Interview

大原優乃「18歳の私からの挑戦状を受け取って!」 大ヒット写真集『ゆうのだけ』に込めた想い

大原優乃「18歳の私からの挑戦状を受け取って!」 大ヒット写真集『ゆうのだけ』に込めた想い

「清純すぎるFカップ18歳」として、グラビア界を席巻、バラエティ番組にも登場し、話題沸騰中の大原優乃。
初の写真集『ゆうのだけ』が3月1日発売され、既に重版がかかっているというように、大ヒットとなっている。
大原優乃は『ようかい体操第一』の大ヒット曲で知られるDream5の人気メンバーとして活躍し、グループ活動終了後の昨年6月『週刊プレイボーイ』でグラビアデビューを果たすと、瞬く間に大ブレイクとなった。
そんな大原本人に、ファースト写真集を発売するまでの想いをはじめ、グラビアアイドルとなることへの葛藤や撮影中のエピソード、そしてこれからのことを訊いた。
天真爛漫な大原だが、この春高校を卒業し、新たなステージへ向かう彼女の決意を受け止めてほしい。

取材・文 / 大久保和則 撮影 / 荻原大志


始めるまでの4ヶ月ぐらいは自分の中でも葛藤がありました

ファースト写真集「ゆうのだけ」発売と高校卒業、ダブルでおめでとうございます!

ありがとうございます! グラビアを始めて1年も経たないうちに、夢のまた夢だった写真集を出せたことは、今でもまだ夢みたいです。私をここまで連れてきてくださったスタッフさん、応援してくださるみなさんに本当に心から感謝だと思っています。その思いをこの写真集にギュッとつめたいなと思っていたんですけど、素敵な景色を無駄にしないぐらい楽しんで、本気でやりきれたと思うので悔いはないです。今は、発売イベントもやらせていただいて、あらためて実感もわいてきましたし、一人でも多くの方に見てもらえたらいいなって思っています。

周りの人たちの反応はいかがですか?

発売日は高校に行ってたんですけど、教室で友だちが“『ゆうのだけ』、おめでとう!”って拍手してくれました。発売イベントでは、お久しぶりの方も初めましての方もどっちも多かったんですけど、直接お会いして声を聞くと、気に入ってもらえたらいいなって、なんかドキドキしてきちゃいます(笑)。

最初に「写真集は夢のまた夢だった」という発言がありましたが、グラビアを始めた時に抱いた夢だったんですか?

そうですね。一番の夢はなんですかって聞かれた時に、写真集ですって答えていました。だから、写真集を出すよって言われた時はすごくうれしくて、大号泣しちゃったんです。あんなにうれしい号泣は初めてでした。不安もあったんですけど、写真集を出させていただいた今は、自分に少し自信が持てています。

ファースト写真集までに、いろんな思いがあったんですね。

グラビアを始めて誌面に出させていただき、6月で1年になりますけど、始めるまでの4ヶ月ぐらいは自分の中でも葛藤がありました。今は、あの葛藤も糧になったと思うし、深い思い入れのある時間になっています。

今は、グラビアに挑戦して良かったと思えている?

はい! それまでは自分からこれをやりたいって言うタイプじゃなかったんですけど、初めて自分自身で決心したと思います!

撮影はハワイと北海道で行われたそうですが、どんな思い出が残っていますか?

まず、1冊の写真集で2ヶ所の撮影場所があるということがなかなかないみたいで、それは本当に感謝しています。ハワイで撮影した写真の中では、ブルーのチェックのビキニで撮影した写真が私らしいかなって思います。自分でアレンジしたヘアスタイルだったんですけど、それで撮ろうかって言っていただいて、そのまま撮影したんです。だから、自分の素が出ていると思います。全米で一番美しい海と呼ばれているラニカイ・ビーチでも撮影したんですけど、本当にきれいで、クリームソーダに入っているんじゃないかっていうぐらい楽しかったです(笑)。ラニカイ・ビーチに寝転がっていて、起きたら私の体にめっちゃ砂がついているカットもあるんですけど、自分に砂がいっぱいついていることがおかしくて、めちゃめちゃ笑ってるんですよ。そのカットは、本気で楽しんでる素の私を見てもらえるんじゃないかなって。

大原優乃ファースト写真集『ゆうのだけ』より ©唐木貴央/集英社

撮影以外で印象に残っているのは?

