Interview

【インタビュー】数々のアニメタイアップを手がける実力派SCREEN mode、5周年の節目となる2ndアルバム『1/1』に込めた決意

【インタビュー】数々のアニメタイアップを手がける実力派SCREEN mode、5周年の節目となる2ndアルバム『1/1』に込めた決意

2018年はデビュー5周年というアニバーサリーイヤーに突入するSCREEN mode。昨夏は“おれパラ- 10th Anniversary ~ORE!!SUMMER(おれサマー)”の大舞台でも高らかに歌を奏でた彼らが5年を機に届けるのは、ここで初めて聴かせる「等身大のSCREEN mode」だ。そんな今作について、勇-YOU-と雅友の二人に話を聞いた。

取材・文 / えびさわなち


タイアップがないときに、どういうものが自分たちらしい音楽なのかを考えるところから、このアルバムは始まりました(雅友)

ついにセカンドフルアルバムが完成しました。非常にライブ感のある作品という印象です。全ての曲がライブユースで、ライブっぽいアルバムだと感じたのですが、作り始めたときはどのようなアルバムを目指していらっしゃったのでしょうか。

雅友 今回、5周年イヤーに入ったということで、いろいろ考えたんです。アニソンあるあるのようなところでもあるんですが、SCREEN modeは、最初にアニメ『ぎんぎつね』という作品があって、僕がボーカリストを見つけてこられたらそのタイアップ曲でデビューできるという話をいただき、オーディションをしていく中で勇と知り合って、めでたく5年前に「月光STORY」でデビューを果たしたんですね。その次にアニメ『LOVE STAGE!!』のOPテーマ「LφVEST」、それからアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』のEDテーマ「アメイジング ザ ワールド」をリリースしました。

そうなると、最初に僕らが取り組まなければいけないことは、アニメの世界観を音楽で体現することなんです。それを一生懸命にやっていけば、意外と、話し合いをしっかりしなくとも、(タイアップ曲として)表現するものがあるから活動ができてしまうんですよ。それをやらせてもらえるだけでもありがたいですから、当然、与えられた課題をしっかりこなしていく、ということでこれまで活動をしてきていたんですね。そんななか、前回『SOUL』というミニアルバムを出させていただいたときは、たまたまランティスさんのご提案で「ノンタイアップのアルバムを一回作ってみたら?」とおっしゃっていただいて。『SOUL』を作ったときに、初めてアニメでもなく、引き算でもない、「それじゃあ何をしよう」と考えたんです。

よくアーティストが「等身大の自分を表現しました」といわれたりしますが、意外と今まで俺たちにはそれがあるようでなかったなと。そういう意味が、今回のアルバムのタイトル『1/1』には含まれているんです。一度立ち返って、アニメタイアップではないときに、どういうものが自分らしい音楽なのか、ということを考えるところから、このアルバムは始まりました。

「等身大」という表現で意識したのはどんなことでしょうか。

雅友 図らずも、シングルでは「Reason Living」や「ROUGH DIAMONDS」とか、深刻な曲が続いていたんですよね。それをカッコよく表現する、ということでMVでも戦う場面を入れてみたり、それはそれでSCREEN modeの一部ではあるんですけど、わりとそこに偏りすぎていたというか。でも実際の「等身大」ということを考えたときには、やっぱり悪の組織と戦ったりは普段はしていませんし(笑)、もうちょっと柔らかい感じというか、くだけた感じだと思うんです、勇も僕も。ちょっとそこで肩の力を抜いた曲を入れよう、というのは意識した部分ではあります。

「Tuberose」は、ジャジーな雰囲気な中でどこをどう立てて歌うべきか。未知との戦いでした(勇-YOU-)

そうして作られた『1/1』は、アニメタイアップの曲と今回作られた楽曲群に温度差がないようにも思います。見事に馴染む収録曲というセットリスト。どんなことを意識されたんでしょうか。

雅友 あまり「アニメだからこういうふうにします」というやり方をしていないので。基本的には「これはアニソンだから」「こっちはアニメの曲ではないから」と分けて考えてはいないんですが、とは言え「MYSTERIUM」みたいな曲はアニメがないと作れない曲だとも思うので、そういう意味では結果的に作り分けているとも言えますね。この曲だけは作品のイメージがないと作れなかった曲なので。

新録の曲での思い出はありますか?

