Interview

たこやきレインボー 2ndアルバムのテーマは“新しいステージへの旅立ち”! 豪華な作家陣が参加した多彩な作品の仕上がりと手応えを5人に訊く。

たこやきレインボー 2ndアルバムのテーマは“新しいステージへの旅立ち”! 豪華な作家陣が参加した多彩な作品の仕上がりと手応えを5人に訊く。

関西発の5人組ガールズグループ、たこやきレインボーが前作『まいど!おおきに!』から1年2ヶ月ぶりとなる通算2枚目のアルバム『タブルレインボー』をリリースした。前作に引き続き、前山田健一監修の元、大塚 愛、藤井隆、MINMI、津田紀昭(KEMURI,THE REDEMPTION)、吉野晃一、Jeff Miyaharaなどの豪華なアーティスト陣が楽曲提供をした本作のテーマは“新しいステージへの旅立ち”。“卒業”や“祝福”、“幸運のサイン”という意味を持つ“ダブルレインボー”に込めた彼女たちの願いとは——。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 大庭 元

「誰? この人たち」っていうくらい全く違う、成長したたこやきレインボーが聴けるアルバムになったなって(清井)

2枚目のアルバムが完成しました!

 全曲ダンスナンバーっていう縛りがあった1枚目とは全く違う感じになってて。私たちが今までやってなかったような可愛い曲から、むちゃくちゃカッコいい曲もやってるし、今までのうちらみたいなクスッとなる曲も入っていて。絶対に自分の好きな曲が1曲はあるんじゃないかなっていうようなアルバムになってて、すごく気に入ってます。

清井 今の自分たちにしか歌えへん曲が詰まってるかなって思っています。“ダブルレインボー”には卒業とか、新しいステージという意味があって。今年、くるみと咲希は高校を卒業するので、ちょっと大人の一歩っていう感じがしてて。だからこそ、『ダブルレインボー』では今までにやってこなかった曲をたくさんいただいて、いろんなことに挑戦してるんですね。例えば、いつもやったら、くるみや咲良が歌うところを自分が歌っていたりしてて。私たちはいつも、「今までとは違うたこやきレインボーが聴ける」って言ってるんですけど、今回は本当に「誰? この人たち」っていうくらい全く違う、成長したたこやきレインボーが聴けるアルバムになったなって思います。

彩木 咲希が言ったように、これまでは全然違くて。元気な曲はやってきたけど、今回は、不思議な曲とか、落ち着いた声を出す曲とか、かっこいい曲とかがある。うちらもこんなことできるようになったんやなって感動したアルバムやし、ライブでやるのも楽しみです。

春名 新しいたこやきレインボーを見せるべく、多彩な楽曲が揃ってるんですけど。関西にゆかりのある作家さんやアーティストさんに作っていただいて。それぞれの方の色もすごく出ているし、たこやきレインボーのいろんな面がみれる一枚やなって思います。

根岸 今回のアルバムはですね、本当にいろんな曲が入ってるんですけど、1曲目から最後まで、順番通りに聴いていただいたら、すごく感動すると思うんですよ。私的には1曲1曲に物語があって、聞いてていろんな想像が膨らむんですね。例えば、「レインボーロード~駆け出した靴〜」は、おとぎ話に迷い込んだ女の子が魔法の靴を手に入れて、いっぱい好きなことをする可愛い曲で、「Pa Pa Pa Party」は女の子が家に集まって、お菓子を食べながらワイワイ話しているガールズトークが見える。それでいて、アルバム全体で聞くと、1つの物語が始まって終わるっていう感覚もあるので、早く皆さんに聴いて欲しいなと思います。

まさかこういうしっとりとした曲がくるとは思ってなくて。意外で驚いたのと新しいなっていう喜びでいっぱいでした(春名)

アルバムのテーマだという“新たなステージ”に挑戦した曲をあげるとすると?

彩木 「ネンジルノ」や「虹色進化論」らへんは、やったことないジャンルじゃない?

