Review

『Horizon Zero Dawn』本編クリア済みでも拡張コンテンツの満足度が高い理由

『Horizon Zero Dawn』本編クリア済みでも拡張コンテンツの満足度が高い理由

雪原が広がる新天地での冒険、機械と人類との関係をめぐる新たな物語を楽しむことができる『Horizon Zero Dawn』(以下、本編とも呼称)の拡張コンテンツ『凍てついた大地』。圧倒的なグラフィックで描かれる世界のなかで語られる物語はもちろん、追加された手強い機械獣や強力な武器など、ゲーム性でも要注目のコンテンツとなっている。

本稿では、雪原で炎をまき散らしながら襲い掛かってくる“スコーチャー”などの『凍てついた大地』で新たに登場した機械獣、火炎放射器のような“フォージファイア”や敵を一気に凍結させることのできる“霜の槍”といった武器などの追加要素に注目していく。また、発売後のアップデートによってパワーアップしたフォトモードなどについても触れていくので、発売当時に本編をすぐにクリアしてしまった人も改めてプレイするきっかけにしてほしい。

文 / 村田征二朗(SPB15)


追加された機械獣が猛烈に強い! 

世界中で340万本以上を売り上げる大ヒット作となった『Horizon Zero Dawn』。その最大のインパクトは、やはり機械獣たちの存在です。本編で解明される謎とは違った謎が明らかになる『凍てついた大地』のストーリー展開は溢れんばかりの魅力を持っていますが、むき出しの機械に包まれた巨大な獣たちも壮大な謎に勝るとも劣らない浪漫をもたらしてくれます。

『凍てついた大地』では3種類の新たな機械獣を始めとする複数の敵が追加されており、いずれも強大な敵として主人公・アーロイの前に立ちはだかります。時間が経っていることもあり、『Horizon Zero Dawn』本編はすでにクリアしたという人も多いかと思われますが、追加された機械獣たちは本編をクリアした状態でも苦戦するほどの強敵です。なお、新エリアは『凍てついた大地』をインストールするとマップに追加され、本編プレイ中のデータがあればレベルなどを引き継いだ状態で新天地の冒険に挑むことができます。

▲新エリアに入ってすぐにプレイヤーを手痛く歓迎してくれる新機械獣・スコーチャー。ジェット機のように炎を噴き出しながら襲い掛かる姿は恐怖そのものです

本編を進めるうえでも何度か機械獣に苦戦することはありましたが、プレイ終盤にもなると武器も防具も充実し、攻撃にも防御にも余裕が出てきたものです。ところが、追加された機械獣たちは耐久力や攻撃力の高さもそうですが、動きの機敏さや攻撃の厄介さにおいて本編で登場していた機械獣を上回る存在となっており、油断しているとボコボコにされてしまうのです。本編をやり込んだことで、もう機械獣を怖がることがなくなった、というガチ勢の人でも初めて戦う機械獣との戦いでは待望の緊張感を味わうことができるでしょう。新天地に至るまでの道のりには本編に登場した機械獣もいるので、久しぶりのプレイで腕がなまってしまっているという人は、新たな機械獣に遭遇する前に肩慣らしをしておくといいかもしれません。

▲熊のようなフォルムをしたフロストクロー。氷の塊を投げてきたり巨大な氷の板を叩きつけてきたりとパワーファイターなうえにかなりタフな強敵です

▲全機械獣のなかでも最強に近い耐久力と攻撃力を誇るファイアクロー。外見はフロストクローに似ていますが、その戦闘力は一線を画しています

追加されたエリアには“制御塔”と呼ばれる特殊な機械も登場します。こちらは機械獣のように直接襲ってくることはありませんが、近くにいる機械獣を回復したり、一定量のダメージを無効化できる防具“シールドウィーバー”のシールドを無効化したりと、地味に厄介な効果を持っています。

▲本編には登場しなかったタイプの奇妙な不気味さを持つ制御塔。破壊するかオーバーライド(ハッキングのようなもの)することで効果は無効化できます

アクションがあまり上手くない筆者はシールドウィーバーをかなり頼りにしていたので、制御塔によってシールドが無効化されたときには相当焦ったものです。本編の終盤では装備が充実して戦闘も怖くなくなり、機械獣から隠れることも少なくなっていたのですが、新たな機械獣や制御塔は本編をプレイし始めたころの機械獣に対する恐怖と緊張感をよみがえらせてくれます。

▲電磁パルスを放つ制御塔はかなり不気味です。戦闘中は相当に苦戦させられます

シールドウィーバーを手に入れたことで戦闘が物足りなくなってしまった(けれども結局はシールドに頼ってしまう)という人は、制御塔と出会うことでとくにスリルを味わえることでしょう。本編から登場している機械獣たちも追加エリアでは“デーモン”の力で強化されており、『凍てついた大地』ではかなり歯応えのある戦闘を楽しむことができます。

1 2 3 >