勇-YOU- それぞれの曲に思い入れはあるんですが、レコーディングに関して特に印象に残っているのは「Tuberose」です。だいたい僕はSCREEN modeの曲の場合、一曲3時間くらいで録り終えるんですが、この曲に関しては倍くらい時間を掛けました。最近の中では際立って歌い込んだ一曲なんですよね。ちょっとジャジーな楽曲だけどすごく速い曲で。ロックで速い曲はどういうふうに歌えばいいか、だいたいわかるんですが、ジャジーな雰囲気な中でどこをどう立てて歌うべきか。未知との戦いだったので、レコーディングに時間が掛かりました。この曲、最後にスキャットがあって、雅友さんに「やってみたらどうだ」って言われて挑戦したんですけど、実は僕が小学校の頃に初めて買ったアルバムがスキャットマン・ジョンのアルバムで、それをずっと聴いていたので、その頃のことを思い出したり、スキャットマン・ジョンの作品からどう表現すればいいかを考えたりしながら歌ったので、思い出深いです。

5周年はアニバーサリーというよりも、ここから再スタートを切る、という気持ちが強いです(雅友)

歌詞に関してはいかがですか? 今回、作詞にも挑戦されていますが。

勇-YOU- 『1/1』というタイトルなので、出来る限り自分の血の通った言葉を歌に入れ込みたいというのが、最初からありました。たとえば「DISTANT GOAL」でも作詞の畑(亜貴)さんに「こういうことを歌いたい」ということもお伝えさせていただきましたし、「菫」と「Jumpin’ Now!!」に関しても自分がまずは歌詞を書かせていただいて、自分が表現したいこともお伝えさせていただいたんです。自分が歌詞を書くと、まだ言いたいことを描き切れない感覚はあったので、そういったところを村野直球さんや松井洋平さんにお伝えしたら、そのすべてを歌詞に埋め込んでいただけて、より自分の言いたいことの世界観を広げてくださったので、自分で発信できたこと、共作できたことは良かったと思います。

5周年を機に、もっともっとSCREEN modeの音楽が色濃くなっていくぞ、という狼煙のようなアルバムになりましたね。

雅友 まさにそうですね。やっぱりね、垂直立ち上げだったからね(笑)。なので、ここからゼロとして頑張る。5周年はアニバーサリーというよりも、ここから再スタートを切る、という気持ちが強いですね。

2018年はツアーもあるし、期待していてもらいたいです!(勇-YOU-)

そのアルバムを引っ提げてのワンマンや、5月からのツアーなどライブもたくさん予定されていますね。どのようなライブになりそうですか?

勇-YOU- 2018年はここから! ツアーもありますし、期待していてもらいたいです!

その2018年、どんな年にしていかれるのでしょうか。

雅友 勇さんがお芝居をしているところを、アニメなどで時々観るんですけど、台本があるからだと思うんですが、バチッとしていて輝いているんですよ。あの輝きをライブでも出したいんです。勇はバランスが重要だ、と言っていたんですが、逆に台本があって、芝居のように最初から最後まで意識を保って続けていくような姿勢でのライブをやりたいですね。

勇-YOU- それはあるかも。畑さんが作詞担当でご一緒している「夢色キャスト」というリズムアプリゲーム作品のライブイベントがあったんですが、そこでは僕の演じている新堂カイトがライブをやっている、という体でやらせていただいているので、SCREEN modeの勇-YOU-とは違っていたんですね。それをご覧になった畑さんが、「新堂カイトをやる勇くんにドキッとしたんだけど、普段の勇くんは近寄り易さを感じる」とお話してくださったんです。たしかに演じているときのスイッチが入っていると、不思議と台詞を噛まなかったり、自分以外の誰かになっているという安心感からか堂々と振る舞えるんですね。それはヒントになるし、ステージに立ったときの自分の裏付けは大切になってくると思いますね。2018年は自分自身を発展させていきたいと思います。

ライブ情報

SCREEN mode LIVE TOUR 2018

【北海道】DUCE SAPPORO
2018年5月26日(土)16:00 開場/16:30 開演
info:WESS 011-614-9999(平日 月~金 11:00-18:00)

【大阪】梅田BananaHall
2018年6月9日(土)17:00 開場/17:30 開演
info:キョードーインフォメーション 0570-200-888(全日10:00-18:00)

【愛知】RADHALL
2018年6月10日(日)17:00 開場/17:30 開演
info:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(全日10:00-18:00)

【東京】渋谷duo MUSIC EXCHANGE
2018年6月24日(日)17:00 開場/17:30 開演
info:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00-18:00)

SCREEN mode オフィシャルサイト