Interview

古川雄大とミュージカル『モーツァルト!』との出会い。夢が現実となり芽生えた、彼の新たな決意。そして、山崎育三郎についても語る

古川雄大とミュージカル『モーツァルト!』との出会い。夢が現実となり芽生えた、彼の新たな決意。そして、山崎育三郎についても語る

尊敬と憧れと挑戦が、僕を駆り立てる

影響を受けた舞台はありますか?

ミュージカル『エリザベート』(2012年より皇太子ルドルフ役にて出演)です。最初は右も左もわからなかったけれど、この舞台に出演して、あの役を、この役を、と次々にやりたいと思うようになった。デビューした当初です。そんな気持ちが芽生えなかったら、ここまで続けてこられなかったと思います。

最近観劇されて面白いミュージカルはありましたか。

まずは、ブロードウェイのトニー賞で、ミュージカル作品賞、主演男優賞など6部門を受賞した『ディア・エヴァン・ハンセン』は噂に違わない感動的なミュージカルでしたね。それから『グランドホテル』はトリッキーで面白かったです。当然のように『シカゴ』は表現力に圧倒されて、あの中の環境に身を置きたいと考えました。

ちなみに、お子さんの頃はどんな子供でしたか。

モーツァルトみたいな子供でした!! 14歳でダンスを始めて、表現に触れて、種が花を咲かせるように、役者や歌に興味を持ったんですね。役者を目指して上京したときは、1年間、東京ディズニーシーでダンスの仕事をして、ミュージカル『テニスの王子様』に巡り合いました。

役者で活路を見出した瞬間というのはありますか。

まだないんです。難しくて厳しい世界ですから。日々、多種多様な舞台、そして様々な人の好みの世界で成り立っているので、そこでどうやって生き抜くか。だから、確固たる自信を持っていらっしゃる方は尊敬できますね。僕はそんな自信を持てるように努力し続けるんです。

努力し続ける力。役者として駆り立てるものは何ですか。

まずは演じる環境があることが大切なタイプです。その環境、つまり演じてみたい舞台を目指すのが僕にとっては合っています。先ほどのブロードウェイではないですが、あの舞台をやりたい、そこの一員になりたい、まずは、尊敬と憧れと挑戦が、僕を駆り立てるのでしょうね。

最後に見どころをお願いいたします。

アマデが鍵を握ります。モーツァルト才能の象徴なんです。アマデとの関係性で、いろいろな見え方のする舞台です。モーツァルトとアマデのシーンによっては、舞台そのものが180度違って見えるかもしれない。お客様の人生観すら変えてくれる舞台ですよ。

ミュージカル『モーツァルト!』

東京公演:2018年5月26日(土)~6月28日(木)帝国劇場
大阪公演:2018年7月5日(木)~7月18日(水)梅田芸術劇場メインホール
名古屋公演:2018年8月1日(水)~8月19日(日)御園座

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎
オリジナルプロダクション:ウィーン劇場協会
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
製作:東宝/梅田芸術劇場(大阪公演)

出演:
ヴォルフガング・モーツァルト 役:山崎育三郎、古川雄大(ダブルキャスト)
コンスタンツェ(モーツァルトの妻) 役:平野綾、生田絵梨花、木下晴香(トリプルキャスト)
ナンネール(モーツァルトの姉) 役:和音美桜
ヴァルトシュテッテン男爵夫人 役:涼風真世、香寿たつき(ダブルキャスト)
コロレド大司教 役:山口祐一郎
レオポルド(モーツァルトの父) 役:市村正親
ほか
※アマデ(子役)はオーディションにより決定。

オフィシャルサイト


【募集終了】抽選で1名様に古川雄大さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月9日(金)~3月19日(月)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


古川雄大(ふるかわ・ゆうた)

1987年7月9日生まれ、長野県出身。主な出演ミュージカル舞台は『エリザベート』、『タイタニック』、『1789 バスティーユの恋人たち』、『ロミオ&ジュリエット』、『黒執事-Tango on the Campania-』など多数。俳優のみならず、ミュージシャンとしても活動を広げている。

オフィシャルサイト

画像ギャラリー
古川雄大さんの楽曲はこちらから
ダブルキャスト 山崎育三郎さんインタビュー記事はこちら
山崎育三郎が意気込む。ミュージカル『モーツァルト!』を2018年の代表作にしたい理由。そして、ミュージカルの持つ魔力について語る

山崎育三郎が意気込む。ミュージカル『モーツァルト!』を2018年の代表作にしたい理由。そして、ミュージカルの持つ魔力について語る

2018.03.09

< 1 2