映画『去年の冬、きみと別れ』  vol. 1

Interview

岩田剛典と斎藤工が語る「去年の冬、きみと別れ」の撮影現場。 そこにいた誰もが“共犯関係”だった!

岩田剛典と斎藤工が語る「去年の冬、きみと別れ」の撮影現場。 そこにいた誰もが“共犯関係”だった!

自然とページをめくる動きがはかどり、読み進めていった結果、驚愕する──。そして読み手は一様に物語をさかのぼり、つかみ損ねていた「真実」を探すことになる…。
「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則の最高峰との呼び声高き衝撃の一篇『去年の冬、きみと別れ』は、傑作であるがゆえ〝映像化不可能〟とも目されてきた。
だが、『脳男』(’13)や『グラスホッパー』(’16)などで知られる名手・瀧本智行監督によって、ついに映像化を実現。中村をして「この手があったか!」と唸らせた会心の一作に仕上がった。
その世界観を背負いし主人公・耶雲恭介と狂気の表現者・木原坂雄大の対峙を太い幹として、物語が展開されていく。この春必見の一篇〝冬きみ〟特集の第1弾は、両者を演じた岩田剛典と斎藤工による、撮影現場の回想をフィーチャー。2人の交友などについても聞いた。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

複雑な構造をした作品を精密に思い描く瀧本監督に、岩田も斎藤も全幅の信頼を置いていた

何でも、瀧本智行監督たっての希望で、ほぼ順撮りだったそうですね。

岩田 時系列を順に追っていくという撮り方をしていただいて、本当にありがたかったですね。

斎藤さんはご自身でも監督を務めていらっしゃるので、順撮りをすることがいかに大変かご存じだと思いますが…。

斎藤 映画を撮る上で何を大切にしているかということが、順撮りをしている時点で明確になっています。やっぱり、耶雲恭介の心情を大事にしている、と。それは描き方としてもそうですし、すごく丁寧にシーンを紡いでいった現場に対しては、信頼と感謝しかありませんでした。もちろん撮る側としては相当大変だったと思いますけれども。

そのように順撮りをするということ自体が、制作陣から岩田さんや斎藤さんへのメッセージでもあるのかな、と思ったりもするのですが、どう受け止めていらっしゃったのでしょうか?

岩田 この作品のオファーをいただいて、自分にとってすごく挑戦だなと感じる一方で、チャンスでもあると思ったんです。そんな中、瀧本監督とお会いさせていただいて、ものすごくこの作品に懸けていらっしゃるという情熱を感じまして。なので、僕も監督の熱量に釣り合う耶雲像をつくろうと決意しました。そのくらい、この作品においては瀧本監督に対して全幅の信頼を置いていたんです。すべての〝パズル〟を組んでいらっしゃるわけですし、求めている画やお芝居がこれほどにも明確な監督さんと組ませていただいたのも初めてだったので、現場では、そのイメージに擦り合わせていくように努めました。自由度の高さでいうと、けっして高くはないんですけど、耶雲という…映画を観た方が感情移入するキャラクターでしたので、自由度が高くなくてもいいと思って、身を任せるようにして臨んだ──という感じです。

斎藤 瀧本監督と現場をご一緒して思ったのは、打開策を常に持っていらっしゃるということです。その一方で、不安や迷いみたいなものを隠さない方でもあって。入念に準備された上で、いい意味で監督自身も現場で苦悩されていらっしゃいましたが、その姿は美しくもあって。
ただ、僕らに対しては、すごく的確な主導をしてくださるんです。監督の脳内に作品を俯瞰した精密な設計図ができあがっていて、僕らの芝居の〝火加減〟を絶妙に調節してくださったので、僕も委ねていましたし、そういう意味では岩田さんがおっしゃるように、監督に絶対的な信頼を置いていた現場でした。

監督のみならず、おそらく役者さん同士もお互いに信頼し合っていたと思いますが、いかがでしょう?

