Interview

新人声優が成功するためのブレイクスルーになるか? クラウドファンディング生まれのドラマCD『アイの箱庭』仕掛け人に思いを訊く

新人声優が成功するためのブレイクスルーになるか? クラウドファンディング生まれのドラマCD『アイの箱庭』仕掛け人に思いを訊く

新人声優の現状と活動

新人声優を応援したいという気持ちを持っているクリエイターは多いと思うが、そこにはビジネスとして成功させなければならない壁もある。クラウドファンディングはその壁を破るブレイクスルーになり得るのだろうか? また、新人声優である太田の日々の活動についても迫ってみた。

藤山 「現状、コンテンツやチャンスは増えていると思うのですが、そこに新人声優さんが絡んでいけるかというと、限られている状況なのかなと感じています。そのチャンスを増やすために今回のクラウドファンディングを始めました。

ただ、新人声優さんだけで商品を作ってもやはり認知度の問題でビジネスとしては難しくなります。そこで表現は悪いですが、すでに最前線でプロとして活躍している方と共演することで認知度を上げていければと思ったんです。クラウドファンディングであれば今回のドラマCDに限らず、例えば新人声優さんを多く集めてオーディションみたいな形もできると思いますし、新人声優さんが置かれている状況を変えるひとつの手段になればなと考えています。ただ、今回ドラマCDで企画を立ち上げたのは、やっぱり声優さんは“声”で闘う役者さんだと思うからなんですよ」

太田 「声優さんの場合、個人で活動されている方や事務所に所属されている方で全然違うと思うのですが、私の場合はマッシュアップエンターテイメントに所属していて、声優活動をさせてもらっています。活動の幅に制限がなくて、私が演じさせてもらったキャラクターが登場する『NOeSIS』のコラボカフェの一日店長をやらせてもらったこともあります。

他にも私はベースを弾きながら歌も歌うんですが、ライブ活動をさせてもらって、その中で『NOeSIS』の第3章のエンディング楽曲である「命の花」という曲を歌ったりもしています。そんなに大きな事務所ではないのですが、その分、色々なことにチャレンジさせてもらえています。アニソンDJなどの活動も自由にやらせてもらえるのは嬉しいですね」

太田彩華 生誕イベント『ぬぱりずむ 』より

声で勝負する声優本来の姿を見せる朗読劇を開催したい

クラウドファンディングやSNS、YouTubeといった動画配信など、現代は個人で表現できる場が多くあるのも事実だ。そんな多様な表現の場は、新人声優にとってどのような可能性を持つのだろうか? さらにふたりの今後の予定についても聞いてみた。

太田 「私自身、ツイキャスでのライブ配信やYouTubeでは『ヌパ動!』という動画配信をしているんですけど、多くのサービスがある分、たくさんの人に自分を見てもらうのは難しいなと実感しています。でも積極的にやることが大事だなと思うので、今後も続けていきたいと思います。まだどんな活動をしていけば多くの人に知ってもらえるのか、悩んでいる部分もあるのですが、自分に対するイメージが固まっている訳ではないですし、失う物は何もないので(笑)。色々やっていきたいですね」

藤山 「YouTubeなど色々と配信することはできますが、やはり認知があって初めて検索して見てもらえるものだと思います。そういった意味で、先ほども言った通り、ある程度名前の通った方と一緒に認知度を高めていくというのも必要なのかなと思いますね。今後の展開という意味では『アイの箱庭』で朗読劇を実現したいと思っていますので、まずはそれの実現ですね。朗読劇の魅力は、役者としての姿を実際に見ることができることですから。今回でしたら声優としての太田さんと普段の太田さんの両方を知る機会になれば嬉しいです。ファンの皆さんもそういった違う面を見られたら嬉しいと思うんですよね」

太田 「朗読劇は実際できたら楽しみですね。昨年の12月に行われた『NOeSIS』のライブイベントで朗読劇は経験したんですが、皆さんの前で演じるというのが緊張しました。今後もできることは何でもやっていきたいです。私はまだデビューしたばかりでスケジュールも空いていますし(笑)、逆に今だからできることに色々チャレンジしたいですね。

それと、初めて自分のために作っていただいた曲がCDで発売されました。バラード調の優しい歌で、最後の部分は会場のみんなと合唱できたらいいなという感じの曲になっています。歌詞も作曲の俊龍さんと一緒に書かせていただいて、誰かに元気や勇気を与えたいと思って書きました。上京してきた子が昔お世話になって人たちのことを思いながら歌うというストーリーになっていて、私自身も兵庫から上京してきて活動しているのでシンクロする部分も多いですね。それと、“ヌパーンの人”というオリジナルキャラクターがありまして、床にコンニャクを叩きつけているキャラクターなんですけど(笑)、ライブ会場などでそのキャラクターのTシャツや缶バッチなども発売しています」

ヌパーンの人 缶バッチセット

藤山 「皆さんのご協力のおかげでSOZO STEPSの処女作である『アイの箱庭』がクラウドファンディングで成功を収めることができました。ご支援いただいた方はもちろん、まだ支援はしていないけど興味をお持ちの方にも今後の活動に注目していただけたらと思っています。今回はドラマCDでしたが、それ以外のものも今後制作していく予定です」

太田 「今年は声の活動を中心に頑張っていけたらと思っていますので、オーディションも色々受けられたらと思っています。他にも色々な活動をできればと思っていますので、よろしくお願いします」

関連リンク

CAMPFIRE『アイの箱庭』

SOZO STEPS公式Twitter

丸山けいと公式Twitter

太田彩華公式Twitter

©2018 SOZO STEPS

< 1 2