Interview

【インタビュー】アニメ『銀魂』銀ノ魂篇でOPテーマを飾るDISH//。「勝手にMY SOUL」でクライマックスに向かう作品を少しでも勢いで加勢したい!

【インタビュー】アニメ『銀魂』銀ノ魂篇でOPテーマを飾るDISH//。「勝手にMY SOUL」でクライマックスに向かう作品を少しでも勢いで加勢したい!

放送開始から12年となるアニメ『銀魂』は連載と共にいよいよ最後の決戦へと突入していく。大きな戦いの時間が幕を開ける『銀魂』銀ノ魂篇のオープニング曲「勝手にMY SOUL」を歌うDISH//に『銀魂』への想いを聞く。

取材・文 / えびさわなち 撮影 / 山本マオ


5人の原点となるのがこの「勝手にMY SOUL」だな、と思っているんです

楽器を演奏しながらダンスパフォーマンスでも魅せる、という独自のジャンル「ダンスロックバンド」を確立するDISH//。結成から6年目に突入したばかりの昨年元旦の武道館公演でドラムの泉 大智があらたに加入し、これまで以上にバンドとしての色が濃くなった彼らは、今年の元旦の武道館公演で新曲「勝手にMY SOUL」を披露した。これはアニメ『銀魂』銀ノ魂篇のオープニング曲である。

北村匠海「僕らが小学生のときにアニメの放送が始まったんですね。だからずっと観ていましたし、僕らがメジャーデビューした一発目のシングルが『NARUTO-ナルト-』の主題歌であったりもして、大事な場面ではアニメのタイアップをいただいているな、と感じます。それも僕らが小さい頃から観てきたアニメの主題歌がやれる、というのは本当に気持ちとして大きくて。DISH//の原点というと「I Can Hear」(『NARUTO-ナルト-疾風伝』EDテーマ)かもしれないけど、大智が加わった5人の原点となるのがこの「勝手にMY SOUL」だな、と思っているんです。ましてや『銀魂』。いろんなアーティストが主題歌をやってきた中で、アニメの中でも重要な終盤のシーズンのオープニングを飾れるのはうれしいですね。自分たちの好きなアニメの曲が出来るのは本当に光栄ですね」

橘 柊生「『NARUTO』の楽曲で海外のファンが一気に増えて、DISH//が広く知られるようになったんです。自分たちもずっと観て来た人気の作品の影響は大きいな、とそのときに感じたんですが、今回もアニメ『銀魂』の曲なのでまた幅広い層の人たちに聴いてもらえるかもしれない、と思うとすごくうれしいです」

今回の「勝手にMY SOUL」は、かつて『銀魂』のオープニング曲「桃源郷エイリアン」を掻き鳴らし、『銀魂』ファンに鮮烈な印象を残すserial TV dramaのギタリスト・新井弘毅のプロデュースによる一曲。「桃源郷エイリアン」に負けずインパクトが強く、派手なロックナンバーが物語の勢いに加速をつける。

北村「『さすが新井さんだな』と感じました。しっかり『銀魂』の雰囲気を掴みつつ、今のDISH//の、がむしゃらにもがいて前に進む感じを出してくださって。初めて聴いたときには何かとハマっているな、というイメージが強かったです」

矢部昌暉「ロックでカッコいいなかにもDISH//らしいポップでキャッチーな部分もある。特に間奏のソロも、すごくライブで弾いたら楽しそうだな、というのを感じていたんですが、武道館で初披露をしてやっぱり楽しかったです。今後もライブで盛り上がる曲になるんじゃないかな、と感じますね」

小林龍二「新井さんの曲はこれまでにも何曲もやらせてもらっているんですが、「愛の導火線」をはじめ、どの曲もライブですごく盛り上がるんです。だからこの曲もまたライブでパワーをつけていくだろうし、どんどんライブでやりたいです」

泉 大智「この曲をライブでやるのが楽しいんです。曲を普通に聴くだけでも盛り上がれるんですけど、ライブでやったらさらにテンションがあがるんですよね。世界観が思い浮かぶんです、ライブをしていても。演奏をしていて、それがいいな、と思いますね」

僕たちがもがいてきた時間とこの歌詞がシンクロしていたからこそ、想いを込めて歌える

アッパーで盛り上がる楽曲は、アニメのオープニング映像とも相まって、毎週放送するたびにファンに強烈な印象を与えてることは間違いない。そんな「勝手にMY SOUL」の歌詞は魂を震わせるほどの男気とまっすぐな想いが坂田銀時さながらの野暮とも洒落ているとも言い表せる歌詞で描かれているが、そこに綴られている想いはDISH//の、必死にもがきながら前へと進んでいる状況とも重なる、とメンバーは話す。

北村「大智が加入したことで、自分たちを取り巻く環境は勝手に思い描いていたところへと変化していくものだと思っていたんです。でもそうじゃなかった。自分たちがめざすダンスロックバンドになるためには、自分たちも動かなければいけないんだ、と痛感しました。でもマイナスな意味ではなくて。その時間は自分たちを見つめ直す時間にもなりましたし、もがいてきた時間は決して無駄ではなく、この「勝手にMY SOUL」からの僕たちにとって大きな時間になったと思っています。そんな自分たちの状況と、この曲の歌詞はすごくシンクロしていたからこそ、想いを込めて歌える。そんな大事な一曲になりました」

1 2 >