LIVE SHUTTLE  vol. 249

Report

SHINee アンコールではステージに5本のマイク。ジョンヒョンの思いとともに4人で届けた、ベストライブ。東京ドーム公演レポートする。

SHINee アンコールではステージに5本のマイク。ジョンヒョンの思いとともに4人で届けた、ベストライブ。東京ドーム公演レポートする。

『SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~』
2018年2月26日 東京ドーム

SHINeeがドームツアー『SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~』の東京ドーム公演を、2月26日(月)、27日(火)に開催した。

ご存知の通り、2017年12月18日にジョンヒョンが急逝。約2ヶ月という短い時間ではあるが、メンバーは今回のドームツアーを敢行することを決めた。メンバーが、ジョンヒョンの思いとともに臨んだビッグマッチである。では、2月26日の公演の模様をレポートしよう。

SHINeeのグループカラー、パールアクアグリーンのペンライトで、超満員の会場がきらめく中、海に浮かぶ月の映像が流れ、穏やかなメロディの「Colors of the season」からライブは始まった。メンバーは、君への想いを持ち一緒にこれからを歩いていこうという歌詞をしっかりと切実なボーカルで届ける。4人の思いを表すような楽曲は、観客の心にも届いたはずだ。

そこから、SHINeeの10年間を振り返る楽曲の映像が流れ、ソリッドなダンスチューン「Stranger」「Everybody」と、パワフルなナンバーをドロップ。躍動感あふれるSHINeeワールドへと突入した。メインステージの一部と、V字型のステージが移動と合体を繰り返す、巨大なムービングステージが圧巻。アリーナのフロアを行き来しながらメンバーはパフォーマンスを魅せる。メンバーの歌もダンスも、鋭さと表現力が研ぎ澄まされていた。彼らの姿に、観客は終始ヒートアップといった状態。

MCで、リーダーのオンユは「みなさんお久しぶりです。今日、最後までがんばるので見守っててください」と挨拶。キーは「今回のライブに向けて、やると決めてから短い時間でしたが、みなさんに素敵な姿をお見せしたくてみんなで一生懸命準備しました。みなさん最後までよろしくお願いします!」とライブへの意気込みを口にした。続けてキーが「次のステージは、SHINee5人の歌声を聴いてください」と語る。

すると、ジョンヒョンの写真と彼への思いが綴られたメッセージがスクリーンに映される。ここからジョンヒョンのボーカルととも、生バンドの演奏でステージが行われていった。ピースフルな「Love」、澄み渡る空のような広がりを感じる「Diamond Sky」などが披露され、5人の美しいハーモニーが会場を包んだ。

メンバーは気持ちを爆発させるかのように「Sherlock」からパワフルに攻める。ファンキーな「Love Like Oxygen」ではダンサーも加わってのパフォーマンス。「Dazzling Girl」でトロッコに乗って観客の間近で歌ったかと思えば、「LUCKTY STAR」「Downtown Baby」で、テミンとミンホは気球に乗り3階席の観客と同じ目線で歌唱。広いドームの距離感を完璧に縮め、観客のテンションもマックス状態に突入する。

ライブ後半は、炎の上がる中での「Hitchhiking」、ムービングステージを駆使し、エモーショナルなギターサウンドでダイナミックにパフォーマンスする「Why So Serious?」を、新たにアレンジされた「君のせいで」を披露したりと強力なパワーを発揮するSHINee。そして、炎とレーザーが交差する中、「LUCIFER」で観客を大ヒートアップさせてライブ本編は終了した。

アンコールでは、「Sing Your Song」を観客と大合唱し、バラード「I’m with you」で、メンバーは個々の歌の力で会場中を魅了する。

MCでミンホは「みなさん、アンコールありがとうございます。今まで僕たちSHINeeがやってきた以上のステージをお見せするため準備してきましたけど、いががでしたか? このステージを通して、僕たちの気持ちが伝わっているとほんとにうれしいです」と語る。

テミンは「みなさんの声と心が伝わりました。ありがとうございます。今日のライブはあと少しですが、次の曲は今日初めてお見せする新曲です。僕たちSHINee全員で歌った曲です。聴いてください」と口にすると、ジョンヒョンのボーカルも入った新曲「Every Time」を初披露。大人っぽさ全開の艶やかさすら感じさせるこれまでのSHINeeにはなかったタイプの楽曲だ。

続けて、SHINeeのデビュー曲「Replay~君は僕のeverything~」を披露した。

濃密な時間を届けたメンバーは、今の思いをひとりずつ語っていく。

「いつものように、今日も一緒にステージを作ってくれてみなさんありがとうございます。僕たちとみなさんは同じことを感じて、(このライブを)共感できたと思います。これからもみなさんの幸せのために、僕たちは歌い、祈ります」(オンユ)

「今まで、僕たちとみなさんで作ってきた想い出がよみがえってきてほんとに幸せでした。今日は、みなさんいろんな気持ちがたくさんあったと思いますが、悲しい思いも、楽しい思いも、絶対忘れない想い出にしてくれますか。これからはまた幕を開けて、もっと絆が固くなったSHINeeとして、そしてテミンとして歩んでいきます。見守ってください!」(テミン)

