Interview

渡邉 剣、初主演・初キスシーン・初BL…初めてづくしの映画『花は咲くか』撮影現場を告白。「初めてのキスシーンが男性同士でよかった」

渡邉 剣、初主演・初キスシーン・初BL…初めてづくしの映画『花は咲くか』撮影現場を告白。「初めてのキスシーンが男性同士でよかった」

年の差カップルの純愛ラブストーリーを描いた日高ショーコの人気BLコミック『花は咲くか』が実写映画化される。他人に興味を持てずに生きてきた大学生・水川蓉一と、恋愛に身を焦がす時代はとうに過ぎ、今は仕事漬けの日々を送るサラリーマン・桜井が、ひょんなことから出会い、ゆっくりと心を紡ぐ二人のピュアな恋愛物語だ。寡黙な美大生・蓉一を演じるのは、『動物戦隊ジュウオウジャー』やドラマ『明日の約束』などに出演する渡邉剣、仕事に没頭する日々を送っていた桜井を演じるのは『HiGH&LOW』『仮面ライダー剣』などに出演する実力派俳優・天野浩成、ほかに塩野瑛久、小原唯和、水石亜飛夢らが出演する。本作が初主演にて、初めてのラブストーリーとなる渡邉剣に、ラブシーンや本作の魅力、飛躍になった昨年を振り返ってもらった。BLは“ひとつの個性”と語る渡邉は蓉一とは異なり、表情豊かによく笑い、丁寧に思いを語ってくれた。

取材・文 / 平山正子 撮影 / 斎藤大詞
ヘアメイク / 山下由花 スタイリスト / NAOKI YAMADA(TOKYO)

同性愛は“ひとつの個性”。「好きになるという気持ちは素晴らしい」

初主演ですが、BLというお話を聞いたときどう思いましたか。

BL作品を見たことも読んだこともなかったし、僕の周りにも同じような状況の方がいなかったんです。でも、僕は“好きになってしまったら仕方がない”という考えなので「周りなんて関係ない。気にしなくっていいじゃん」って思いますし、“ひとつの個性”としていいんじゃないかなと思いました。

では、脚本を読んでいかがでしたか?

この作品は読んでみたら嫌な気持ちひとつなくて、“好きになるという気持ちは素晴らしい”という気持ちになりました。“同性愛”ということも、まったく気になりませんでした。

実際に映画をご覧になってどうでした?

恋愛映画が初めてだったので、本当に恥ずかしかったです(笑)。試写をみんな仲良く天野さん・僕・塩野さんと並んで観たんです。なんか隣が気になるというか“自分恥ずかしいなぁ”って(笑)。まだ慣れてないのもあると思うんですが、キスシーンは目をつむってしまうような、不思議な気持ちになりました。

試写を拝見して、初々しい恋心というか、観ちゃいけないような、ドキドキしました(笑)。

そうそう。そして且つ自分(笑)。撮影中はまったく恥ずかしいなんて思っていなくて、天野さんとも、現場で監督やスタッフの皆さんが「キャー!」って言っているのが疑問だったんです。でも実際に観たら分かりました。なんか“影から見ていたいような”って(笑)。

周りの皆さんの反応はいかがでしたか?

原作の日高ショーコ先生が(試写に)いらっしゃって、まっさきに3人(渡邉、天野、塩野)で「大丈夫でしたか? 作品のイメージを崩していませんか?」って確認しました。そうしたら「もう、よかったです」って言っていただいて“ほっ”としました。あと「よく、チューしたね」って(笑)。

1 2 >