Interview

調子のっちゃってない! ゆりやんレトリィバァ、本気の挑戦。映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の先にみる新たな夢

調子のっちゃってない! ゆりやんレトリィバァ、本気の挑戦。映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の先にみる新たな夢

あの「スターウォーズ」に影響を与えたとされる名作SFコミック“『バレリアンとローレリーヌ』を実写映画化した映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 が公開される。監督は『フィフス・エレメント』『LUCY ルーシー』のリュック・ベッソン。『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンと、モデルで『スーサイド・スクワッド』など女優としても活躍するカーラ・デルビーニュを主演に迎え、28世紀の宇宙を舞台に銀河の平和を守るエージェントの男女が巨大な陰謀に立ち向かう姿を、壮大なスケールでイマジネイション豊かに描き出す。

そんな同作の日本語吹き替え版で念願の映画デビューを果たしたのが、話題の女芸人・ゆりやんレトリィバァ。世界的歌姫・リアーナが演じる、歌って踊れる七変化の宇宙人・バブルを持ち前のセクシーさ!? でなりきり演じた彼女に作品の魅力と今後の自身の抱負など、大いに語ってもらった。

文 / 井口啓子 撮影 / 増永彩子

声に抑揚つけるって大変! だけど、
「なんにだってなれるやん!」って夢がひろがった。

まさかのハリウッド大作での吹き替えデビュー、おめでとうございます!

ありがとうございます。もともと映画が大好きなので吹き替えのお仕事はいつかはと思ってたんですけど、まさかこんな大作で、しかも大好きなリアーナさん演じる役で…。嬉しいですね。ただ、映画が好きなぶん、吹き替えの声に何これ!? と思うこともあって(笑)。リアーナさん演じるバブルの声で、私のヴィジュアルが浮かんだら観ている方もガッカリされるので、クールで綺麗なリアーナさんのイメージを崩さないようにがんばらなきゃ! と思いました。

今回、リアーナさんに近づくために体重2キロ減らして臨まれたそうですが…。

そうなんですよ。ただ、ひとつだけお詫びしたいのが、私の体重で2キロ落すってめちゃくちゃ簡単なことなんですよ。晩ご飯を抜くだけで1~2キロはすぐ減るので、実はそんなストイックなことでもなくて、すいません…。でも私、大学のときダンスサークルに入っていて、そのときにリアーナさんの歌でよく踊ってたんです。やっぱり声が独特で曲もダンスもカッコイイし、とにかくご本人がカッコよくて。今回の映画で改めて、リアーナさんみたいになりたい! と思いました。もう太ってるのはやめて、本気で痩せたいなと思います。

吹き替えの中で、特に苦労された点はありましたか?

やっぱり自分の声が変なんで……まあ顔も変なんですけど(笑)、どうしても声を張ったら地声が出てしまうので、演出家さんとも相談しながら、リアーナさんのように低めのセクシーな声を出すように心掛けました。あと、自分でも気付かないうちに関西弁のイントネーションになっちゃうので、そこも意識しました。

コントでは音楽に合わせて踊りながら英語風スピーチを繰り出すネタもされてますが、今回それが活かされたりは?

いや、今回は余裕がなくて棒立ち・棒読みでしたね。コントは動きとか表情も含めて演技するので、声だけってこんなに難しいんだ! って。声に抑揚つけるって大変だなと改めて思いました。それだけに、大好きなリアーナさんの顔から自分の声が出てるのを見た時は、申し訳ないと思いつつ、感慨深かったですね。トータルで5時間ぐらいで録ったんですが、楽しすぎて、もうこんな時間? っていうぐらい楽しかったです。今まで、女優さんになりたいけどなれないから、コントだけでもアカデミー賞女優になろう! という気持ちでやってて。「岩の上の少女」だと高級ブランドのCMに出てくる外国のモデルさんとか、何でもなれるやんコントって! と思ってたんですけど、吹き替えだと見た目も自分じゃなくていいんで、さらに何にでもなれるやん! って夢が広がりました。

実は最近映画を撮ってみたいと思っている。リュック・ベッソン監督の後を追って行きたい。

次はどういう役をやってみたいですか?