春名 あと、1曲目の「Double Rainbow~Introduction~」のアカペラは本当に挑戦だと思いますね。

清井 アルバムの1曲目だしね。これで本当に挑戦してるんだなっていうイメージづけをしてると思う。

根岸 「卒業ラブテイスティ」も挑戦やった。Aメロは初めて1人ずつのソロで被せになってるんですよ。それも、すごい難しかったなって思います。

春名 れんれん(根岸)が言ったように、本当に通して聴いて欲しいんですよね。最初にアカペラから始まって、最後に壮大な世界観のリプライズがあって。たこ虹の進化を感じてもらえるんじゃないかなって思ってますね。

いま、みんなにあげていただいた曲に関して、改めてお伺いしたいと思います。まず、大塚 愛さん提供の「卒業ラブテイスティ」はエレクトロニカ風味のラブソングになってます。

春名 まあるくて、ほわっとしてるけど、歌詞は切なくて、胸がキュンとする歌になってて。私たちのリード曲は元気で明るい、ポジティヴでパワフルな曲が多かったので、まさかこういうしっとりとした曲がくるとは思ってなくて。意外で驚いたのと新しいなっていう喜びでいっぱいでした。

 ひと言でこういう曲って言い表せられないような感じの曲なんですよね。可愛らしいしラブソングで、せつなくもあるんやけど、弱い女の子ではなくて。芯がある強い女の子が歌う切なさみたいな、ひと言で言い表すのが難しい曲やなって思います。

彩木 いろんな解釈ができるんだよね。歌詞だけを読むと、焼かれて売られて行く側のたこ焼き目線に思うんですけど、だんだん深読みしていくと学校を卒業する自分を表していて、すごく感動しました。

根岸 リード曲でこんな可愛らしい曲初めてで。「まねー!! マネー!? Money!!」から急にガラッと変わって、こんなに可愛い曲をどう表現すればいいのかなって思ったんですけど、レコーディングでは、今まであまり使ってなかった裏声を初めて使って。こんな歌い方をやってみたら楽しいんかなって思ったりしました。

清井 本当に私たちは元気な曲が多くて。しっとりした曲はあまりなかったので、歌い方が本当にちゃうくて。いつもは感情を出しながら歌うけど、この曲は感情をむき出しにせずに、一定な感じで優しく歌ってる。自分たちの声を聴いても、押し付けられてる感じじゃなくて、すっと心に歌詞が入ってくるんですよ。MVを撮ってるとき、自分の声でさえも、ドキドキしちゃって(笑)。涙が出てくるくらい、心にくる曲かなと思います。

MVも意外でした。

 そうですよね。これまでであれば、学校で制服とか着てて、うちらがたこ焼きになって焼かれるっていう感じになってたと思うんですけど(笑)、ラブソングを恋愛要素とはまた別の意味で捉えてて。自分で自由を見つけ出すっていうか。

清井 ショーウィンドウの中に閉じ込められているお人形さんたちが、自分たちの意思とか勇気を振り絞って、一歩を踏み出すっていうのを表現してますね。

 ダンスシーンが多くなってますね。簡単で真似しやすい振り付けなんですけど、ショーウィンドーに一列に並ぶので、間違えるとすごい目立つんですよ。だから、間違えたときのごまかし方はだんだん身についてきました。

彩木 あははははは。身につくな!

春名 (笑)サビのダンスが特徴的な、<愛(ラブ)ダンス>になってて。今、双子ダンスみたいなのが流行っているので、手の動きとか上半身で踊れるダンスを作ったんですね。手を使うダンスをよく見せたいので、今回、初めてメンバー全員で赤のネイルをして撮りました。余計に手が綺麗に見えてるんじゃないかなって思います。

根岸 あと、衣装も映像もレトロっぽくなって。ソロシーンではフィルターかかってて、めっちゃ可愛いです。

清井 いつもはニコニコしながら歌うんですけど、今回はお澄まししてます。

根岸 お人形さんになりきる感じやんな。

清井 そう。ずっと目を開けるカットがあったりとか。お人形さんのとこは止まってるけど。ソロカットは、それぞれの解釈が違うので、みんなのバラバラな表情を見てもらえたらいいなって思います。