「僕は、いつでもみなさんの力になれる強さがあると思っていましたが、その強さが正解ではないと気づきました。これからは、みなさんにもっと頼りながら、より近い存在になれるようにがんばります。このステージだけではなく、これからのステージも、いつでも5人で立ってるという気持ちで臨みます。そして、みなさん、ひとつだけ約束してほしいです。永遠に、永遠に、ジョンヒョンさんを忘れないでほしいです。どんな言葉でも表現できないけど、大切で大好きだったと言ってあげたいです。いつも、みなさんが僕の希望です。この希望が消えないように、僕は努力をしていきます!」(ミンホ)

「今日ベストライブとして、デビューから10年間の思い出を、みなさんと一緒に歌いながら踊りながら思い出すことができたと思いますし、これからも活動していくSHINeeの姿も想像できたと思います。一緒に歌ってくれて踊ってくれてほんとにありがとうございます。このライブのタイトル、『FROM NOW ON』の意味と同じく、これからもがんばりたいですし見守ってくれたらうれしいです。あと今日のライブでジョンヒョンくんと一緒に歌うことができてすごくうれしかったです。皆さん、シャイニーは永遠に5人なので、ジョンくんを絶対に忘れないでください。」(キー)

自分の思いを言葉にして観客に伝えたメンバーがステージを降りるも、会場はSHINeeコールが続く。

そこにオルゴールのメロディが響き、ステージの5本のマイクスタンドがライトで照らされた。赤いバラのついたセンターのマイクスタンド。そこはジョンヒョンの立ち位置である。白いスーツのメンバー4人がステージに入ると、ジョンヒョンの歌が入ったもうひとつの新曲「From Now On」が披露される。優しいメロディで感謝を伝えるバラード。曲が終わると、メンバーは、胸元の赤いバラをマイクにつけ、静かにステージを去った。会場から大きな拍手が贈られ、ライブは締めくくられた。

ジョンヒョンへの思いを持ち続け、SHINeeは続く。メンバーの新しい出発点ともいうべき、感動と前向きなエネルギーにあふれるライブだった。

文 / 土屋恵介

「SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~」
2018年2月26日 東京ドーム

セットリスト

1.Colors of the season
2.Stranger
3.Everybody
4.Evil
5.JULIETTE
6.Love
7.君がいる世界
8.Diamond Sky
9.Sherlock
10.Love Like Oxygen
11.Hello
12.TO YOUR HEART
13.Dazzling Girl
14.LUCKY STAR
15.Downtown Baby
16.Hitchhiking
17.Why So Serious?
18.君のせいで
19.LUCIFER

Encore
E1.Sing Your Song
E2.I’m with you
E3.Every Time
E4.Replay~君は僕のeverything~

WE.From Now On

リリース情報

2018年4月18日リリース
ベストアルバム『SHINee THE BEST FROM NOW ON』
SHINeeメンバー全員でレコーディングした新曲「From Now On」を収録
詳細はオフィシャルサイトへhttp://shinee.jp/discography/

SHINee(シャイニー)

オンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミンの5人組グループ。
2008年5月に韓国でデビューし、音楽賞の最優秀新人賞を多数受賞。
2011年6月22日に1stシングル「Replay-君は僕のeverything-」で日本デビューを果たし(オリコンウィークリーチャート最高位2位)、その後、2ndシングル「JULIETTE」(最高位3位・2011年8月発売)、3rdシングル「LUCIFER」(最高位2位・2011年10月 発売)を立て続けにオリコンTOP3にチャートインさせ、海外アーティスト(ソロも含む)による「デビューから3作連続TOP3入り」という、シングルランキング発表開始以来初となる快挙を成し遂げた。唯一無二の存在感と圧倒的なパフォーマンスで瞬く間に 人気を獲得。高い歌唱力と見る者を圧倒させるダンスパフォーマンス、ファッションセンスが話題を呼び、アジアのみならずヨーロッパや世界中に活躍の場を広げている。
2016年1月1日には4thアルバム「D×D×D」を発売し、1/11付オリコンウィークリーチャートで1位を獲得。前作に引き続きアルバム首位を獲得した。1月30日からは4度目の全国ツアー「SHINee WORLD 2016~D×D×D~」がスタート。5月には2度目の東京ドーム公演2DAYS、そして初となる京セラドーム2DAYS公演も開催し、全国10箇所20公演でグループ史上最多となる35万人を動員したことにより、日本でのツアー総動員数 100万人を突破した。5月18日にはシングル「君のせいで」をリリースし、シングルチャート初登場2位を獲得。6月には日本デビュー5周年を迎え、9月に2度目の東京ドーム公演を収めた映像商品「SHINee WORLD 2016~D×D×D~ Special Edition in TOKYO DOME」をリリース。同年12月には最新シングル「Winter Wonderland」をリリースし、初登場2位を獲得し話題をさらった。
2017年、日本でのデビュー5年目を迎え、2月22日に5thアルバム「FIVE」をリリース。日本で5度目となる全国ツアー「SHINee WORLD 2017~FIVE~」も開催し、4月4日の名古屋公演では、日本での公演、100公演目を迎えるなど、大成功を収めた。
さらに、9月に3年連続東京ドーム公演、2年連続の京セラドーム大阪公演を発表し、洗練された魅力を発信し続けている。

オフィシャルサイトhttp://shinee.jp/

vol.248
vol.249
vol.250