なんでもやらせてもらえたら嬉しいですけど、普段の生活とは違う…私って、こう見えてもまだ誰とも付き合ったことがないので…(笑)。映画の中で恋愛するとか、あと、ホラー映画もめっちゃ好きなので、お化けの役とかも体験もしてみたいですね。あと、おこがましくも言わせていただくと、実は最近映画を撮ってみたいなと思っていて。経験も才能もないですけど、いつかやってみたいなーって。人が人のこと信用できなくてめちゃくちゃになるようなサイコホラー、サイコサイコー! みたいなので、リュック・ベッソン監督の後を追って行きたいです。……すいません、調子に乗りました(笑)。

ここ数年、ご活躍めざましいですがご自身で変化は感じられます?

まだ実感はないんですが、街で声を掛けられることは増えましたね。「ゆりやーん、調子乗ってる?」って優しく声を掛けて下さるのは女性で、男性は「調子のっとんのか!」って感じですけど(笑)。ゆりやんに会えてめっちゃ嬉しいーとか言って下さると本当に嬉しいんですが、ホンマに私?って。いまだにびっくりしてます。

昨年末、女芸人No.1決定戦「The W」で頂点に立たれたわけですが、2018年の目標は?

芸人としては、やっぱりR-1グランプリ優勝ですね。「The W」で優勝させていただいて、R-1はもうええやんって言われることもあるんですけど、やっぱりR-1は取りたいですし、最近はテレビのバラエティでもいろいろやらせていただくようになったんですけど、やっぱり芸人なのでネタは大事に。どれだけ忙しくなっても、自分の基本である単独ライブはしっかりやっていこうと改めて思うようになりました。女性としては、今年こそ好きな人と付き合いたいです。「ゆりやん 好きな人」で検索したら、たぶんいろいろ出てくると思いますが、いま私が好きな人はそれじゃない人なので(笑)。いい報告ができるようにがんばりたいと思います。

最後に、映画の見どころをお願いします。

そうですね。宇宙の話って難しい…と思う方もいるかもしれませんが、本当に大人から子供まで楽しめるハラハラドキドキする映画で。ヴァレリアンとローレリーヌの恋模様も見どころですし、変わった宇宙人がいっぱい出てきたり、映像もものすごく綺麗で視覚的にも楽しめること間違いなしなので、ぜひ映画館に足を運んでいただければと思います!

ゆりやんレトリィバァ

1990年、奈良県生まれ。「NSC大ライブ2013」で優勝し、NSCを首席で卒業。その後、特技のダンス、英語、ピアノなどを取り込んだネタと「調子のっちゃって」というフレーズで人気を博し、多くのバラエティ番組に出演。2017年に行われた「女芸人No.1決定戦 THE W」(NTV)で優勝するなど、今、最も勢いのある若手お笑い芸人の一人。

オフィシャルTwitter@notinu
オフィシャルInstagram@yuriyan.retriever


映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』

3月30日(金)全国ロードショー

【STORY】
西暦2740年。宇宙を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。二人が向かったのは、長い年月を経て拡張を続け、あらゆる生命が共存する宇宙ステーション・アルファ、別名“千の惑星の都市”。しかし、その深部には謎の放射線反応が見られ、3,000を超える種族が死滅の危機にあったのだ。「10時間以内にその原因を究明せよ」という極秘ミッションを託された2人の前に突如現れたのは、30年前に消滅したはずの惑星の住人たち。彼らの思惑とは一体…? 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”の危機を救うことができるのか―!?

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画)
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー

吹替えキャスト:日野聡(ヴァレリアン)、沢城みゆき(ローレリーヌ)、大塚明夫(フィリット司令官)、関俊彦(オクト=バー将軍)、咲野俊介(客引きジョリー)、石川界人(ネザ軍曹)、富田耕生(国防長官)、楠見尚己(アイゴン・サイラス)、ゆりやんレトリィバァ(バブル)、THE ALFEE(ドーガン=ダギーズ)他

2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

オフィシャルサイト
http://www.valerian.jp/