ウキウキしてるような恋じゃなくて、無機質で単調な感じで歌ったりしてるのも、不気味というか、オカルトっぽい感じ(堀)

藤井隆さんによる「ネンジルノ」は昭和のアイドルが歌いそうな歌謡テクノポップになってますね。

彩木 藤井隆さんが、曲の風景や色、人物像をまとめた資料をくださって。それが、すごい長文だったので、レコーディングでイメージしやすかったです。

 片思いの曲なんですけど。恋しちゃいけない人に恋をしちゃってる女の子ですね。

春名 <あなたに並べないの>とか、ミステリアスだよね。

清井 ちょっと怖い、オカルト要素が入ってて。途中で真依と咲希がブツブツと念仏のように唱えてるところがあるんですけど、歌詞にはのってないんですよね。ファンの方には耳を澄ませて聞いてもらいたいです。結構、怖いこと言ってるので。

 ウキウキしてるような恋じゃなくて、無機質で単調な感じで歌ったりしてるのも、不気味というか、オカルトっぽい感じ。

根岸 レコーディングはいつも笑顔で歌ってるんですけど、このときは笑顔じゃなくて、真顔で。心を無にして。さくちゃん(彩木)やばかったな。

彩木 ディレクターさんから、「ちょっと病んでる感じでお願いします」って言われて。前髪も全部おろして、貞子みたいになって、めっちゃ無表情で半目で歌いました。

 形から入るタイプや(笑)。

春名 あはははは。すごい役作りしてる。それがすごい歌に出てると思います。

この曲を背負っていけるように、これからのたこ虹のモチベーション曲にして行きたいですね(春名)

(笑)Jeff Miyaharaさんプロデュースの「虹色進化論」は最新のR&Bナンバーです。

 どの曲も全然違うんですけど、「虹色進化論」はほんまに全然想像してなかったくらい異色の曲になってて。今までもカッコいい曲はあったんですけど、たこやきレインボーやから、歌詞はなにこれ? みたいになることが多くて(笑)。この曲はそんなことも一切なく、初めから最後まで、誰の曲やろ?って思うくらい、すごいカッコいい。

清井 スタッフさんの中での一番人気の曲にもなってますね。

 仮歌を聴いたときに、これうちら歌えるんかなって不安になりましたけど、完全にうちらの新しいステージっていう感じですね。

春名 今の音楽というか、もう近未来的な感がするよね。

清井 Jeffさんの録り方もいつもと違くて。本当にその場で新しく加えたりするんですよね。大阪までわざわざ来ていただいて。後ろの音、めちゃめちゃ入れました。

春名 フェイクとかハモリとか。

彩木 ハモリとか全然やったことなかったけど、ハモリに挑戦するのも楽しかったです。

春名 この曲、歌詞だけ見ると結構、挑発的な感じで。<世代交代/ここからはウチらにまかせて>とか。今のたこ虹にこういう歌詞を歌わせようって思ってくれたことが嬉しいし、この曲を背負っていけるように、これからのたこ虹のモチベーション曲にして行きたいですね。

根岸 最初から最後まで、勝手に体が乗れるような曲になってて。ラップも、今まではカッコ良くしてたんですけど、この曲はするんって通り抜けるような軽いラップになってます。結構、テンポが早いから、するんっていっちゃいました。

れんれんは「Whoop It Up!(フピラッ!)」でもラップしてますね。

根岸 やらせてもらってます。かみそうで怖かったんですけど、ラップの部分は吉野晃一さんに書いてもらってて。勇気をもらえる曲だなって思います。

彩木 「声を上げろ」っていう意味なんですけど、「卒業ラブテイスティ」とちょっとだけ似ているところがあって。「卒業ラブテイスティ」は女の子たちが優しく寄り添って、一緒に行こうっていう感じなんですけど、「フピラッ!」は武装した女の子が目の前にある壁を蹴り上げるっていう歌詞になってます。

