Interview

【インタビュー】アニメ主題歌としては初の作詞も。茅原実里、京アニ話題作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ED曲にこめた想い

【インタビュー】アニメ主題歌としては初の作詞も。茅原実里、京アニ話題作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ED曲にこめた想い

シングルとしては約2年ぶりのリリースとなる声優・茅原実里の待望のニューシングルは、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のEDテーマ「みちしるべ」。本稿では、自ら作詞も手掛けたこの曲へ彼女が込めた想いに迫るのと同時に、カップリング曲の制作にあたって彼女が超えたそれぞれの“ハードル”についても、話を聞いた。

取材 / 澄川龍一(リスアニ!) 文 / 須永兼次


初のアニメの主題歌曲での作詞には、プレッシャーも感じました

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のEDテーマを担当することが発表されたのが去年の10月と早めでしたが、レコーディング等制作も早めの進行だったんでしょうか?

茅原実里 そうですね。去年はライブイベントもいろいろありつつ、『Minori with Strings Quartet ~弦楽四重奏の調べ~』のレコーディングも続いていたので、実は並行してレコーディングも結構いっぱいやっていたんですよね。

その「みちしるべ」は、とても優しいメロディやサウンドを持つ楽曲に感じましたが、今回は茅原さん自身が作詞を担当されています。

茅原 今回歌詞を書く際には、結構プレッシャーがあったんですよ。というのも、アニメの主題歌になる曲を作詞するのは、実は今回が初めてで……。

そういえばそうですね! どこかで書かれていたような印象もあったのですが、たしかに。

茅原 そうなんです。曲をもらって詞を書くときは、いつもメロディを聴いて、自分のインスピレーションで湧き上がってきた言葉を一回全部吐き出してから組み立てていく、っていう作り方をするんですけど、今回もまず一回そういう書き方をしてみたんです。で、それを石立(太一)監督との打ち合わせに持っていきました。「もし『全然違う!』って言われてしまったら、イチから書き直そう」という気持ちで。

監督の反応は、どのようなものでしたか?

茅原 「この方向でバッチリです!」というお話だったので、「あー、よかった!」って思いました。なので完成版の歌詞は、その頃からあまり変わっていないんですよ。

原作を通じて、大切な人たちへの想いがすごくあふれてきて

その歌詞を書かれるにあたって、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』という作品に最初に触れた際、どのような印象を持たれましたか?

茅原 原作を読ませていただいたらどのお話も心の琴線に触れるものばかりで、「こんなに泣く本を読んだのは久しぶりだなぁ」と思うぐらいに泣き尽くしました。それに、ヴァイオレット・エヴァーガーデンや、登場人物を通じて、自分自身と向き合わせてもらった部分もあるんですよ。

それはどんな部分で?

茅原 人生って、自分の思うようにいかないこととか、背負ってしまった運命や宿命がみんなそれぞれにあると思うんですよ。でもそういうものを抱えながら、毎日生きていかなきゃ、進んでいかなきゃいけないよね……って、自分の人生を改めて見つめ直させてもらったんです。それから何よりもヴァイオレットという美しい女性に心を奪われました。彼女の人生をずーっと追いかけて見続けていたいな……と思わせる魅力がありましたね。

そういった印象が、作詞をする際のイメージのもとになったんでしょうか。

茅原 そうですね。お話ごとにスポットがいろいろな人物に当てられていて、それぞれに生きるうえでかけがえのない人の存在があって。叶う夢や敗れる夢もあったりして、共感できる部分がすごくある物語なんですよ。なので原作を通じて、自分の心の中にある友達とか親とか自分にとって大切な人たちへの想いがすごくあふれてきたので、歌詞は書きやすかったです。

ただこの曲、歌い出しがアカペラじゃないですか? 年末のライブで拝見した際にも感じたのですが、歌うときにとても緊張感のある曲なのでは?

茅原 そうなんです。最初に歌わせてもらったイベントのときには緊張しすぎてなかなか自分の思うように歌えなくて、それからちょっとトラウマみたいになっちゃって大変だったんですよ。でも年末ライブの頃には、だいぶ抜け出せていました。

すごくシンプルながらも、とても大変そうな曲だな……というのは感じ取れました。

茅原 レコーディングのときからシビアな曲だなと思っていました。特にワンコーラス目はピアノと歌のみなので。シンプルな上にメロディの上がり下がりが結構あって苦労しました。だけどアニメのED主題歌という大事な役割を担っているので、聴いている方に安心感を与えたいと思って、少しでも自分の理想に近づけるように歌いました。なので今後もライブを通じて大事に育てていきたいですし、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を通じてこの曲を知ってくださる方もますます増えると思うので、よりたくさんの人に愛される曲になればいいなと思っています。

1 2 >