Interview

【インタビュー】純愛百合アニメ『citrus』EDを歌うMia REGINA。ノスタルジックな楽曲にこめた思いと“前よりも距離が縮まった”3人の関係性

【インタビュー】純愛百合アニメ『citrus』EDを歌うMia REGINA。ノスタルジックな楽曲にこめた思いと“前よりも距離が縮まった”3人の関係性

でんぱ組.inc、妄想キャリブレーションに続く“ディアステージ アーティスト”として、2016年8月にTVアニメ『ももくり』エンディング主題歌「ETERNALエクスプローラー」でランティスよりデビューした、霧島若歌、上花楓裏、ささかまリス子による本格派アニソンボーカルユニット Mia REGINA。彼女たちが1年間活動してきた集大成として、昨年末にリリースしたミニアルバム『YES or NOstalgic!!!』、さらにそのアルバムタイトルを冠した2ndワンマンライブは大いなる成長を感じさせる内容だった。次なるステージへ向かう3人は、5thシングル「Dear Teardrop」でどんな姿を見せるのか?

取材・文 / 清水耕司(セブンデイズウォー)


「友だちに恋をしていたらこういう気持ちになるのかな」って気持ちを想像して(霧島)

Mia REGINA

TVアニメ『citrus』のEDテーマである「Dear Teardrop」ですが、どのような気持ちで歌いましたか?

霧島若歌 私はレコーディングが最初だったので、大人っぽく歌うか、ちょっと年齢を落とすか悩んだんですね。で、最初ちょっと大人っぽく歌ったら「もう少し年齢低めで」って言われて。頑張って低めで歌ったら「今度はちょっと低くなりすぎたのでもう1、2歳上で」と。それでちょうどいいところに収まりました(笑)。抽象的なディレクションが面白かったですね。

ささかまリス子 最終的に何歳のイメージが採用されたの?

霧島 中3から高1くらい。最初はちょっと大人びた、高校を卒業した大学生で歌ったんですけど、そのあとに、若さキャピキャピにしてみたら中学生くらいまで下がっちゃいましたね。

ささかま 私はたしか、「中学生が憧れる高校生の恋愛みたいな感じだよ」って指示をもらったんです。でも、「何年前の話だ!」と思って(笑)。

上花楓裏 私はふたりの歌を聴かせてもらったとき、ちょっと大人っぽく感じたんです。だから、それに合わせて歌おうかと思ったんですけど、「大人っぽいのと、高校生っぽいかわいい感じとどっちが良いですか」って聞いたら、「かわいい感じが良いですね」って言われたので、私は高校生くらいの恋愛でした。

高1の女子というのはどうやってイメージしたんですか?

霧島 自分は中高が女子校だったのと、主題歌を歌わせていただく『citrus』は百合作品なので、どちらかというと「友だちに恋をしていたらこういう気持ちになるのかな」みたいなのを想像しました。甘酸っぱい友だちのままでいたいような切なさというか。百合ではなくても「あの先輩かっこいいな」とかはあったりとかはしたので。恋愛と友情と憧れの差がまだつかない感じをイメージしました。

上花 私は、作品からイメージして、ですね。女の子同士の友だち

なので「伝えたいけど伝えられない」「伝えたらどうなるんだろう」みたいな微妙なところを感じました。

ささかま 私も女子校ではあったんですけど自分の体験談にはなかったので。

霧島 私もないよ(笑)。

ささかま こういうジンとする純粋な恋愛観を思い出せなかったので、自分がキャラクターになった気持ちで歌いました。好きな作品をイメージしながらというか、キャラソンの感覚というか。

今までのMia REGINAにはない曲調でしたが、今回のレコーディングでいちばん苦労したことは?

ささかま 感情を入れすぎないことですかね。どろどろした気持ちではなく、中学生、高校生が恋に対して持つ純粋な憧れみたいなのを出せるように。

霧島 やっぱり、「切なさ」を入れすぎると大人っぽくなっちゃうので、年齢を落としていくバランス感覚がすごく難しかったです。

上花 逆に私はさらっと歌ってしまうタイプで。結構、そう言われるんですよ(笑)。だから、いろいろ考えて歌いました。歌詞から想像を膨らませて気持ちを入れられるように。

霧島 でもなんか、90年代のJ-Popというか、ちょっと懐かしさを覚えるような曲ですよね。去年の12月に出した『YES or NOstalgic!!!』っていうミニアルバムは、どこか懐かしくなるような楽曲っていうのテーマにしていたんですけど、今回の曲もちょっとノスタルジックな雰囲気が漂う楽曲に仕上がったな、って思いました。アニメのエンディングの映像もやっぱりどこか懐かしい感じで。でも、(原作の)サブロウタ先生の描き下ろしイラストが世界観とマッチしてうれしいです。

TVのEDバージョン初めて聴いたときは、最初のサビの頭とかが「私だけ!?」ってびっくりしました(上花)

EDしか聴いていない人に、CDに収録されたフルバージョンをお薦めするとしたら?

ささかま 結構違うんですよね、フルバージョンとTVサイズで聴いた印象って。なんか、ここの歌詞のところ(“壁の時計気にして”)入ってないよね?

霧島 そう。短くなってた。

ささかま それに歌い分けも違っていて。

霧島 フルバージョンだとリス子のパートがないままサビに(笑)。

ささかま サビでもソロパートが多いところが、結構斬新な歌詞分けだと思いました。冒頭は楓裏ちゃんがずっと歌っているとか。TVバージョンは“楓裏祭り”なんですよね(笑)。

霧島 アニメの第2弾PVが公開されたときも、エンディングはちょっとしか流れないうえに全部楓裏ちゃんで。「これは楓裏しか歌っていないのでは?」って思わせるような(笑)。

上花 最初のサビの頭とか、聴いたときは「私だけ!?」ってびっくりしました。

自分のところばかりが採用されて気恥ずかしいような?

上花 そうですね。でも、全体的にふわりといい感じに歌えたので。

霧島 フルだと私やリス子の見せ場が出てくるのでぜひ聴いてもらいたい(笑)。

上花 TVサイズだと3人感があまりないから。

1 2 >