 「前に進めへ〜ん」って言ってる子をビンタしてるみたいな。

清井 あはははは。怖いな〜、もう。

春名 引っ張ってくっていう感じやな。聞いてて、やる気が出る歌詞なので。動き出せとか、もっとはしゃごうとか、声あげようとか、未来は私のものとか。ミュージカルのような強気なセリフが多くて。サウンドもオシャレなんですよ。「なにわンダーランド2017〜OH! CIRCUS〜」に出てくださったホーンの方が吹いてくださってて。音がかっこいいです。

今回のアルバムは振れ幅が大きいので、もしもこれをライブでするとなったら、切り替えが大事になるじゃないですか。それを完璧にできたらいいなと思います(根岸)

「Double Rainbow -Introduction-」で未来へと翔び立つ宣言をして、「レインボーロード」で明日に向かって駆けだし、「Whoop It Up!(フピラッ!)」で<未来は私のもの>だと言い放ち、「虹色進化論」では<Rainbow Futureに期待してて>と歌ってます。皆さんはどんな未来を見てますか?

春名 「なにわンダーランド2017〜OH! CIRCUS〜」をきっかけに、メンバーの意識がガラッと変わった気がしてて。自分にとっても、達成感はあったけど、ここで終わってはいけないなって感じる節目、きっかけになったライブだったし、たこやきレインボーが変わるチャンスじゃないですけど、もう一歩踏み出す時期が来てるんだなって感じてて。そういう意味では、2018年はもっともっとたくさんのことに挑戦して、いろんな人にたこやきレインボーの名前を知ってもらって、みんなを魅了できるようなグループになってきたい。その第一歩がこのアルバムだと思うので、私は『ダブルレインボー』を奇跡のアルバムにしたいです。ももクロちゃんでいう『バトル&ロマンス』のように、振り返ったときに、あのアルバムが転機だったよねって思えるようなアルバムになったらいいなと思っているし、この私たちの強い意志がみんなに伝わるといいなと思ってます。

彩木 未来、何してるんやろうな〜。「Double Rainbow -Introduction-」の“未来”は自分たちの夢である甲子園でのワンマンライブに向かって歌ってる感じやったんですよ。だから、甲子園でのライブを成功させるためには、明日も明後日もぶつかっていかんとあかんなっていう思いでいますね。

根岸 今回のアルバムは振れ幅が大きいので、もしもこれをライブでするとなったら、切り替えが大事になるじゃないですか。それを完璧にできたらいいなと思います。近々の未来はこのアルバムの曲を完璧に歌いこなせるようになりたいです。

清井さんと堀さんはこの春に高校を卒業しますね。

 時間もいっぱいあると思うので、たこやきレインボーのためになることをいっぱいやりたいなって思うんですけど、最近、未来のことを考えてるなかで、自分の野望が出てきて。こんな話するのもあれなんですけど、「こいつ、めっちゃうちらに態度悪いわ〜」って思った人に、絶対に将来、「おはようございます!」って頭下げさせたろって思うんですよ。

清井 あははは。くるみらしいな。

 なんならそれしか考えてないんですけど。

彩木 もっと考えることあるやろ(笑)。

 不安を感じることもあるかもしれへんけど、不安を抱えている人にみんなが不安なくついていけるっていうことはないと思うので、自信、希望、野望を持っていきたいなって思います。

清井 ……野望。何かな? 本当に今はやりたいことありすぎてわからなくて。たこやきレインボーに費やす時間はもっと増えていくと思うので、こんなに豪華な曲をいただいているのに、それに比例するダンスとか歌とかができないと意味がないじゃないですか。まず、そこに対応できる能力をつけていきたいなって思います。あと、「なにわンダーランド」から始めてるんですけど、スタッフさんに言われたことをやるだけじゃなくて、自分たちからもいろんなことに挑戦して、自分たちから道を切り拓いていくというか。グループ活動はもちろん、自分が今、個人でやりたいことをどんどん極めていける時間も増えていくと思うので、もっともっと自分から発信していける人になっていきたいなって思います。

ダブルレインボーには、願いを叶えてくれる幸運のサインという意味もあります。もしもいま、願い事をするとしたらどんなことを願いますか?