ハワイではスタッフのみなさんと大きなおうちを借りて泊まっていて、おはようで始まっておやすみで終わるっていう、すごく近い距離で過ごす毎日を送っていました。その日に撮影した写真を見ながら夜空の星を見たり、朝ごはんをスタイリストさんが作ってくれたり。そういう部分も含めてみんなで作り上げた写真集だなって感じているし、忘れられない思い出になりましたね。

北海道での撮影はいかがでしたか?

マイナス17℃とか、本当に寒くて、人生で初めて寒さが痛いって感じました(笑)、でも、鹿児島出身なので雪に憧れがあって、雪合戦をしたりとか、みんなで修学旅行に来たみたいな感じで思いっきり楽しんじゃいました! 雪景色に寝っ転がるのも憧れだったんですけど、それも実現できました。雪から起き上がる時の自分の顔も撮影していただいてるんですけど、その写真を見て、こんなに楽しそうな表情をしてたんだなーって(笑)。あと、人生で初めて雪ですべって転びました(笑)。

大原優乃ファースト写真集『ゆうのだけ』より ©唐木貴央/集英社

北海道はどのあたりで撮影を?

女満別という場所なんですけど、雪に野生動物の足跡がついていたりするんです。写真集にも写っているので、ぜひ探してみてください。リスやキツネも見ました。女満別では、スタッフさんと旅館の方以外は、誰にも会わなかったです(笑)。北海道で撮影した写真では、今までに見せたことのない大人っぽさが出せているんじゃないかなって思うんです。浴衣を下ろす瞬間とか、これまでには見せたことがないので。

「ゆうのだけ」というタイトルは?

北海道で浮かんだんですけど、浮かんだ瞬間に絶対これがいいって思いました。ひらがなでやさしい雰囲気のタイトルがいいなとは、当初から思っていたんですけど。

タイトルに込めた意味は?

この写真集には“ゆうのだけ”が写っているし、これからがんばっていくので“ゆうのだけ”を応援してほしいなっていう気持ちも込めました!

Dream5のメンバーが見たら、どんな感想を持つでしょうね?

見てくれるかな(笑)。見てほしいですけど、見られるのが一番照れくさい存在かも。でも、見たら感想は言ってほしいなー。何も言ってくれなかったら、ダメだったのかなって思うから(笑)。
また今はSNSがあるので、ほかのメンバーの活動を見ながら、私もがんばらなきゃなって思います。たまーに会うと何も変わらずに過ごせるし、何かあったときに心強い存在でもありますね。

大原優乃ファースト写真集『ゆうのだけ』より ©唐木貴央/集英社

高校卒業後、これからの活動への抱負も教えてください。

お仕事一本でがんばっていくことになりますが、今年の目標はグラビアでてっぺんを取ること。そのためにも、カバーガール大賞をいただけるように1つ1つの撮影を丁寧に、過去の自分のグラビアを毎回超えていけるようにしていきたいです。

プライベートでも目標は?

自転車に乗れるようになって、都内を走りたいです! 絶対に気持ちいいだろうし、移動経費の削減にもなるので(笑)。

最後に、もう一度「ゆうのだけ」の魅力をアピールしてください!

私らしい笑顔いっぱいな写真もたくさんあるんですけど、今まで見せてこなかった表情や衣装にも挑戦しています。18歳の私からの挑戦状を受け取っていただいて、もっともっと大原優乃に興味を持っていただけたら!

大原優乃ファースト写真集『ゆうのだけ』

©唐木貴央/集英社

3月1日(木)発売
価格:¥2,500円+税
撮影:唐木貴央
仕様:A4判・ソフトカバー・128ページ

©唐木貴央/集英社


【募集終了】抽選で2名様に大原優乃さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月22日(木)~3月29日(木)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


大原優乃(おおはらゆうの)

1999年10月8日生まれ 鹿児島出身
身長154cm 血液型=A型
2009年にNHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5を結成。14年に「第56回日本レコード大賞」話題賞を受賞。「第65回NHK紅白歌合戦」に出場。
現在はグラビア活動のほかに、女優・モデルとしても活躍中。

フォトギャラリー