Interview

アニメ『宝石の国』音楽世界の深淵を覗く。劇伴クリエイター・藤澤慶昌が語った“すごく朗らかなのに、どこか異常な歪さ”

アニメ『宝石の国』音楽世界の深淵を覗く。劇伴クリエイター・藤澤慶昌が語った“すごく朗らかなのに、どこか異常な歪さ”

かつて太古の昔に存在していた生物が、不死の身体を持つ「宝石」になった世界での日々を描く『宝石の国』のアニメに於いて、作中の空間を見事に彩った音楽を制作した藤澤慶昌。独創的な世界観の本作において大きな役割を担ったその音楽について話を聞いた。

取材・文 / えびさわなち


原作から受けた印象から、世界観が大きく壮大な楽曲をコンペ用に制作

遙か昔に生物が存在したとされる、気が遠くなるほどの未来の世界。そこでは金剛先生と人型の宝石たちが暮らしていた。彼らが過ごす日常と、その平和を崩すように宝石たちをさらいにやってくる月人との戦い。そんな日々を、宝石のひとり・フォスフォフィライトの視線で描くTVアニメ『宝石の国』。物語はその空間と宝石たちの魅力が詰まった作品という印象で、3DCGを駆使し、見たこともないような眩い世界観を表現した。

そんな『宝石の国』のアニメに於いて音楽制作を担う藤澤慶昌と作品との出会いは監督・京極尚彦の声掛けからだった。

藤澤慶昌「そもそもはだいぶ前に、監督の京極尚彦さんから“今度こういうことをやるんだ”というお話を伺ったことからでした。その後にコンペ形式で音楽を担当することが決まったという流れですね。その時点ではあまり前情報を持たずに、原作から受けた印象からコンペに提出する楽曲制作に入っていきました。まだ作品の方向性にしても、CGに関しても、影も形もない頃でしたので。僕自身が原作漫画を読んで受けた印象を元に作っていった感じでしたね。今、本編で使われてきた音楽よりも、もうちょっと(世界観が)大きめだったような記憶があります。楽曲自体も。壮大な感じにしていたように記憶しています」

「隙間が多い」のに、その隙間には入りこめそうで入り込めないような、突き放された感じ

藤澤が読んだ『宝石の国』の印象。それは「隙間が多い」というものだった、と言う。しかしその隙間には入りこめそうで入り込めないような、遠くにある世界のように感じたと話す。突き放されているような感じがしたのだとか。話としてはコミカルなやり取りの会話劇が散りばめられつつ、月人との戦いやフォスの心の葛藤などシリアスな部分も大きく、物語には緩急が付けられている。そんな作品のコンペ後は、そこからブラッシュアップしていったのだそう。

藤澤「最初はコンペに出した曲の世界観で作ったんです。壮大な世界観で。でも具体的な要望として出て来たのが「もう少し世界観を包括するような曲」。場面やシチュエーションの主張がボーンと出るよりも世界を包括して、バックグラウンドを彩るようなイメージがあるといい、という話だったんです。たしかに音楽で埋めると、隙間がなくなっていってしまう。なので楽曲を再構築していくときに、物語の中の隙間と同じく、音を摘まんでいく、どんどんそぎ落としていくことをすごく意識してきました。それは原作の印象に近いのかもしれないですね、今、考えると。多分原作のマンガでは“色”がないじゃないですか。もちろん表紙には色があるんですが、あの作中の白黒感がカラーになったときの彩りというのを、もちろんアニメは視覚的にも補完できますけど、音でどういうふうにするか。光り具合みたいなものを、そこからは意識して作りました」

昨年の年頭に作った音楽を再構築。6月の半ばには第一弾としてメニュー上にあった楽曲を完成させたが、アニメの放送がスタートしてからはフィルムスコアリングで楽曲を制作。つまり、映画音楽のように、完成していく場面場面に「合わせて」の楽曲制作となっていった。そんな過程もあって2017年は一年をかけて『宝石の国』の音楽と向き合ったという藤澤。その制作に於いて、アニメ制作側からのオーダーはあったのだろうか。

藤澤「いちばん具体的なのは、月人の登場の曲ですね。僕が最初にコンペで作った楽曲では、わりと声を入れていたんです。いわゆるブルガリアン・ポリフォニーのような、どこか宗教的なコーラスみたいなものだったんですが、それをやっていくとだんだん、肉感的になっていく。それをどうしたらいいかな、とぼんやり考えていたときに、音響監督の長崎行男さんから“ガムランだ!”という話が出たんです。でもガムランってピッチがすごく揺れるので、実際に西洋楽器と合わせるとぐしゃ、とした質感になってしまうんですけど、それをうまく使えたらなと思って。それがいちばんわかりやすく具体的なオーダーでしたね。

藤澤「あとは再構築のときに、もっと包括的に、世界観を描くことを音楽自体の主にしたい、というか。音楽も“背景音楽”と言いますけど、よりそういう空間を彩る音楽にする、というのがいちばんベーシックにあるお題というか、テーマとしてオーダーがありましたね。あとは情感的になりすぎない。感情が出過ぎないというのもありました。さっきの“肉感”じゃないですが、やっぱり描かれているのは宝石だし、これは僕も元々感じていたんですが、人間の文明が崩壊して何千年と経った後の話なので、いろんなことが退廃的というか。すごく朗らかなんですけど、どこか異常なところがあったので、それがうまくいびつさとして、存在している世界に出るといいかな、というのは考えましたね」

1 2 >