Interview

【インタビュー】Aimerが描く切ない青春のバラード。『恋は雨上がりのように』EDテーマは「ラブストーリーの主題歌を歌えるのがうれしかった」

【インタビュー】Aimerが描く切ない青春のバラード。『恋は雨上がりのように』EDテーマは「ラブストーリーの主題歌を歌えるのがうれしかった」

ボーカルと一緒にドラムも盛り上がっていく最後のサビの部分は、聴いていただきたいポイント

形を考えながら歌うというのは、どういうことでしょう?

Aimer 言葉が詰まっている曲だと、メロディに乗せるだけになって歌い方に動きを出しづらいんです。逆に言葉数が少ないと、ひとつの音を出す時間が単純に長くなって、どれだけビブラートをかけてみようかとか、少し下から入ってみようかとか、いろいろな動かし方が選べるようになって、表現の自由度が上がるんですね。その分、一つ一つの歌い方を決めていかないと、ぶれてしまうんです。

表現がぶれないよう、形を決めて歌う必要があると。

Aimer そうですね。プロデューサーのagehasprings・玉井(健二)さんと相談しながら、作っていきました。何度も歌っているうちに、どんどんエモーショナルな方向に向かっていった気がします。

心の中に秘めたものが溢れ出ているような激しさを、この曲の部分部分で感じました。特に最後のサビは、感情が高まっていて。

Aimer その直前に抑えた部分を作っていただいたということもあって、最後のサビは、歌の温度が一段上がるように作っていきました。ボーカルと一緒にドラムも盛り上がっていくので、ここは聴いていただきたいポイントです。

演奏もエモーショナルですよね。

Aimer 楽器がいい意味でせめぎ合っているように思います。全てのパートが、自分が主役だと主張しているかのようで。それに、雨が降っている感じを演奏でも出していただいていて、今までの私の曲になかった空気感を醸し出しているように思います。

“雨”をテーマにしたコンセプトシングルに

もう一つの表題曲「眩いばかり」は、Coccoさんからの提供曲です。

Aimer 歌をうたって生きていくというのが、私にとってまだ空想でしかなかった頃から、その生き方を体現されていたのがCoccoさんで、憧れを超えて遠い存在の方だと思っていました。そんな方から楽曲提供していただけることになって、本当にうれしかったです。

「眩いばかり」について、Aimerさんはどう感じましたか?

Aimer Coccoさんの世界の中で作られた曲なので、私が感想を言うのはおこがましいですが、相反するものがあって、その狭間で生きていることを描いた楽曲だと思いました。歌詞の中に、“青の刻”という言葉があるんですけど、今日と明日の合間の時間のことで、「眩いばかり」というタイトルに、そのイメージが集約されているように感じました。

シンプルであるからこその深みを感じさせる楽曲ですよね。

Aimer はい、Coccoさんらしさを強く感じました。「眩いばかり」という言葉は歌詞の中には出てきませんが、最後まで歌ってタイトルに戻ると、「ああ、そういうことなんだ」と漠然と分かるような感じがあって、とても素敵だなと思いました。歌詞にはエグみを感じさせる部分があるんですけど、ボーカルは逆に、耳当たりのいい声で歌うことを意識しました。

3曲目にはAimerさんの過去曲のセルフカバー「After Rain -Scarlet ver.-」が、4曲目にはCoccoさんのカバー「Raining」が収録されています。どちらも“雨”をテーマにした曲で、このシングルは、“雨”のイメージで統一されているんですよね。

Aimer 「Raining」はもともと、今回のシングルを作り始めるときから、カバーしてみようという話になっていたんです。そうしたら、「眩いばかり」の中にも偶然、“雨”という単語が入っていて、いっそのこと、今回は“雨”をテーマにしたコンセプトシングルにしてしまおうと。それで、「After Rain」をセルフカバーすることにしたんです。私のコンセプトシングルは、“冬”をテーマにした3rdシングル「雪の降る街」以来で、“雨”をテーマにした曲は、今まであまり歌ってこなかったので、とてもいい機会になったと思います。

関連リンク
Aimerオフィシャルサイト

< 1 2