Review

『大神 絶景版』今も色褪せない名作ゲームの魅力をスクショで紹介

『大神 絶景版』今も色褪せない名作ゲームの魅力をスクショで紹介

妖怪退治と塞の芽

”荒廃した世界を救う”ことが大目的。まずは、妖怪たちの邪気によって枯れてしまった生命力の源である“塞の芽”を蘇らせる。周辺一帯に再び生命が宿り、美しい自然が広がるのだ。そうやって、舞台であるナカツクニの自然を取り戻していく。道中で入手した筆しらべ”桜花”を使えば枯れ木に花を咲かせられるのだけれど、ここでちょっとしたギミックがある。谷の途中にあった壁画を見ればなんとなくわかるのだけど、この先ちょっとずつ頭を使うことが増えてきてそれがまた楽しい。後述するけれど、ゴリ押しじゃ解決できないこともあるのだ。

▲ギミックを解読したあと、筆を持ってマルッ!

▲この爽快感! 花咲か爺さんになれたかのよう

▲塞の芽を中心にあたり一面、草木が繁る美しい土地になった

そうそう、言い忘れてた! 各地にはびこる妖怪たちを倒すのもアマテラスの使命。背負っている神器を使うだけでなく、”一閃”など一部の筆しらべを使っても倒すことができる。

▲ズバッと一閃! 妖怪によって効果的な筆しらべは違うので、初めて会った妖怪にはいろいろ試してみよう

アマテラスが装備できる三種の神器は旅の道中で入手でき、ふたつ以上持っていると表と裏にひとつずつ装備ができる。たとえば、サクヤからもらって最初に装備していた“真経津鏡(まふつのかがみ)”は表に装備していると攻撃ができるけれど、裏に装備すると攻撃を防ぐ盾になる。神器と敵との相性などによって、いろいろな組み合わせを考えるのも楽しい。

立ちはだかる強敵

さて、神木村を出て、次はアガタの森へ向かう。そこで、釣りをしている少年・コカリに出会うが、どうやらワケありのようで……。話を聞くと、ツタ巻遺跡に愛犬・梅太郎を置きざりにしてしまい、さらに遺跡のカギを湖に落とし、そのうえ釣竿の糸も針も魚に取られてしまって……と、踏んだり蹴ったりな様子。

▲ウサギをかぶってる! かわいい

▲アガタの森も妖怪たちによって蝕まれていたので、塞の芽を蘇らせよう

なくなったものを蘇らせるのはアマテラスの十八番! 筆しらべで釣竿と魚の間に糸を描き、魚釣りを手伝ってやることになった。この釣りが楽しくて、ずっと釣りをしていたくなっちゃう。

▲釣り人に転職したい

▲たのしー!

釣った魚がツタ巻遺跡のカギを飲み込んでいたので、それを持って遺跡にダッシュ! コカリの代わりに梅太郎の救助に向かう。遺跡の中は入り組んでいて、さまざまな仕掛けがある。頭を使い、筆しらべを駆使して先に進み、辿り着いた場所には、ここのボスとして君臨する妖怪・女郎蜘蛛が! これまでの妖怪とはひと味もふた味も違う手強さ。

▲ひぇー! でっかい!

食べ物をいっぱいまで入れておくと、持ち主が倒れたときに1度だけ回復してくれるというアイテム“異袋(いぶくろ)”が満タンだったので、開幕すぐに特攻! しかし手(脚?)に攻撃してもまるでダメージが与えられないので、恐いけれど今度は懐に潜りこんで頭を狙う。しかしこれもまったくダメージが与えられない。女郎蜘蛛からの攻撃も激しいし、スクリーンショットを撮るスキもない。そうこうしているうちにアマテラスは2度力尽き、あえなくリタイアとなってしまう……なんでぇー!?

諦められないので対策を思いつかないままだけど2回目の挑戦。すると、女郎蜘蛛のまわりに花(桃コノハナ)があることに気づいた。ここに来る直前にも使った花で、筆しらべ”蔦巻”を使うと蔦が花とアマテラスを繋いで、花のところまで移動させてくれるというもの。さらに、遺跡に付いているフックと花を結ぶことで、新たな道が開けたこともあった……よく見ると、女郎蜘蛛の背後には……。こ、これかー!

ここまで来てようやく女郎蜘蛛に一矢報いることができた。ふ、ふぬぅー! 察しの悪い自分に苦笑いしながらも無事に撃破! でも、かなりの歯ごたえを感じられて楽しかった。つぎに強敵と戦うときはもっとスマートに戦えるように、察しがよくなっているといいな……! このように、ゴリ押しでは進めない仕掛けがあり、それをクリアしていくのが面白い。

▲梅太郎も無事救出

このあと、コカリと梅太郎が感動の再会を果たすけれど、梅太郎はコカリに置き去りにされたのではなくみずから遺跡に残ったことや、その梅太郎の行動に込められた思いを知った。これまた涙がちょちょ切れそうになる……。

これはまだ物語の序盤だけど、この先ヤマタノオロチを倒す日をぼんやりと思い描きつつ、きっとこれまでのように一筋縄ではいかないガッツリとした戦いと感動の物語が待っているんだろうなと思うとワクワクする。

今回プレイしてみてわかったのは、PlayStation®4版『大神 絶景版』は絶対にプレイしたほうがいい作品! この感動は、できることなら隅々までプレイして味わってほしい! 本作のパッケージ版はなんと2,990円(+税)! 2,990円(+税)!! 「この値段でこんなに心揺さぶられてしまっていいの!?」って思うし、お財布にも優しい! この機会にこの名作に触れない手はないよ~! アクションが得意ではない私でもなんとかなる適度な難易度なので、アクションが苦手と言う人もぜひ! ぜひ!!

さて、次回はまだまだ続くアマテラスの旅についてお届けし、本作の魅力をお伝えしたい。さらに、現時点で残っている個人的な謎に迫るよ。お楽しみにー!

フォトギャラリー

■タイトル:大神 絶景版
■メーカー:カプコン
■対応ハード:PlayStation®4 / Xbox One / PC(Steam)
■ジャンル:ネイチャーアドベンチャー
■発売日:発売中(PC版 2017年12月13日、PlayStation® 4版/Xbox One版 2017年12月21日)
■価格:PlayStation®4 パッケージ版 2,990円+税、ダウンロード版 2,769円+税
Xbox One 2,780円+税(ダウンロード版のみ)
PC 2,769円+税(ダウンロード版のみ) ※Steamでの販売となります。


『大神 絶景版』オフィシャルサイト
http://www.capcom.co.jp/o-kami/zekkei/

©CAPCOM CO., LTD. 2006, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

< 1 2 3