LIVE SHUTTLE  vol. 2

Report

SPYAIR さいたまスーパーアリーナ2015.12.22

SPYAIR さいたまスーパーアリーナ2015.12.22

デビューから5年。約1年間の活動休止というバンドの紆余曲折もあったが、SPYAIRは完全復活した。2015年のツアーファイナル。ロックとポップの両立を体現する稀有なバンドのアリーナライブを速報でお伝えする。

撮影 / 田中聖太郎・中島未来 文 / 大庭利恵


結成10周年、デビュー5周年を迎えたSPYAIR。それを記念した初のアリーナツアーとして、地元である愛知県・日本ガイシホール公演とさいたまスーパーアリーナで行われた「SPYAIR ARENA TOUR 2015『DYNAMITE ~シングル全部ヤリマス~』」。タイトルからもわかるように、今回はメジャーデビュー後にリリースされたシングルすべてを演奏することも宣言。長丁場のライブを展開することが期待されていた。

ls01_AAA0022

スクリーンに映像が映し出されると、炎と共にIKE(Vo)、MOMIKEN(B)、KENTA(Dr)UZ(G, Programming)の4人は、白を基調とした衣装で登場し、デビュー・シングルである「LIAR」でオープニングを飾った。2曲目の「ファイアースターター」では、ボーカルのIKEがステージ中央から伸びる花道を会場の熱気を全身で受け止めるように、マイクスタンドを抱えながらゆっくりと歩く。「ようこそ、SPYAIRの『DYNAMITE』へ!」というIKEの絶叫から「ジャパニケーション」「ROCKIN’ OUT」へと続き、客席との掛け合いでライブを熱く盛り上げていく。

ls01_DSC9370

バンドの心情をリアルに描き出している歌詞を歌う彼らだからこそ、「Last Moment」「Naked」「My World」と、シングル曲が演奏される中で、彼らの歴史を感じる瞬間がいくつもあった。そんなライブ中盤、IKEがMCでバンドの初期を振り返りながら、「野外で0人のライブをやっていた頃から、何度も悔しい思いをしながらも、なんとかここまでたどり着いたら、1万人の素敵な人たちに出会えました」と今の素直な気持ちを口にする。彼らの原点である野外ライブへの想いを込めた曲である「BEAUTIFUL DAYS」の演奏が始まるとバックのスクリーンが開き、ストリングスカルテットの姿が登場。彼らの気持ちは、野外ライブのときと変わっていないのかもしれない。けれど、今はストリングスを迎えてのライブができるようになり、IKEの強い言葉のひとつひとつをUZがコーラスとしてしっかりと支える……あのときの彼らとは確実に変化してきていることを感じさせられる瞬間だった。

ls01_DSC9550

ライブ中盤となり、メンバー4人はメインステージから花道を歩きながらセンターステージへ移動。ランウェイを歩くモデルさんみたいだ、モデルにしちゃ全員足が短すぎると自虐的ネタも交えながらファンを楽しませる4人。中央に腰掛け、日本ガイシで、MOMIKENが100点のトークをしたから、今回は150点のMCを!という無茶ぶりに応える形で、自身が目の周りを黒く塗っている理由をしらない人が増えきているという話から。「名古屋で野外ライブを始めた頃は、ひとりも人が集まらなくて、音を届ける前に目立とうとメンバー全員でガスマスクをつけていた。IKEは(ガスマスクがあると)歌えないことに気づき、メンバーはライブのたびに忘れてくる。いつの間にか自分だけが装着するスタイルになった」とユーモアたっぷりに話す。メジャーデビュー後、ガスマスクをはずす代わりに目立つ黒いラインを引いているわけなのだが、このラインのせいで「SPYAIRってあの目を黒く塗ってる人たちでしょ」と言われてごめん(笑)。俺らが日本のトップにいればバカにされないってわかってる。だから、俺らこの先絶対に駆け上がっていくから!」と宣言。彼の決意に、観客は大きな拍手を浴びせた。歌詞を読めばわかると思うが、実は、取材などではほかの3人に負けない熱い言葉を放つMOMIKENだが、ライブでは寡黙なスタンスを貫き通してきた。そんな彼が、ファンに「本音」を話した瞬間。IKEがうれしくなって跳ねるように立ち上がったことも、ファンを喜ばせた。

休日をテーマに(したのかわからないが)、カフェでお茶をするUZ、釣りをしているIKE、KENTAは犬の散歩中にサングラスが届けられる(MOMIKENはサングラスを探しに行くと、あ、俺いらなかったんだったと気づく)という映像が終わるとアリーナ後方のサブステージにIKE、UZ、MOMIKENがひとりずつ登場。もちろん、サングラスといえば「JUST ONE LIFE」。ハードに熱く客席をあおりまくった。続く「WENDY ~It’s You~」では3人が次々とトロッコに乗り込み、アリーナ席を1周してメインステージへ。アリーナならではの演出にオーディエンスは大喜びした。

