Review

『北斗が如く』が受け継いだ『龍が如く』の魅力 「おまえはもう楽しんでいる!」

『北斗が如く』が受け継いだ『龍が如く』の魅力 「おまえはもう楽しんでいる!」

2018年3月8日にセガゲームスからPlayStation®4用ソフトとして発売された『北斗が如く』。そのタイトル名と発売元から、漫画やアニメなどで有名な『北斗の拳』と、同社の人気タイトル『龍が如く』シリーズが“コラボ”した作品であることは誰が見ても明らかだ。『龍が如く』シリーズは、緻密に作り込まれた街を自由に探索しながらスト―リーを進めるアクションアドベンチャーゲーム。メインストーリー以外にもサブストーリー(『北斗が如く』ではサイドミッション)と呼ばれる街人からの依頼が発生し、見事達成すればプレイ進行に便利なアイテムなどが入手できる。また、プレイスポットと呼ばれる場所ではさまざまなミニゲームがプレイ可能で、『北斗の拳』の世界なのにナイトクラブの運営を任されたり、懐かしのアーケードゲームが遊べたりするのだ。格闘ゲームのイメージが強いが、多彩な遊びが詰め込まれている。『龍が如く』スタジオ開発作品として登場した『北斗が如く』の魅力をシステムの説明とともに紹介していこう。

文 / ドロシー伊藤


深く関わる原作キャラクターたち

今年で35周年を迎えた『北斗の拳』。核戦争後の荒廃した世界を舞台に、暗殺拳である北斗神拳の伝承者ケンシロウの試練や旅の途中で出会う仲間たちの物語を描いた漫画だ。本作では、原作の連載初期から中期にかけた時期をベースにしているが、キャラクター設定はそのままにゲームオリジナルの物語が進行していくので、原作を知らなくとも十分に楽しめる作りになっている。

物語は、行方不明となっている最愛の人ユリアを探すため、彼女が向かったと思われるエデンの街にケンシロウがたどり着いたところから始まる。バザールやネオン街などが充実したこの街で多くの人々に出会い、さまざまな事件に巻き込まれていく……といった内容であるのだが、メインストーリーを進めていくことによって、兄弟子のトキや彼が収容されている監獄カサンドラのウイグル獄長、そしてラオウといった原作のキャラクターが密接に絡んでくる。荒廃した時代のなか、街が発展した理由や隠された秘密などもテンポよく解き明かされていくので、今後の展開が気になってくることは間違いない。クリアに必須ではないサイドミッションやプレイスポットでのミニゲームは、本編クリア後でも楽しめるので、結末が気になる人は一気にクリアを目指してしまうのもいいだろう。また、 “種モミ”や“でかいババア”といった原作に関係するエピソードが数多く登場する。原作を知っている人は、クリア後にこれらを探してみるのも面白い。

▲敵としてシンのほか、兄弟子であるジャギやトキ、ラオウ、南斗水鳥拳のレイ、聖帝サウザーなども登場する。ケンシロウとの関係などは作中でも語られるので、原作を知らなくても安心だ

▲本作オリジナルキャラクターも登場。エデンの街を治めるキサナや、街の衛兵隊隊長ジャグレは物語に大きく関わってくる

北斗神拳によるアクションバトル

ストーリーの進行中、自由に街や荒野を探索できるアドベンチャーパートでは、敵との戦闘が発生する。『龍が如く』シリーズと同様に、□ボタンと△ボタンの組み合わせでいろいろな技を出せるのだが、○ボタンが投げ技でなく“秘孔アクション”になっている。一定の攻撃やダメージを与えることで秘孔を突けるようになり、突いたあとは画面の指示に合わせてボタンを入力すると、原作でお馴染みの奥義が炸裂! 敵に追加ダメージを与えたり、一撃で倒すことが可能だ。北斗百裂拳や北斗残悔拳などが派手な演出とともに炸裂するので、爽快なバトルが楽しめる。また、経験値獲得によるレベルアップや技の解放などによるキャラクターの育成要素も充実。育て上げれば攻撃の気配を読んだり、カウンターなども可能になるので、テクニカルな戦いかたも行える。本作では、賞金首ハンターやコロセウムなど戦闘を伴うミニゲームも多いので、北斗神拳の伝承者として戦いを極めておくといいぞ。なお、アクションが苦手な人は設定画面でゲーム難度を下げ、秘孔突きをオートにしておくことで、快適な戦闘を行える。画面の指示に合わせたQTEと呼ばれるボタン入力も発生しなくなるので安心だ。

▲『北斗の拳』といえば、モヒカン姿の荒くれ者が思い浮かぶ。原作でも多く見られた1対多といった戦いが『龍が如く』シリーズのバトルシステムとうまく融合している。敵を内部から破壊する北斗神拳特有のシーンも忠実に再現されている

▲敵を倒したりサイドミッションをクリアすることで、経験値である“宿命ポイント”を獲得。一定の値を貯めるとレベルが上がり、ケンシロウが強くなる。また、レベルアップ時などに入手できる“宿命珠”を使って能力を解放していくと新たな技を覚えていく

1 2 >