古屋Party’z w/ AIRTONIC ,モノクロ街道,街人,DETOX
3月25日(日) 奈良・奈良NEVER LAND w/Large House Satisfaction,Droog…etc
4月1日(日) 神奈川・横浜F.A.D
4月2日(月) 長野・松本ALECX
4月7日(土) 三重 鈴鹿ANSWER w/KOTORI…etc
4月8日(日) 静岡・静岡UMBER w/アバランチ…etc
4月14日(土) 京都・京都GATTACA
4月15日(日) 香川・高松TOO NICE
4月21日(日) 長野 伊那GRAM HOUSE w/KOZUMI,FAITH…etc
4月22日(日) 東京・吉祥寺WARP
5月3日(木・祝) 京都・京都GROWLY
5月4日(金・祝) 大阪・大阪Fireloop
5月10日(木) 東京・八王子RIPS
5月20日(日) 神奈川・横須賀かぼちゃ屋 w/weave…etc
5月26日(土) 青森・八戸ROXX w/necozeneco…etc
5月27日(日) 岩手・盛岡club change w/necozeneco…etc
5月31日(木) 東京・府中Flight  w / コールスロー…etc
6月2日(土) 山梨・甲府KAZOOHALL
6月3日(日) 東京・新宿Nine Spices 
6月9日(土) 新潟・新潟Live Hall GOLDENPIGS-RED STAGE- w/コールスロー …etc
6月10日(日) 福島・いわきclub SONIC w/コールスロー…etc
6月23日(土) 愛知・名古屋RADホール 
6月24日(日) 大阪・大阪Pangea
7月6日(金) 東京・新代田FEVER

rem time rem time

初鹿利佳(Vo.Gt.)、鈴木嵩明(Gt.)、福田昌義(Gt.)、田中友彬(Ba.)、大房雄太(Dr.)
2015年1月結成。2017年10月に現体制になる。 様々なジャンル、シーンで活動していたが交流のあったメンバーが集まり、ボーカル初鹿利佳の確かな歌唱力を 激情ハードコア、パンク、90’sエモ、シューゲイザーなどで消化し、様々なシーンに伝わる音に進化させた、八王子発5人組オルタナティヴ・ロック・バンド。 激しくも繊細で、感情的なライブ・パフォーマンスと初鹿の切なくもどこか温かみのある歌詞とメロディは懐かしさと 新しさを兼ね備えた全く新しいジャンルを形成している。

オフィシャルサイトhttp://remtimeremtime.tumblr.com