彩木 私、ギター習ってるので、いつかテッシーと肩を並べてギターを弾きたいです。これ、怒られへんかな。

 怒られへんよ。言っとこ、言っとこ。

春名 咲良のギターから「TACOYAKI’s Burning」が始まったら絶対にカッコいいと思う。

根岸 可蓮は、時間が欲しいです(笑)。やりたいことが多すぎて。絵も書きたいし、アニメも見たいし、ゲームもやりたいし、ドラムもしたいし、本も読みたいし。……勉強もしないといけないなともちょっとは思ってるんですけど、とにかく時間が欲しいですね。

 明日、急に休みになったらどうする?

根岸 大阪に行って、アニメイトを巡って。いっぱいキャラクターたちに会ってきて。自分の趣味に没頭したい。

清井 私は英語をめちゃめちゃ喋りたいです。もともと洋楽とか洋画がと好きで、親戚に海外の人もいるんですよ。環境はめちゃめちゃ整ってるのに、全然喋れなくて。高校も卒業したら英語を磨いていきたいなって思います。

春名 私は、いろいろ願い事あるんですけど、食べても太らない体になりたい。

 わーかるー!!!! それやわ!

春名 あははは。MVまでの期間は頑張って抑えたりするんですけど、日頃から、目の前にお菓子があると食べたくなるんですよね。食べたあかんって思えば思うほど食べたくなって。結局、食べちゃうんですよ。自分に甘えないようになりたい。なりたい自分に近づけるようになりたい。つまり、いくら食べても太らない体になりたいです。

 その細さで言われても説得力ないけどな。

夢は1個じゃなくてもたくさんあっていいと思うので、たくさんの夢をもてるグループになりたいです(彩木)

(笑)グループとしては?

彩木 甲子園です。もしも甲子園でのワンマンライブが実現したら、通過点にしたい。夢は1個じゃなくてもたくさんあっていいと思うので、たくさんの夢をもてるグループになりたいです。

 甲子園での単独ライブが実現したら、世界中のドームでツアーしたいです。

清井 そこまでいったら、さっき言うてた態度悪かった人も絶対に頭下げてくれるよ。

 ほんまやな! 夢に向かって頑張ります!!

たこやきレインボーさん画像ギャラリー

その他のたこやきレインボーの作品はこちらへ

ライブ情報

たこ虹全国ツアー2018「CLUB RAINBOW」

4月21日(土)大阪・梅田クラブクアトロからスタート
詳細はオフィシャルサイトでhttp://www.tacoyaki-rainbow.jp/

たこ虹全国ツアー2018「CLUB RAINBOW」
★スペシャルエディション★WITH なにわンダーたこ虹バンド
※なにわンダーたこ虹バンドメンバー:⼿島いさむ(Gt) / 川⻄幸⼀(Dr) / 上野⼀郎(Ba) / TACOS NAOMI(Key)

6⽉3⽇(⽇)東京・EX THEATER ROPPONGI
6⽉9⽇(⼟)⼤阪・NHK⼤阪ホール

たこやきレインボー

堀くるみ、彩木咲良、清井咲希、根岸可蓮、春名真依の5人からなる関西在住のアイドルグループ。通称“たこ虹”。なにわの最終兵器として、甲子園での単独ライブを成功させ、甲子園の土を持って帰ることを目標に結成された。2016年4月に、メジャー1stシングル「ナナイロダンス」を発表。12月21日に、待望の1stアルバム『まいど!おおきに!』をリリース。2018年2月21日に、待望の2ndアルバム『ダブルレインボー』をリリース、と同時に、昨年2017年11月23日に行なったワンマンライブ「なにわンダーランド2017~OH!CIRCUS~」のライブ音源をリリースする。4月からは全国ツアー「たこ虹全国ツアー2018「CLUB RAINBOW」もスタート。

オフィシャルサイトhttp://www.tacoyaki-rainbow.jp/