Interview

Kが新たな挑戦を見せる。豊かな表現力=“歌力”で物語を紡ぐアルバム『Storyteller』

Kが新たな挑戦を見せる。豊かな表現力=“歌力”で物語を紡ぐアルバム『Storyteller』

シンガーソングライターのKがニューアルバム『Storyteller』を完成させた。“泣ける結婚ソング”としてロングヒットを記録した「桐箪笥のうた」、結婚指輪をテーマにした「指輪物語」などを収めた本作は、全曲“詞先”(歌詞を先に書き、それをもとに楽曲を制作するスタイル/作詞はプロデューサーの寺岡呼人が担当)による“歌もの”アルバム。物語性の高い楽曲を豊かな感情とともに描き出すKのボーカルをぜひ、たっぷりと堪能して欲しい。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 関信行

“歌い手としてどこまで表現できるか?”という挑戦でもあった

ストーリー性のある歌、バラエティに富んだサウンド、幅広い表現力を備えたボーカル。新作『Storyteller』は、現在のKさんの音楽性がしっかりと表現されたアルバムだと思います。

ありがとうございます。“Storyteller”(物語の語り手)というタイトルを付けたこともそうなんですが、今回のアルバムは“歌い手としてどこまで表現できるか?”という挑戦でもあったんです。自分で作詞・作曲した曲は、歌詞を書いている段階で “この物語の主人公はこんな人で、こういう性格で”ということが見えているんです。でも今回はプロデューサーの寺岡呼人さんの歌詞が先にあって、それをもとに曲作りを進めていったので、そのなかで曲の主人公のキャラクターをイメージしていくような感じだったんです。“こういうタイプの人で、こんな服を着ていて”みたいなことを考えながら、それに合ったメロディ、音色を付けていく。役者さんが台本を読んで「どう表現しようか?」と考えることに似ているというか。それがすごく楽しかったんですよね。表現する喜び、歌う喜びを改めて感じたし、ずっとワクワクしていましたね。

〈Golden Circle〉(寺岡呼人が主催する音楽イベント)に出演したり、Kさんと寺岡さんの距離はすごく近いじゃないですか。今回のアルバムの歌詞からも、Kさんの人生、人柄を深く理解したうえで書いているんだなと思いました。

うん、そうですね。呼人さんと打ち合わせしたり、飲んでいるときに「こういうテーマも面白いよね」みたいな話もしてたんですけど、ひとつのルールとして「僕が歌ってリアリティがないものは避けよう」というのがあったんです。そのことを踏まえたうえで、呼人さんの目線で書いてもらったと言うのかな……例えば「プリテンダー」の歌詞を見たときは「僕はこんな恋愛はしないな」と思ったけど(笑)、同時に「これを演じてみたい」という気持ちになったので。

結婚指輪をテーマにした「指輪物語」はどうでした?

もともとはジュエリーブランド(トレセンテ)のWEB CMのために制作した曲なんです。“結婚して30年、40年経っても指輪をプレゼントできるような夫婦を描いたラブソング”というテーマだったんですが、聴いてくれた方からは「これはKさんご自身のことですか?」と言われますね(笑)。それくらいリアリティを感じてもらえたということだから、良かったなと思います。

逆に“歌詞を解釈するまでに時間がかかった”という曲もありますか?

ありました。歌詞の主人公がハッキリ見えてこないと、なかなかメロディが付けられなかったりもしたので。でも、制作期間が1年2ヵ月くらいあったから、すぐにメロディが浮かんでこないときはしばらく寝かせることもあって。「Bless U」「GATE11」「残像」はかなり時間がかかりましたね。あとはひとつの言葉に対して、3~4バージョンくらいメロディを考えることもあって。呼人さんとやりとりしながら、テンポを変えたり、アレンジを詰めたり。振り返ると充実した制作でしたね。

歌の表情も、曲のストーリーによってかなり違いますよね。例えば「ボーダー」はかなりアグレッシブな歌い方をしていて。

そうなんですよ。僕はもともと1日に3〜4曲、歌が録れるタイプなんですけど、「ボーダー」の歌入れのときは「足が震えて次の曲が歌えなくなるくらい、思い切りやろう」と思って。ノドを振り絞るような歌い方もやったことがなかったし、僕にとってはチャレンジでした。「ボーダー」の歌詞を読んだときに、音大にすべて落ちたときのことを思い出したんですよね。それで「これはあのときの自分だな」って思いました。

そのときの思い出が、激しい歌い方に繋がった?

はい。ホントに悔しかったんですよね。10代の頃から音楽をやりたいと思っていたんですけど、親からは反対をされていて。ただ、「音大に入るんだったら、音楽を続けていいよ」と言われて。受験の準備を始めたのは高校3年のときで、周りに比べたらかなり遅かったんですけど、途中までは結構うまくいってたんですよ。譜面の試験、リスニングの試験をパスして、あとは歌だけだったんですけど、そこで全部ダメになって(苦笑)。

え、歌のテストで落ちてしまったんですか?

そうなんです。韓国では入試の順位も発表するんですけど、歌の試験はほぼ最下位だったので。すごくショックでしたね、さすがに。でも、親から「ここであきらめたら全部終わりだから、最後までやってみなさい」という手紙をもらって、その失敗をバネにして頑張って……。

Kさんは最初から歌える人だったんだろうなと勝手に思ってました。

天才肌に見えるでしょ?(笑)って、それは冗談ですけど。どちらかと言えば、僕、努力派なんですよ。自分で”努力派”って言うのもおかしいですね(笑)。すぐに結果を出せるタイプではなくて、ひとつひとつ積み重ねてきたんですよね。

1 2 >