カンパネラという正三角形が新たな中毒を呼ぶ!?  vol. 2

Interview

カンパネラという正三角形が新たな中毒を呼ぶ!?(後編)

カンパネラという正三角形が新たな中毒を呼ぶ!?(後編)
sui-kan02

「感情移入しては歌っていません。歌詞に感情移入してるわけじゃない。音楽ってもっと豊かだと思います。」(コムアイ)

ならば、だんだんとDir.Fが現場レベルで差し挟む材料というのは少なくなってきてるんですね。

Dir.F そうですね。

コムアイ ようやくマネージャーになってきた(笑)。

Dir.F やっとマネージャーと、普通のディレクターになってきた(笑)。

コムアイ 専念できるように(笑)。

Dir.F メンバーからちょっとずつ離れてきてますね(笑)。

その成り立ちも面白いですよね。

Dir.F そうですよねえ。

青写真としてプロデューサー的なことを言うんじゃなくて、具体的に一緒になって制作をしてみるっていうところがいいですよね。

Dir.F そっちのほうが早いというか、やらないとわかんないんで。

上がってくるものを待つのではなくて、実際に加担してしまう?

Dir.F そうですね、待っている時間がもったいないじゃないですか。

コムアイ 待つっていうか、ケンモチさんも相談するしね。

Dir.F うん、そうそう。

ケンモチ 「早くやんないとな」と思ったら相談した方が早いですもんね。

コムアイ だから3人とも境界が曖昧なんですよね。曲によって、ケンモチさんが曲を書いてDir.Fが歌詞を書いて歌ってるっていうときもあるし。でもべつに私が歌ってなくても私はいいと思ってて。インストでケンモチさんがカンパネラっぽいと思ったらべつにカンパネラで出すし、ケンモチさんが歌ってても――。

ケンモチ え!?

(一同笑い)

ケンモチ それはさすがに問題だろう(笑)。

コムアイ コーラスで入ったりしてますよね?

ケンモチ たまーに、ちょっとね。ちょこっと。

だから面白い。「これじゃないだろう、これじゃないだろう」っていうふうに外れていく段階で、音楽性が固まってきているものが水曜日のカンパネラだなと思うんですよ。

Dir.F 確かにそうかもしれないですね。

sui-kan12

「これでいく!」っていう最初からのジャッジが全然ないという。

ケンモチ ない、ないですね、確かに。

コムアイ でも、そんなの、決めるところがダサくなったり面白くなくなったりするじゃないですか。大企業の中で組まれると、「この人プロデューサーにしよう」って――。

ケンモチ 枠から決めちゃうとやっぱり。

コムアイ このビルから出られなくなるかもしれないですけど(笑)。

(一同笑い)

指揮系統が決まっていて「なんだよ、トップダウンかよ!?」みたいなことになると面白くないと思う。そのとおり。

コムアイ わりと年齢が違うのに、3人でキレイな正三角形でバランスを取って話していたのも珍しいのかもしれないですけど。

リリックでも、コムアイさんが何かのインタビューでおっしゃってましたけど、「ケンモチさんが書いてくるリリックがわからない部分もある」って言ってましたよね。「高橋名人って誰だよ?」みたいな。

コムアイ うん、うん。

ケンモチ んはは!

それでも歌うのは、歌詞のディテールがわからないのに歌うのは、気分的にはどういうものなんですか?

コムアイ たぶんなんですけど、歌詞の意味がある曲を歌ってる人も、歌ってるときってそのことだけ考えてないと思うんですよね。音に着目してると思うんですよ。「こういうほうがキレイだからこういうふうに歌おう」っていう。だから、感情がこもってる歌詞だからそれを考えながら歌うっていう、そんな純粋なものじゃないと思うんですよ。カラオケ行く人だってそうじゃないですか?

そうだね。

コムアイ 英詞とかだとより一層そうではないですか?意味っていうよりも、その言葉の語感と、そこにもちろんその言葉が持っていたもともとの意味っていうのは乗ってくるんだけど、もっと豊かな雰囲気というのが言葉にはあって、音にはあって、それがわかったらそれでいいんじゃないですかねえ。うん。

特に感情移入できるフレーズが自分の中になくても。

コムアイ そうですね、感情移入してないですね。歌詞に感情移入してるわけじゃないです。音楽ってもっと豊かだと思います、ホントに。日本のいやなところかもしれないけど、歌詞にもっと力がないとダメみたいな。でも、もっと、すごい強くて大きな力で人を飲み込んでいくのが絶対メロディとかフロウとかだと思うんです。「気持ちいいな」と思うのって歌詞の内容じゃないじゃないですか。そういうのは、狭いと思う。

感情移入しない、もっと大きな音楽の局面を感じながら歌っているっていうのは、昨今のJ-POPにはない観点ですから。みんなほら、リリックを聴いているじゃないですか。

コムアイ ああ、ホントそう。なんかそういうのが急にイヤになったんです。私は逆に、ケンモチさんと逆流して(笑)。年齢が10歳違うので、ちょうど逆に行って、ケンモチさんが一周してきたところで私は逃げていくみたいな感じで(笑)。そういう感じですよね。

上手いこと土俵の東西になってるんだね。

コムアイ そうかもしれないですね。いつか一周するとは思う。

あの、高橋名人と対談させられたっていう話はメチャメチャ可笑しかったですよ(笑)。

ケンモチ ははは!

全然知らないって(笑)。

コムアイ 向こうも困りましたよね、私がそんな態度で来たら(笑)。

それで何の話をしたんですか?

コムアイ ケンモチさんは一応来ていて。

ああ、そうか。ケンモチさんは知ってるからね。

ケンモチ あ、もちろん。

コムアイ 私はもう、なんか、「へぇ、そうですか! あー、へー、そんな時代が!」っていう感じ。おじさんの話を聴く人、みたいな(笑)。

ケンモチ あいづちを。

あいづち役(笑)。コムアイさんの中に、楽曲に関して不満足な点っていうのはないですか。

コムアイ んー、その都度話すかなあ……。

たとえば、人物名楽曲って、コムアイさんのほうからアイディアが出たって、今Dir.Fの話があったじゃないですか。でもその、内容というか、リリックはケンモチさんが書くわけじゃないですか。

コムアイ でも、私、けっこう言いますよ、「これは、ヤダ」とか(笑)。歌詞の内容もたまに、楽曲のアレンジも細かいところ変えてもらったり。

符割りとかね。

コムアイ 単に、そう、音が合わなかったり、噛んじゃうとかで、ケンモチさんが気付いて変えてくれることもあって、それは多いかも。「歌いにくいんだったら、意味は全然もともとないから変えるよ?」みたいな感じ(笑)。「そんなにこだわりなかったんだ?」みたいな。で、逆に、Dir.Fと私が止めるみたいな。「え、こっちのほうが意味が感じられて良かったんですけど」とか(笑)。「意味とかあったんですっけ?」みたいな、もう、そんな(笑)。

もともとないのに?

コムアイ 空っぽのところで混乱してるっていう(笑)。

Dir.F 悲しかったボツってありました?

ケンモチ ……ははは。

コムアイ けっこう私たちヒドくて。ケンモチさんがこういう人格なので、ケンモチさんだったら優しいから、イヤだったら何でもボツにしちゃう。わはは!

ケンモチ ははは、何それ(笑)。

コムアイ 優しさにつけ込んで(笑)。

1 2 >
vol.1
vol.2