Report

声と音だけで感動を呼ぶ、新しい舞台体験。
音楽朗読劇「夏目友人帳 〜集い 音劇の章・再び〜」

声と音だけで感動を呼ぶ、新しい舞台体験。<br />音楽朗読劇「夏目友人帳 〜集い 音劇の章・再び〜」

演出を担当した劇作家・演出家の藤沢文翁さんへのインタビューで紹介した音楽朗読劇『SOUND THEATRE × 夏目友人帳 〜集い 音劇の章・再び〜』が、2015年12月5日(土)に舞浜アンフィシアターにおいて上演された。また、当日の公演の様子の配信がはじまった。

キービジュアルsmall"

緑川ゆきさん原作の人気マンガ『夏目友人帳』は、これまで「夏目友人帳」、「続 夏目友人帳」、「夏目友人帳 参」、「夏目友人帳 肆」と4期に渡ってアニメ化されており、2012年3月に放送が終了して以降もいまだ根強い人気を持っている。

今回の音楽朗読劇は、マンガともアニメとも、そしてこのところ人気の2.5次元の舞台ともまた違った独自の演出によるもので、アニメオリジナルの声優陣の声のみの演技とライブサウンドとが融合したもので、イマジネイティブなエンターテインメントだ。

本作は2013年9月に東京国際フォーラムで上演されているが、前回同様、アニメ・オリジナルの声優陣が顔を揃える豪華なステージとなった。キャストは主人公の夏目貴志役の神谷浩史さん、相棒のニャンコ先生=斑役でベテランの井上和彦さんを中心に、堀江一眞さん(田沼要役)、木村良平さん(西村悟役)、菅沼久義さん(北本篤史役)、松山鷹志さん(一つ目の中級妖怪役)、下崎紘史さん(牛顔の中級妖怪役)、桑島法子さん(ホタル役)、浜田賢二さん(杉野章史、崇徳院役)、寺崎裕香さん(サヨ役)ら、人気声優陣が脇を固めた。

「音楽朗読劇」ということで、音楽も豪華だ。アニメ『夏目友人帳』シリーズの音楽を手がけてきた吉森信さんによるピアノを中心に、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの分厚い弦楽にクラリネット、パーカッションが絡む、オーケストラのライブサウンドが圧巻なものとなった。

前回の東京国際フォーラムのステージとは異なり、舞台と客席が近い、独特な空間を持つ舞浜アンフィシアターで、まさに目の前で声優が生声での演技を披露される。舞台には本物の竹林をしつらえ、世界を象徴するような社(やしろ)が配されるなど、『夏目友人帳』の舞台背景に出てくるような演出がなされているのみで、キャラクターはもちろん具体的な映像は一切出てくることはない。

艶やかな着物を身にまとった声優陣の声と音楽、そして光や煙、香り、花吹雪といった舞台ならではの特殊効果だけで『夏目友人帳』の世界が紡がれていき、観客はそれらを五感で感じながら、『夏目友人帳』の映像を自分の脳内に結んでいくという、実にイマジネーション溢れる体験となった。

舞台は二幕構成となっており、一幕目は「儚い光〜きずな〜」。雨音と鈴虫の鳴き声が会場に響き、オーケストラの音楽が静かに流れ始めると、夏目貴志役の神谷浩史さんと、ニャンコ先生役の井上和彦さんが登場した。「儚い光」は夏目が沼で出会った妖(あやかし)のホタルと人間の男性との、人と妖の、切なくも美しい物語。このシリーズ中、もっとも人気の高いエピソードのひとつが、描かれ観客の涙を誘った。エンディングの、照明を駆使して表現された蛍の演出は圧巻で、さらに観客の心に迫るものとなった。

二幕目の「偽り神」はSOUND THEATREの演出・脚本を手掛ける藤沢文翁さんが書き下ろしたオリジナルエピソードだ。冒頭、中級妖怪の二人が登場し、一足早いクリスマスプレゼントが届けられた。二人の芸人顔負けの軽妙な話術は一気の客席は盛り上がり、観客はすっかりリラックスして、舞台を楽しむことができた。

「偽り神」は骨董屋を営んでいたお婆さんの孫、サヨと、それを見守る、掛け軸に宿った付喪神(つくもがみ)とのエピソードだ。人の思いとその思いが創りだした「偽物の付喪神」が織りなす心温まる物語は、まさに夏目友人帳の世界であり、原作にあってもまったくおかしくない物語だった。クライマックスの火事のシーンでは、舞浜アンフィシアターならではの、本物の炎を使った迫力ある演出に、シーンの緊張感が増した。さらにエンディングでは客席に本物の雪が降り注ぎ、舞台と観客は一体となり、幸せな時間は終わりを告げた。

朗読劇というと、静かに淡々とストーリーが進行し、耳からの情報のみで楽しむものを連想できるが、この音楽朗読劇は五感で体験するまったく新しいものといえる。一流の声優たちの素晴らしい、息の合った掛け合いに、観客はストーリーに引き込まれ、笑い、驚き、そして涙し、すっかり夏目友人帳の世界の住人となることができた素晴らしい公演となった。

そして、この公演の配信が12月28日(月)10時からdアニメストアで始まった。コンテンツは第一幕 音劇版「儚い光〜きずな〜」と第二幕 音劇版「偽り神」の全2話となる。

取材・文 / チバヒデトシ

ANSX_11030_jk_0915