Report

ジャニーズ新グループ・King & Princeデビュー曲は「シンデレラガール」ファン1000人に初披露! 原宿に期間限定ストアも

ジャニーズ新グループ・King & Princeデビュー曲は「シンデレラガール」ファン1000人に初披露! 原宿に期間限定ストアも
King & Princeイベントレポート
2018年3月15日(木) 六本木ヒルズアリーナ

今春CDデビューするジャニーズ事務所の新グループ・King & Prince(キング アンド プリンス)が、本日3月15日に東京・六本木ヒルズアリーナで初イベントを開催。5月23日にデビューシングル「シンデレラガール」をリリースすることを発表し、ファン1000人の前で表題曲を初披露した。また、5月16日より期間限定で東京・原宿にのスペシャルストア「King & Prince SWEET GARDEN」がオープンすることも決定した。

King & Prince、通称キンプリはジャニーズJr.内の人気ユニットであったMr.KINGの平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人と、Princeの岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹の6人からなるグループ。ジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックが初のタッグを組んだ新レーベル・Johnnys’Universe(ジャニーズユニバース)の第1弾アーティストとなる。

イベント冒頭、黒リムジンに乗って登場し、レッドカーペットに降り立った6人は、黄色い大歓声を浴びながらステージへ。「みんな元気だね! 俺ら絶対負けねーから!」という岸をはじめ、メンバーは皆、初のファンとの公式イベントに気合い充分。平野は「平野紫耀です! 将来の夢はお札に載ることです!」と、デビュー発表会見で言ったことを再度、挨拶代わりに宣言した。

King & Prince

挨拶を終えると、最年長で“初代リーダー”を任命されている岸の口から、CDデビュー日が5月23日であること、平野からデビュー曲のタイトルが「シンデレラガール」であることが告げられた。岩橋は「5月23日はこれから毎年“シンデレラガールデー”にしましょう。僕たちと皆さんの記念日として毎年お祝いできたらいいなと思います」と甘い笑顔で呼びかけ、髙橋は「正直、今やっとデビューする実感が湧いてきました。大事に大事に歌い続けていきたいなと思います」と今の心境を語る。花粉症でつらそうなメンバーも多かったが、鼻声の神宮寺は「シンデレラガール」という楽曲について「耳に残りやすい曲」、永瀬は「掃除中にでも、デート中にでも、どんな曲も聴いてもらえる曲だと思います」と解説する。

そして「シンデレラガール」をステージで初披露することに。平野の歌始まりで幕を開けるこの曲は、さわやかな曲調の、永瀬曰く「ザ・アイドル」という雰囲気を持ったナンバー。「君はシンデレラガール」と歌うサビ頭が印象的で、ラストの「King & Prince」というフレーズでは「K」と「P」を模したハンドサインも。パフォーマンス中、エレガントなダンスや人気のカップリングでの歌割りに対して、さまざまな瞬間で歓声が沸き起こった。

また、5月16日より8月31日まで期間限定で東京・原宿にKing & Princeのスペシャルストア「King & Prince SWEET GARDEN」がオープンすることも案内。詳細はまだ未定だが、限定グッズや写真の販売、SNS映えするコーナーが設けられるとのこと。ステージ上で出し物を相談する6人からは「ガラスの靴を置く」「キスできるパネル」というアイデアも飛び出した。

King & Prince

イベントは報道陣との囲み取材へ。ここではアイドルグループに欠かせない“ファンの呼称”や“メンバーカラー”について話が及ぶ。ファンの呼称はメンバー内で考え中とのことで、「King & Princeだから『アンドゥさん』とかにします?」(平野)、「KingとPrinceやからなかなか難しくて『国民』とかしか思い浮かべない」(永瀬)、「『シンデレラ』にするとコンサートのMCとかで噛みそう」(岸)と定まらない様子。メンバーカラーはこの日の衣装のインナーの色だそうで、平野は「真紅」、髙橋は「ひまわりイエロー」、永瀬は「漆黒」、神宮寺は「ターコイズブルー」、岩橋は「濃いピンク」、岸は「紫」と自称した。また「デビューにあたって先輩から何か言われた?」という質問には永瀬が答え、中島健人(Sexy Zone)から「デビューおめでとう! これからも共に走ろう」、神山智洋(ジャニーズWEST)から「関西弁忘れんなよ」との言葉があったという。

これから大きな新世界へ羽ばたいていく彼ら。ファンへのメッセージとして、岩橋は「僕たちは今までジャニーズJr.として皆さんの力を借りて活動してきたわけですけど、これからは死ぬ気で皆さんを守るつもりでがんばります。たくさんのグループがある中でも皆さんのことをナンバーワンのファンにしたいと思ってますので、ついてきてください」、岸は「皆さんと一緒に、これまでにないでっかい輪を作っていけたらと思います」、髙橋は「デビュー会見してからみんなの顔を見るたびに、アイドルやっててよかったなと思います。一緒に走っていけるように、僕たちも先陣切って手伸ばすのでがんばってついてきてください」と語りかけた。

© Johnnys’ Universe

文 / 鳴田麻未

オフィシャルサイト
https://www.universal-music.co.jp/king-and-prince/