岩田 そうですね、個性的なキャラクターがそろいつつ、緻密な計算の上に成り立つ作品の芯となる部分を、工さんをはじめとする俳優のみなさんが参加して担ってくださったことは、本当に大きかったと感じています。僕自身は、一つひとつの要素をかき集めて耶雲という人物をつくっていったところがあるんですが、周囲に振りまわされる前半部分は特に『フラットでいてほしい』と言われていました。とは言え、それは抽象的な表現なので、つかみどころがないと言いますか…逆に『フラットでいるとは、どういうことだろう。どうしたらいいんだろう?』と、考えた時も正直ありました。
ただ、自分の中にプランはあっても、さっきもお話したように…この作品で指針にしていたのは監督の求めているモノだったんです。なので、そこにフィットさせていくために、ドライ(リハーサル)を重ねていく中で自然と『あ、こういうことなのかな』と耶雲になっていった感覚がありました。そういう意味では、みなさんによって〝耶雲恭介〟という人物にしていただいたんだな、と思っています。

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

斎藤 自分でプランを固めて現場へ入ってしまうと、相手の俳優さんを見なくなってしまうんです。なので、反射というかリアクションで役をつくっていきたいなと、僕も思っていました。実際、映画として完成した作品を観て…撮影中に岩田さんがいろいろなモノに蓋をしながら、ご自身ととことん向き合った時間だったんだなと、あらためて感じたところがありまして。その、ある種の従順さということと、作品そのものの大胆な展開というものに打ちのめされた状態が、今なお続いてもいるんです。
爽快だったのは、一般的にみなさんが思われる岩田さんのパブリックイメージみたいなものも、どこか織り交ぜていながら、ひっくり返していることですね。そこにやられまして。おそらく、俳優としての岩田さんのターニングポイントに確実になる作品に立ち会えましたし、河瀨(直美)さんの作品(2018年公開予定の『Vision』)にも参加されたことも含めて、今後もまた観たことのない岩田さんと出会えるんじゃないかなと…映画ファンとして恋愛感情に近い現象が自分の中で起きていました。それこそ、木原坂雄大が迎えたラストのような感覚を、僕自身も覚えました。

岩田 いやぁ、そう言っていただけるなんて…うれしいです。

岩田さんはライター、斎藤さんはカメラマンの役ということで、こうした取材の場が役作りのヒントにもなったかと思われますが…?

岩田 自然と取材されている方々の動作などを、自然と意識していました。何を〝盗む〟というわけではないんですけど、身にまとう雰囲気だったり、インタビューをしている時の姿勢といったところを参考にさせていただきました(笑)。

メガネをかけたのは、ご自身の発案ですか?

岩田 いえ、監督のアイデアでした。一つは、視覚的にお客さんにわかりやすくするというのがあるんですけど、そのメガネを外すシーンをどこに持ってくるかということを、監督もずっと考えていらっしゃいました。現場で撮影が進んでいく中でもなお迷われていたのが、印象的ですね。そこもふくめて、メガネというツールが一つあったことによって、僕自身も切り替えるのに助けてもらったなと思っています。

斎藤 以前から写真を撮るということはしていたので、生業のひとつにできないかなと思って、寛大な『フィガロジャポン』さんに話をしに行ったところ、連載をもたせていただいて。元々、僕はモノクロで撮っていたんですけど、これはもうできることならば、(『冬きみ』の)劇中に出てくる写真を撮りに行きたいなと思いまして、果敢に挑戦しようと考えたんですが、すでに世界的なカメラマンの方が監修についていらっしゃって(笑)。写真というフィルターを通すことで、撮る側と撮られる側の何かが化ける──じゃないですけど、僕は撮る時よりも撮られる時にそういう自分がいるので、そこは〝カメラマンって、こうだよね〟というポーズで木原坂を演じたくないと思ったんです。その職業を追究するといった作業は、いまだに続けていて。元をたどれば、自分にできる範囲のことをしようと思ったことが出発点になっているんです。

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

そういったバックグラウンドも踏まえると、ほかの職業の役柄よりも力が入った部分もあった、と?

斎藤 何だろう、一つのコミュニケーション・ツールですね、被写体とカメラマンという関係性における。撮るという行為があるので、その距離が普通の会話とは違うものになっていくというか、カメラを挟むことに理由が生まれる。木原坂という人物を演じるには、その理由を絶対に持っていないと、耶雲との距離がはかれなくなってしまうだろう、と。そういった側面もふくめて、常にフィルター越しの世界なのかな、というようなことは思っていました。

1 2 >
vol.1
vol.2