ls01_DSC9598

続くコーナーは、シングルのカップリング曲、およびアルバム収録曲からファン投票で演奏曲を決めるリクエスト企画。茂木淳一が進行を務めるVTRで、この日の演奏曲となったベスト3「GLORY」「雨上がりに咲く花」「感情ディスコード」が発表される。1位を獲得した「感情ディスコード」は、インディーズ時代のシングル。この曲を聴いた人から「勇気をもらった」と言われ、自分の歌が人に伝わると確信した1曲が1位を獲った形になった。

ls01_AAA2237

スペシャルゲストとして、最新アルバム『4』に参加したJASMINEと「NO-ID feat. JASMINE」を披露し、「現状ディストラクション」「アイム・ア・ビリーバー」とヒットソングを畳みかけ、「サムライハート(Some Like It Hot!!)」では、約1万人と一緒にタオルを回しとラストスパートとばかりに盛り上げた。本編最後の曲に入る前、IKEはひとりマイクに向き直り話し始めた。

活動休止を乗り越え、再始動から1年間の心境を語り、「1年かけて、やっともう一度上を目指してみたいと思えるようになりました」と告げた。そして「今度は、ちゃんとメンバーに相談したよ?」とファンを笑わせたあと、「俺、あそこでライブやりたいって話したら、いろいろ超えていく問題あるけど、いいんじゃないかって言ってくれました。だから、4年後に(このイベントを)開催したいと思います。東京ドームで!」と宣言。一瞬の静寂のあと、地響きのような大きな歓声と拍手が鳴り響いた。その歓声を聞いて、ちょっとだけ安心したような表情で歌い始めた「虹」は、これまで聴いたどの「虹」とも違う景色をしていた。

ls01_AAA2472

SPYAIRはライブハウスを満員にできない時期に日比谷野外音楽堂でのライブを宣言。それをソールドアウトにし、その後、1年かけて武道館を満員にした。デビュー当時から「無理だ」「まだ早い」と言われることを宣言し乗り越えてきた、彼ら。このアリーナツアーは、そんなプレッシャーのかかるライブではなく、ファンへの感謝祭的なライブなのだなと思いながら観ていたのだが、途中からなにか違う感覚を得ていた。過去の曲の中に、作った当時ににじみ出ていたヒリヒリ感がなくなっているものや、楽曲を超えてしまっている今があったりもした。しかし、それと同時に過去に縛られることなく、未来を観ている彼らを感じることができた。それが、「虹」の歌声に集約されていたのではないかと思っている。

この日のラストナンバーは、インディーズ時代から歌い続けている「SINGING」。さいたまスーパーアリーナでは、1万2000人とともに熱唱した。2016年は、アルバム「4」をひっさげた全国ホールツアーが行われる。いろんなライブで、たくさんの力を得て、4年後、この曲と共にドームで、また違う未来を語っている彼らに会えるような、そんな気がした。

ls01_CCC2159

【SPYAIR ARENA TOUR 2015 「DYNAMITE~シングル全部ヤリマス~」】
2015年12月22日(火)さいたまスーパーアリーナセットリスト


01. LIAR
02. ファイアスターター
03. ジャパニケーション
04. ROCKIN’ OUT
05. Last Moment
06. Naked
07. My World
08. サクラミツツキ
09. BEAUTIFUL DAYS
10. Winding Road
11. My Friend
12. JUST ONE LIFE
13. WENDY~It’s You~
14. EZ Going?
15. GLORY
16. 雨上がりに咲く花
17. 感情ディスコード
18. 0 GAME
19. NO-ID feat. JASMINE (シークレットゲスト:JASMINE)
20. 現状ディストラクション
21. アイム・ア・ビリーバー
22. サムライハート (Some Like It Hot!!)
23. 虹

<アンコール>
1. イマジネーション
2. SINGING

SPYAIR

IKE (Vocal)、UZ (Guitar & Progrumming)、MOMIKEN (Bass)、KENTA (Drums) の4人から成る愛知県出身4人組ロックバンド。2005年結成。

バンド名の由来は、どこかで見かけた「SPYWARE」(コンピューターウイルス) という言葉の響きに惹かれ、検索して一発で出てくるように少し変えて「SPYAIR」となった。「ライブハウスでファンを“待つ”のではなく、自分たちを知らない人のところへ“行く”。」という単純で純粋な気持ちから名古屋の繁華街のど真ん中にある「栄広場」での野外LIVEを活動場所として選ぶ。インディーズ時代最後となった野外LIVE100本目は2000人を集客。

2010年メジャーデビュー。これまでに14枚のシングル、3枚のオリジナルアルバムを発表。2014年の最新シングル「イマジネーション」はYouTube 再生800万回超え、ライブチケットは発売と同時に完売するなど、その実力と人気で常に注目を集めている。2014年11月リリースベストアルバム『BEST』はオリコンウィークリーチャート3位を記録!この作品はアジア・ヨーロッパほか71の国と地域でもリリースされており、日本だけでなく世界での活躍にも期待が高まる。

オフィシャルサイト http://www.spyair.net/

ライブ情報

全国ホールツアー『SPYAIR TOUR 2016 「4-for-」』東名阪追加公演決定!

詳細は http://www.spyair.net/tour2016/

vol.1
vol.2
vol.3